エコロジー・環境

飲み水は誰のものか?

私たちが普段飲んでいる水は水道局が管理する浄水場から供給されていますが、水道水にせよミネラルウォーターにせよお金を支払わなければ手に入りません。

公園の水飲み場や冷水機などは無料で飲めますが、衛生面や市 ...

エコロジー・環境, シンプルライフ, 道具・ガジェット

洗濯はいまだに洗剤が混ざった水に洗濯物を入れて摩擦で汚れを落とす渦巻き式が主流ですが、洗剤の役割を純マグネシウム粒に任せる方法が発見されました。

これまで抱いていた洗剤を入れなければ汚れが落ちないのではないかという固定観念 ...

観葉植物

フェイクグリーンのイメージが変わった

私はフェイクグリーン (人工観葉植物) があまり好きではなく断然本物の植物を選びますが、最近ではフェイクグリーンの質感がよりリアルになり、十分にインテリアのなかに溶け込むものも増えています。 ...

ファッション

Photo by Mark Crawley

EVA (エチレン酢酸ビニル) とポリウレタンはシューズのミッドソール素材として1970年代ごろからずっと使い続けられていますが、いまだに新素材が現れることなく共存して

観葉植物

植物の適応能力

盆栽は通常なら大きく育つ樹木を無理やり小さな鉢に収まるように整形するわけですが、それを植物虐待と捉える人も少なからずいます。

草木は動物のように鳴き声や仕草で感情表現できないので、人間が一方的な判断で盆栽に仕 ...

DIY, エコロジー・環境, 防災

Photo by ume-y

水道インフラから独立した水源の確保

一昔前は生活の基盤を支えていた井戸が身近な存在でしたが、水道が整備されるとあまり見かけなくなりました。

しかし近年の度重なる自然災害や水

道具・ガジェット

洗濯機は文明の利器か?

全自動洗濯機が普及した現代において洗濯板を見かけることは滅多にありませんが、今でも100円ショップなどでプラスチック製の小さな洗濯板が売られています。

洗濯機は一見便利に見えますが、汚れを落とすことに ...

観葉植物

多くの人が盆栽に抱くイメージは老後の趣味という感じですが、余生に楽しむにはあまりにも奥が深すぎるため後悔する恐れがあります。

日本ではこのステレオタイプが浸透していますが、海外ではこの盆栽文化に目をつけた人々が老若男女問わ ...

その他

中田敦彦のYouTube大学で立て続けに取り上げられた禅とファクトフルネスについての深読みです。

この混沌とした時代において禅の持つ奥深さや、膨大なデータに基づいて真実のみを伝えるファクトフルネスに多くの人が興味を抱くのは ...

その他

昔ながらのサイトが消えた日

今の時代インターネット上で誰しも気軽に情報発信できるようになりましたが、年月が経つほどにそれが蓄積されていきます。

それとは逆にこれまでWebサイトスペースやブログを提供していたサービスが終了する ...