洗顔なんて水で軽く洗い流す程度で健康な肌を保てる

公開日: [ 約2分で読めます ] シンプルライフ

facial-cleansing-water

テカテカする皮脂に悩まされる日々

私は今でこそ髪から全身にかけて水・ぬるま湯・お湯だけで洗うようになりましたが、ひと昔まえは洗顔朝晩2回、洗髪夜1回、全身洗い夜1回と普通に洗いまくっていました。それから無添加の製品に換えていき、初めて水だけで洗うことに決めたのが朝の洗顔からです。

シャンプー・石けん無しで四季を過ごして感じたことまとめ

夜の洗顔で洗顔クリームを使うので皮脂がかなり落とされます。それを寝ている間に再び皮脂が出て補うという感じでしたが、せっかく補った皮脂を朝に再度落としてしまうことで無防備な状態で日常生活を送ることになります。

男なので肌を保湿するといった意識が薄いので、顔面がカラカラの状態で出かけます。その後どういうことが起きるかというと、外気にさらされた皮膚は細菌やウイルスから身を守るため過剰に皮脂を分泌します。この過剰な皮脂によって朝はカラカラだった顔面が午後にはテカテカに光り見た目が悪くなります。

私の場合昼過ぎには皮脂でテカテカになっていたので、あぶらとり紙はかかせませんでした。昼間にあぶらとり紙で吸い取っても焼け石に水で夕方にはテカテカが復活していました。会社に勤めていた頃は外食が多く油っこものを食べていたことも肌にはよくなかったと思います。

水だけ洗浄のなかで最も敷居が低い

皮脂を取り除くために毎日朝晩せっせと洗っていたことがかえって皮脂の分泌を増やすことに繋がっていたとは気づきもしませんでした。朝の洗顔をやめたところ睡眠時に形成された皮脂のコーティングを落としすぎることなく、触ってもベトつきのないさらっとした肌に変わっていきました。

それぞれ持って生まれた肌質が違うので、同じ方法で同じ結果になることは保証できませんが、もし脂ぎった顔に悩まされているなら朝の洗顔を水やぬるま湯に変えると効果があるかもしれません。髪や全身を水洗浄だけで済ますのはなかなか勇気がいりますが、洗顔であればそれほど抵抗なく始められるはずです。

夜の洗顔も水だけにしたのは、朝晩水だけにすれば洗顔クリームを買う必要が無くなるじゃんという金銭的・時間的な手間を減らすという動機なので、夜くらいはサッパリしたいという人は好きにしてください。

まとめ

当時はメンズ向けのやたらメントールが利いて洗い上がりの爽快感があるものやスクラブ入りの洗顔料でゴシゴシと肌を傷つけていたなと思うと感慨深いものがあります。同じメーカーからあぶらとり紙も発売されてたりして、あんたらどれだけ皮脂を取るつもりだよ策略か?と突っ込みたくなりました(笑)

今では水でパシャパシャと軽く洗うだけで何の爽快感も洗ってやったという実感もないですが、肌の状態は良好なので、もうあの頃のような洗顔には戻れないと確信しています。

スポンサーリンク

関連記事

断捨離ブロガーの末路 末永くブログを運営するための心構え

まず始めにこれからお伝えすることは断捨離ブロガーをこき下ろす内容ではございません。むしろ断捨離ブ

記事を読む

自分の思考や知識やアイデアを文章にして資産化する

共有したほうが得をする 自分の頭の中で日常的に考えていることは積極的に他人にも共有したほう

記事を読む

無印良品 MUJI HUT 3人のデザイナーが新しい小屋を提案するプロジェクト

via Quartz 無印良品がタイニーハウス市場へ参入 いよいよ無印良品が小さな暮らし

記事を読む

kindle

Kindleで読めるシンプルライフ・ミニマリスト本33選

シンプルライフやミニマリストに興味があるけれど、本を買い漁って物が増えるのは本末転倒です。

記事を読む

仕事を辞め8000ドルで買った中古キャンピングカーに乗り旅する男

via Yahoo! Homes 車内で過ごす一日 仕事を辞め旅に出た 車

記事を読む

無印良品 レッドシダーブロック 優しい木の香りで癒される天然の防虫剤

今年の春はぐっと冷え込む日が多くて衣替えするタイミングも難しいかと思いますが、ぼちぼちウールなど

記事を読む

北欧文化に根付いたキャンドルの明かりで長い夜を豊かに過ごす知恵

生活の中に息づくキャンドルの明かり 北欧は緯度が高いため冬の日照時間が極端に短く午後3

記事を読む

シンプルライフやミニマリストなどのキーワードから今後成長する分野なのか予測する

キーワードから大きな流れを読み取る 記事を書き続けるにあたり日々しっかりと記事を書くことはもち

記事を読む

消費社会に疲れた日本人は再び元の鞘に納まるか

Photo by Evan Blaser 質素な暮らしを捨て消費社会を選んだ 日本の高度

記事を読む

玩物喪志 (がんぶつそうし) 古代中国の言葉から人生の教訓を学ぶ

がんぶつ‐そうし〔グワンブツサウシ〕【玩物喪志】 《「書経」旅獒(りょごう)の「人を玩(もてあ

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑