片手の指先だけで簡単に開閉できる!極薄なドイツの折りたたみイス

公開日: [ 約2分で読めます ] ミニマリズム

germany-folding-chair

折りたたみイスの新しいアプローチ

折りたたみイスは数多くの種類がありますが、ドイツで作られたこのイスは指先でわずかに持ち上げるだけで折りたたまれる仕組みになっています。

普通の折りたたみイスだとどうしても両手で畳むか片手で持った状態で強引に足を使う必要がありますが、イスを持ち上げる動作と折りたたみが連動しているのがポイントです。

計算された切り込みにより、折りたたまれた状態だとうまく型にはまって一枚の板状になります。木製なので軽量で持ち運びも楽そう。

どのくらい耐久性があるかわかりませんが、見るかぎりだとイスとしてだけではなくちょっとした踏み台にも利用できそうな感じです。

欠点をといえば構造上仕方ないですが背もたれがないことでしょうか。背もたれのないイスなんてイスじゃないという意見もありそうですが、ちょっとした時間に腰掛けることを目的とすれば悪くないイスです。

まだ試験的に販売されているのかもしれませんが、そのうち世界中で販売してもらいたいですね。折りたたみの容易さは重要でちょっと開閉しにくかったりすると、使わなくなってしまうこともあります。

置けばイスになり持ち上げれば板になるというシンプルさがよく考えられているなと関心させられました。1つや2つでは実感しにくいですが、例えば会場などで大量にイスを用意する場面では、わずかな違いが大きな差となり現れます。

折りたたみイスは古代エジプトやローマ時代から存在していたようですが、金属製のパイプイスが定着してそこからあまり進歩しようがない分野と言えます。

パイプイスの原型と呼ばれるものが1925年にこれまたドイツで誕生して、それをコピーしたような製品が世界中で大量生産され、さからに今ではコピーをまねてさらに劣化コピーしたような製品であふれている状態です。

イスに関しては昔の製品のほうがよいデザインが多い気がします。これは90年以上前のアイデアを覆すほどの製品が生まれていないということですね。

こうして新しい発想がどんどん生まれてきて、新たに定着するレベルのイスが登場すれば面白そうですがはたして実現するでしょうか。


山善(YAMAZEN) 折りたたみチェア シルバー/ブラック

スポンサーリンク

関連記事

近未来にタイムスリップしたかのようなカプセルホテル 9h ninehours (ナインアワーズ) 京都

via 9 Hours: Capsule Hotel in Kyoto, Japan カプ

記事を読む

ドイツのシュトゥットガルトに建てられた吹き抜け式図書館

via The New Stuttgart City Library まるでトリックアート

記事を読む

1/fゆらぎ 規則性の中に不規則な要素を見つけると人は落ち着く

ヒグラシの鳴き声 今年も夕暮れになるとヒグラシが鳴き始めるようになりました。 私

記事を読む

サラリーマンが規則正しく行動するミニマルな風刺動画

大衆のなかで孤立する ドイツで活動するミニマルテクノユニットBrandt Brauer F

記事を読む

Andreas Lie(アンドレアス・ライ) ノルウェーの自然と動物が融合した息をのむほど美しいアート作品

ノルウェーのベルゲンを拠点に活動する写真家・アーティストであるAndreas Lie(アンドレアス・

記事を読む

バッグに入れて持ち運べるほど小型で軽量な電気自動車 WalkCar

日本発の小型電気自動車 一人乗りの小型電気自動車といえばセグウェイが有名ですが、そ

記事を読む

オランダのマクドナルドが思い切った広告キャンペーンを展開

Photos by laminaatplaat 自身があるから写真一枚で十分 オランダの

記事を読む

世界中のサイバー攻撃をリアルタイムで可視化するサイト Norse Attack Map

現代の戦争 Norse Attack Mapでは世界中で巻き起こっているサイバー攻撃をリアルタ

記事を読む

Edward Hopper(エドワード・ホッパー) 見慣れた風景に潜む孤独を描く

Nighthawks, 1942 via Museum Syndicate Edward H

記事を読む

エアストリームなどアルミ合金のキャンピングトレーラーはなぜ人を惹きつけるのか

via Cool Material メタリックな質感が好き 普段からキャンピングカーや可

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑