スウェーデン軍 カトラリーセット(ナイフ・フォーク・スプーン) 王冠マークが美しい

2016年11月29日

swedish-army-cutlery-set-1

軍用品カラトリーの代表格

ミリタリーカラトリーで一番代表的なのがこのスウェーデン軍のカラトリーセットではないでしょうか。

ナイフ・フォーク・スプーンが一体となったカラトリーは非常にデザイン性も高く人気があります。

swedish-army-cutlery-set-2
バラすとこんな感じですが特徴としてまずスプーンが大きめでフォークを完全に包み込むめるほどです。

スタッキングする際フォークの先端が飛び出すと危ないので安全性は高いですが、日本人の口には少し大きいでしょう。

swedish-army-cutlery-set-3
ナイフは先端に行くにしたがって鋭くなっており、ペーパーナイフにならないかと試しに先端の部分を当てたら一応切れました。

swedish-army-cutlery-set-4
そしてスプーンとフォークの柄やナイフの根元にはスウェーデン軍の王冠の紋章が刻まれており雰囲気があります。

swedish-army-cutlery-set-5
スプーンが大きいことは悪い面だけでなくよい面もあり、その大きさを活かしてシャモジオタマ的な使い方もできそうです。

特に持ち物の限られた野外活動では大は小を兼ねることが多いので、多少大きいほうが何かを掬ったりかき混ぜる用途には適しているのかなと思います。

swedish-army-cutlery-set-6
唯一の欠点といえるのが収納する際にきっちりと柄の部分をはめ込み過ぎると外すのに一苦労することです。

私はそれを知らずにきっちりとかみ合わせてしまい、半分あきらめかけそうになりました(笑)

対処法としては簡単で律儀に収納しようとせず、軽く固定する程度に留めることです。

これだと使うときも仕舞うときも力を入れる必要がないので、同じ経験をされた方はぜひお試しください。

ほぼ新品同様なデッドストック品もありますが私のは使用済みです。口を付けるものなので抵抗のある方はデッドストックを選んだ方がよいですがその分希少です。

私が入手したときはなんか油汚れがひどかったので洗剤で入念に洗いました。人の使ったスプーンやフォークに抵抗があるとそれこそ外食も厳しいでしょうから大変ですね。

きちんと洗浄や消毒をすればまず衛生面で問題ないので、使用済みも選べると格段に入手しやすくなります。

今時アウトドア向けのカラトリーは軽量化され機能的な商品が山のようにあるので、あえて軍用品に手を出す意味はあまりないですが、デザイン堅剛性に魅かれたら十分に有りかなと思います。


スウェーデン軍 カトラリーセット