シートレンズ (フレネルレンズ) のカード型ルーペは驚くほど薄くて携帯性バツグン

公開日: [ 約2分で読めます ] EDC (Every Day Carry)

fresnel-lens-1

極薄なレンズの使い道

私は特別に目が悪いわけでもなく毎日PC画面を長時間のぞき、目を酷使している環境でも裸眼で過ごしているわけですが、シートレンズやカードルーペと呼ばれる極薄の拡大鏡を持ち歩いています。

写真ではわかりずらく実際はもっと拡大して見えるのですが、カメラのレンズ越しだとうまく撮影できないようです。視力が良いにもかかわらず、わざわざ拡大鏡を持ち歩く意味としてはいくつか理由があります。

トゲが刺さった時に抜きやすい

指先くらいなら目を近づければ余裕で確認できますが、足の指などにトゲが刺さったらシートレンズがあるとトゲが抜きやすくなります。片手にシートレンズもう片方にピンセットで足の裏を無理な体勢でのぞき込まずに済みます。

小さな文字が読みやすい

いくら目が良くても小さくて読みにくい文字には効果的です。文字以外にも針に糸を通すときなどに役立ちます。携帯のしやすさから野外で小さな昆虫や野草を観察するのにも適していると思います。

レンズで火起こし

あまり現実的ではありませんが、やろうと思えば晴れた日に日光をレンズで収束して燃えやすい素材に着火させることができます。レンズは半永久的に火起こしできる道具なので、サバイバル的にも優れた道具だといえます。あと当たり前ですがレンズで太陽をのぞくのは絶対にやめましょう。

fresnel-lens-2

上の写真はブレて見づらいですが、とくかく薄いので財布やカードケースなど普通の老眼鏡や拡大鏡はかさばるから持って行きたくない場所にも携帯していけるコンパクトサイズです。

カード型で通常のガラスレンズを使用している商品もありますが、値段が高くシートレンズほど薄くはないのでわざわざ買う価値があるのかは微妙です。

シートレンズはおもにアクリル製なので値段も数百円で売られています。フレネルレンズ独特の表面がギザギザして若干クリアに見えないことを除けば、これほど優れたレンズはないと思います。


拡大鏡 虫眼鏡 シートレンズ 018-AN 3.5倍 85×55mm

スポンサーリンク

関連記事

【DIY】ペットボトルのキャップと飲み口をつなげて作る防水小物入れ

Photo by Lifehacker ペットボトルを捨てる前に ペットボトルをちょ

記事を読む

Rite in the Rain(ライトインザレイン) 水に濡れても破けず書ける全天候型の防水ノートブック

近年デジタル化の流れで紙に鉛筆やペンで字を書く機会が減りました。 特に学生時代ならまだしも

記事を読む

応急手当に使うファーストエイドキットポーチを買った

理想のポーチを求めて EDCにおいて今までは応急手当以外のモノなど何でも入ったポーチを

記事を読む

海外のEDC (Every Day Carry) がたくさん見られるサイト

EDCの参考になるサイト EDC (Every Day Carry)に興味を持ったら出来る

記事を読む

手ピカジェル 除菌・消毒する携帯用ハンドサニタイザーの意外な使い方

日本ではあまり馴染みのないハンドサニタイザーを携帯するという欧米の文化。 そもそも携帯でき

記事を読む

大正製薬 アイリスCL-I ネオ 洗眼液・目薬を止めて人工涙液で目洗いして花粉症を和らげる

ぼちぼち花粉症が始まっておりスギ花粉は落ち着いてきましたが、ありとあらゆる花粉に負けるので6月中

記事を読む

鍵型マルチツール(キーツール) そっと鍵束に忍ばせてどこへでも持ち歩きたくなるアイテム

マルチツールを携帯するといざという場面で役に立つことがありますが、普段からいかにもマルチツー

記事を読む

とあるデザイナー兼企業家の持ち物やインテリアから人となりが見えてくる

他人の持ち物を見るのは楽しい 自分の持ち物をSNSなどにアップしてリアクションしてもらうのが好きだ

記事を読む

ストローを加工して極小の防水ケースが簡単に作れる

用意するもの ストロー 普通のストローでも十分ですが、直径が太いほどより多くのモノを入れ

記事を読む

クリップを曲げたやつでルーターをリセットする日々

押しにくいボタンを押すために クリップ1本のためにわざわざ記事を書く人はなかなかいない

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑