BiCライター フランス自国生産を守り抜く高品質な使い捨てライター

公開日: 最終更新日:2015/03/03 [ 約3分で読めます ] EDC (Every Day Carry)

bic-lighter

使い捨てライターと呼ぶには失礼な品質

私が持っている着火用具はライターをはじめマッチ・ファイヤースターター・チャッカマン・シートレンズなどいろいろありますが、最も利用するのはやはりライターです。

利用すると行っても私はタバコを吸うわけではないので、たまに必要なときにさっと火を付けられればよいだけなのですが。

シンプルライフ的にはあまり使い捨てるモノは推奨していませんが、BiCライターに関しては使い捨てライターの部類には入れないであげて欲しいほどの魅力があります。

使い捨てる物からの脱却

最近ハクキンカイロを使い始めたこともあり、今の時期は最初に火口のプラチナ触媒を炙るためにBiCライターを使うことが増えています。

ハクキンカイロ用のZippoオイルがあるのだからZippoライター使えよと思うかも知れませんが、Zippoのような充填式のオイルライターはガスライターに比べると気化しやすく、頑丈なボディの対価としてずっしりと重さを感じるので、使い勝手のよさでBiCライターを選択しています。

寒くなってきたので、今年もハクキンカイロに燃料を入れ使い始めた

BiCライターが普通の使い捨てライターとは違う点をいくつかご紹介します。

デザインが洗練されている

使い捨てライターにデザイン性を求める必要があるのか微妙ですが、丸みを帯びたボディは握りやすくてよいです。またデザインのバリエーションも数多くあり、有名なブランドやキャラクターなどとコラボした商品など見た目でも楽しめるライターです。

長寿命で安定した火力

使い捨てライターはせいぜい1000回ほど着火したら寿命を迎えてしまうのに対してBiCライターはレギュラーサイズで3000回ほどの着火回数が想定されています。また使い切るギリギリまで火力が安定しているのも特徴です。

壊れにくい

質の悪いライターは例え燃料が残っていても使い切る前にフリント部分が壊れたり、ガスの噴出口が詰まって火力が安定しないというトラブルに見舞われることがありますが、BiCライターは比較的丈夫に作られています。

低温でも着火しやすい

使い捨てライターには通常ブタンガスが注入されていますが、極端に寒い場所で着火しようとするとガスがうまく気化できず着火しにくいという問題が起こります。BiCライターにはイソブタンガスが使われており、ブタンガスに比べ低温で気化しやすい燃料のため低温に強いです。

頑なに自国生産

BiCはフランスの企業で世界的にシェアがありますが、今の時代でも頑なに自国生産を貫く姿勢が立派です。BiCライターにもしっかりとmade in Franceの刻印が刻まれています。BiC社はライターだけでなく文房具やカミソリなども作っているようです。

以上のような魅力が詰まっているBiCライターですが、不透明なボディであるが故に燃料の残量が確認しにくいという欠点があります。

確認方法としては耳元で軽く振るとある程度わかります。どうしても目視で確認したければ白のBiCライターを買ってください。磁器のように半透明なので光源に向けるとうっすらと中身が透けて見えます。

ただヘビースモーカーなど使用頻度の高い人でなければ、使い切るのに何年かかるんだというくらい燃料持ちがよいので、あまり気にする必要はないかと思います。

あと日本では売っている場所が少ないので、もし見つけたら買っておいた方がよいでしょう。一生懸命に探すと見つからないけど、意外な場所にあっさり売っていたりする不思議なライターです。

最後に野外にBiCライターを放置してどのくらい使えるか毎月検証している動画を紹介します。放置から3ヶ月経ち雪に埋もれた状態でも問題なく使えることには驚きです。果たしてどこまで続くのか気になりますが、BiCライターを信頼性は増すばかりです。


BICライター カラーお任せ4Pセット

スポンサーリンク

関連記事

CASIO(カシオ) WSD-F10 アウトドア向けのタフな高性能スマートウォッチ

CASIO(カシオ)の大本命となるスマートウォッチWSD-F10がついにお披露目されまし

記事を読む

ユースキンAは、かかとの乾燥・ひび割れケアに最適な保湿クリーム

身近にある最上クラスの保湿クリーム 湿度が下がり空気が乾燥してきて、かかとがカサカサに

記事を読む

【DIY】ペットボトルのキャップと飲み口をつなげて作る防水小物入れ

Photo by Lifehacker ペットボトルを捨てる前に ペットボトルをちょ

記事を読む

安すぎるマグネシウムファイヤースターター 火打石の実力を検証する

隠れたヒット商品 Amazonでひそかに売れ続けているヒット商品があります。 それがマグ

記事を読む

ロスコ 550LB パラコード (パラシュートコード) ロープワークを覚えておくと役立つかも

ロープを携帯する 日常的にロープを持ち歩いてる人が日本にどれだけいるか、おそらく驚くほど少ない

記事を読む

フラッシュライト点灯

普段持ち歩いている小型のLEDフラッシュライト(懐中電灯)3つの利用法

日本でフラッシュライトを持ち歩く人が少ない理由 海外のEDC関連の写真や記事を見ると必ずといっ

記事を読む

水筒1

飲料水を持ち歩くための水筒3つと小さく潰せるペットボトル

人は水を飲まなければ生きていけません。大人が1日のなかで食事以外に飲料水を1.5リットル以上は飲

記事を読む

CASIO A168WA-1 実用品として最高レベルのコスパと機能と耐久性が備わった腕時計

チープカシオ(チプカシ)の沼は深い 先日ついにこれぞチープカシオと呼べる腕時計を手に入れました

記事を読む

Wekey Pocket 極限まで薄く100グラムを切る軽さの折りたたみキーボード

普段ブログの記事をノートパソコンで書いていますが、スマホもあることだし極薄で折りたためるキーボー

記事を読む

無意味なことに意味があるFidget Toys フィジェットキューブやハンドスピナーとは何か?

世の中にある道具は何か明確な目的を補助するために使われている事がほとんどですが、なかには一見する

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. ワトスン より:

    こんにちは。

    私も ”BIC” 好きです。

    BICはスペインでもつくってますよ。
    使ってるガスが他メーカーと違っていて、火が点きやすいガスだそうです。
    少し高いようですが、100円で売ってますもんねぇ。
    値上げせずがんばってほしいです。

    • Coro より:

      フリント式はフランス製で電子式はスペイン製と種類によって製造が別れているようですね。
      あとはアメリカでも作られているという情報を見かけました。
      非常に優秀なライターなので品質を維持してもらいたいですね。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑