無印良品 オーガニックコットンオックスフォードボタンダウン半袖シャツ 夏のワードローブ

公開日: 最終更新日:2016/02/23 [ 約2分で読めます ] ファッション

muji-short-sleeved-shirt

長袖は完売御礼

無印良品が定期的に開催している『無印良品週間』に買ったオーガニックコットンオックスフォードボタンダウン半袖シャツという長がーい商品名のシャツ。

本当は長袖シャツが欲しかったのですが、私のサイズは在庫切れでさらにネット販売もされていないという人気ぶり。

諦めて半袖シャツを購入しましたが、買った直後から気温が上昇してポカポカ陽気の日が増えてきたので半袖にして正解でした。

長袖も袖をまくれば着られなくもないですが、袖からの通気性がまったく違うので熱が篭りそうです。

洗いざらしの風合いを活かしたシャツなので、アイロンもかけずに洗って干したらそのまま着ています。

裾が短めでさらに水平なので裾出しで着てもあまり違和感がありません。

日本向けワードローブ戦略

つい最近まで寒さで震えていたのにあっという間に暑くなって、中間の過ごしやすい期間が少なくなった気がします。

特に昼間は5月でも暑いと感じる日が多く連日のように半袖で過ごしています。

半袖は着られる期間が短いという印象があります。しかし5月ですでに半袖ばかり着ているということは5月~9月くらいまで半袖で過ごせるので、1年のうち5ヶ月ほど着ることができます。

昨年は5月でも東京の平均気温が20℃を超えました。今年もいまのところ20℃以上あるのでこのくらいの気温が半袖切り替えラインだと思います。

半袖はもはや夏服というよりも3シーズン対応できる万能シャツだと言えます。日本の長い夏を乗り切るためにワードローブのバランスも工夫したようがよさそうです。

春用や秋用の服を買っても夏に圧縮された短い期間だけ着ることになるのでもったいない気がします。

寒い日はアウターの下に着てもよいですが、暑い時期はどうしようもないですから。

年中気温の差が少ない地域では極限までワードローブを減らせますが、四季の変化がハッキリしている日本ではどうしてもワードローブを季節ごとにそろえる必要があります。

近年の暑苦しい日本の気候に対応するには春夏秋冬バランスよくそろえるのではなく、春秋を減らして夏服の割合を増すほうが合理的かなと思います。

こう毎年暑いのが確定していると夏場は人口密集地から離れて避暑地に長期滞在するようなライフスタイルに憧れますね。

無印良品 オーガニックコットン洗いざらしオックスボタンダウンシャツが1000円値上がりした

無印良品ネットストアでは楽天カード(楽天ID決済)を使って買い物する方がお得なのではないか?

スポンサーリンク

関連記事

T-SHIRTS TRINITY(Tシャツ トリニティ)で持たないTシャツを作ってみた

自分でデザインしたTシャツが売れる 欲しいデザインのTシャツが見つからなければ自分で作ればいい

記事を読む

Champion(チャンピオン) ショートパンツ 理想的なハーフパンツ(短パン)を手に入れた

深刻な短パン不足 今年の春ごろに手持ちのハーフパンツをいくつか手放して夏には足りなくなる恐れが

記事を読む

季節に合わせた服装のカラーコーディネートで自然なオシャレを楽しむ

色を絞って服選びの迷いを減らす 今後新しい衣類を加える場合は季節に合わせてある程度カラーコーデ

記事を読む

ユニクロ セルビッジ スリムフィット ストレートジーンズ (ストレッチ) 2年後のエイジング(経年変化)

2015年製のユニクロ セルビッジ スリムフィット ストレートジーンズ (ストレッチ)を履き続け

記事を読む

ユニクロ セルビッジ スリムフィット ストレートジーンズ (ストレッチ)を購入

ユニクロジーンズの実力 ユニクロのジーンズはユニクロを代表する定番アイテムですが、私は今ま

記事を読む

ワードローブ構築に役立つ基本10アイテム【メンズ編】

Photo by CapitalBedrooms.co.uk 服はたくさん買うけど実際に着

記事を読む

サーマル(ワッフル)シャツ ミリタリー由来の保温インナーで寒い季節を乗り切ろう!

Photo by sawakuson ヒートテックの真相 近年はユニクロのヒートテッ

記事を読む

秋口に栄えるトリコロール配色のファッションコーディネート

Photo by Richard Akerman トリコロールと聞いて真っ先に思い浮かぶの

記事を読む

無印良品 オーガニックコットン洗いざらしオックスボタンダウンシャツが1000円値上がりした

コストパフォーマンスの良さとシンプルで飽きの来ないデザインで人気のオーガニックコットン洗いざらし

記事を読む

ポリウレタン(PU樹脂)素材の呪縛から解放される方法

Photo by Jamie ポリウレタンは1950年代以降さまざまな工業製品に用いられ、

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑