炭酸水が防災・備蓄用保存水に適しているのではないかという考察

公開日: 最終更新日:2016/03/08 [ 約2分で読めます ] 防災

sparkling

炭酸水で健康促進

炭酸水を飲むことによる美容・健康効果が見直され最近需要が伸びてきています。
炭酸水に含まれる二酸化炭素を体内に取り入れることで血中の酸素が不足していると判断し血行がよくなります。

結果として新陳代謝が活性化され身体にたまった老廃物を排出する手助けになります。
運動後など身体が疲労している時に飲めば疲労回復効果もあります。
炭酸が胃腸を刺激し胃腸の活動が活性化され便秘や肌荒れなどに効果があります。

実は備蓄するのに適している

炭酸水には多くのメリットが存在しますが、防災の備蓄用保存水としても優れているのではないかという点があります。

飲むと満腹感を得られる

炭酸水は飲むとお腹がふくれて満腹感を得られるのでダイエット中の人にもよく飲まれています。
例えば災害にあって非常食を食べる場合に、お腹いっぱい食事をとることは考えにくいので、炭酸水を飲んで空腹感をまぎらわすのに有効かもしれません。

水が痛みにくい

炭酸水は二酸化炭素で酸性に傾いていており、殺菌効果もあるので真水よりも痛みにくいことが考えられます。
災害時に冷蔵庫が使えるとも限りませんし、開封してからも水が痛みにくいというのは大きなメリットです。

汚れを落としやすい

洗顔したくても満足に水が使えないときに、少量の炭酸水をふくませたコットンなどで軽く顔の表面を拭けば、皮膚や毛穴の汚れを浮き上がらせて落とすことができます。
もちろん成分は水と二酸化炭素だけなので洗い流す必要もありません。

血行促進

災害時は満足に運動できなかったり、ストレスや不安で血行が悪くなってしまうことが多いです。
炭酸水は血行促進効果があり、飲んだときにのどごしや爽快感が得られるのでリフレッシュ効果にも優れています。

まとめ

水に加えて炭酸も持つ優れた効果も期待できるので、炭酸水を備蓄することは理にかなっているといえます。
以前は国内でそれほど種類がありませんでしたが、今は炭酸水ブームとあいまって各メーカーからいろいろな種類の炭酸水が発売されています。

海外のメーカーはちょっと高級なイメージがありますが、国産の炭酸水も十分おいしいので普段から飲みつつ、ちょっと多めに買いだめしてローテーションさせれば無理なく備蓄できそうです。

マヨネーズとスルメのベストコンビは非常食としても最高の組み合わせ


サッポロ おいしい炭酸水 500ml×24本

スポンサーリンク

関連記事

ロスコ 550LB パラコード (パラシュートコード) ロープワークを覚えておくと役立つかも

ロープを携帯する 日常的にロープを持ち歩いてる人が日本にどれだけいるか、おそらく驚くほど少ない

記事を読む

GENTOS(ジェントス) EX-777XP ロングセラーの暖色LEDランタン

東日本大震災を機に非常時の照明を探していたところ、このLEDランタンに出会いました。LEDラ

記事を読む

応急手当に使うファーストエイドキットポーチを買った

理想のポーチを求めて EDCにおいて今までは応急手当以外のモノなど何でも入ったポーチを

記事を読む

東京都西多摩郡の魅力 首都にある自然豊かな田舎の風景

Photo by Guilhem Vellut 東京都の西側に位置する西多摩郡は瑞穂町(み

記事を読む

東芝のラジオ

音質がよくて感度もそこそこな 東芝 AM/FMラジオ TY-KR3

私は東日本大震災が起こって以来、ポータブルラジオをいつもバッグの中に入れて持ち歩いています。ポー

記事を読む

Kingii(キンジー) ライフジャケット(救命胴衣)よりも使い勝手の良さそうなリストバンド型救命具

腕に付けるだけの簡単で利便性が高い救命具 Kingii(キンジー)は水難事故を防ぐポータブル浮

記事を読む

目的別に分かれた防災・サバイバル用品一覧でバランスよく備えるものを選ぶ

Photo by twintiger007 日々何となく平和に過ごせている事に感謝しつつも

記事を読む

軽量・コンパクト・パワー 3拍子そろった PRIMUS(プリムス) ウルトラバーナー P-153

私が唯一持っている携帯ガスバーナーです。 総合的に優れたガスバーナーで割と評価の高い製品です。

記事を読む

ホームキャニング(自家製瓶詰め) おしゃれなガラス瓶で長期保存できる保存食を手作りする

Photo by marcs international 今でこそ冷蔵庫や高度な保存技術に

記事を読む

マヨネーズとスルメのベストコンビは非常食としても最高の組み合わせ

Photo by Girls Channel アウトドアで特に人里から離れて活動する登山や

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑