マイクロプラスチックは人類最大の負の遺産になるか?

公開日: [ 約3分で読めます ] エコロジー

microplastics
おそらく人類が誕生し滅ぶまでに生み出す最大の負の遺産はマイクロプラスチックになるのではないかと思います。

マイクロプラスチックとは1mmにも満たないプラスチック粒子の事を指しますが、普通マイクロプラスチック製品も耐久性の差はあれど何れは劣化して粉々になり砂のような粒子に戻ります。

なぜプラスチックが最悪なのかというと人為的に製造され物質として安定しているので、たとえ粉々になっても物質としては変化せずプラスチックであり続けるからです。

元々は石油が原料ですがプラスチックは二度と石油に戻ることはなく、地球が無くなるまで地上や海の中に残り続けます。

核燃料として使われた後に残る放射性廃棄物の方が問題じゃないかと思いますが、地球規模で考えれば何十万年もすれば放射線は出なくなるので、半永久的に存在し続けるプラスチックに比べればマシな方です。

マイクロプラスチックはあらゆるところで日々生み出されており、回収はほぼ不可能と言ってよいでしょう。

化学繊維で作られた衣類を着たり、どれだけ丁寧に洗濯しても塵埃となって現れるので防ぎようがありません。

マイクロプラスチック汚染の大半が脱落した合成繊維から構成される可能性があると示唆されています。

またスクラブ洗顔料の細かい粒子はマイクロビーズといってプラスチックが使われており、深刻な海洋汚染を招くとして今後は姿を消していくと思います。

現代社会においてマイクロプラスチックを生成しない生活をするにはよほど注意を払わねばなりません。

2050年には海を漂うプラスチックの量が魚の量を上回るという予測もされており、目視できるプラスチックもやがて劣化してボロボロに崩れ、目に見えないほど細かなマイクロプラスチックとなり海中を漂うようになります。

おそらく私たちの想像を遥かに超えるレベルでの生態系異常も発生するのでは無いかと思われます。

警鐘を鳴らす研究者もいますが、あまりにもプラスチックに依存した社会になってしまっているため問題が先送りされています。

自然界の微生物によって最終的に水と二酸化炭素に分解される生分解性プラスチックの開発もされていますが、耐久性などの問題で今ひとつ普及していません。

将来的にプラスチックを分解する技術が見つかればよいのですが、すでに地球上に散らばったマイクロプラスチックを処理することはできないでしょう。

生分解性プラスチックの進歩や普及を願いつつ、個人レベルではプラスチックゴミをポイ捨てせずに分別する所ではきちんと分別して、なるべくマイクロプラスチックを出さないように心がける程度でしょうか。

地球少女アルジュナというアニメで石油製品を分解するバクテリアが登場しましたが、もしあのようなバクテリアが増殖すれば世界中からプラスチックを一掃できるかもしれません。

ただし石油に依存しすぎた社会構造は崩壊すると思いますが(笑)

地球少女アルジュナ 時代が10年早すぎた原発・環境問題・自然農などがテーマの問題作アニメ

スポンサーリンク

関連記事

自作キャンドルヒーターは安い材料で簡単に作れて燃費も良い

暖房器具は自作できる 寒い時期に室温を上げるための暖房器具はいろいろあります。 現代における

記事を読む

映画『降りてゆく生き方』公開以来DVD化せず全国各地で異例のロングラン上映 3.11以降さらに関心高まる

Image by nippon-p.org 商業映画や資本主義に一石を投じた作品 映

記事を読む

525ドルで買えるマイホーム!? ポーランドの建築家がデザインしたコンパクトハウス

via Culture.pl ポーランドの建築家Aleksander Kawiński(ア

記事を読む

人間のエゴで自然破壊を続けると悲劇的な結末を迎えるという風刺動画 MAN by Steve Cutts

ブラックユーモアあふれる作品 作者のSteve Cutts(スティーヴ・カッツ)さんは

記事を読む

日本の家庭に掃除機は必要か? ほうき・モップ・粘着ローラーなどで代替可能

Photo by USAG- Humphreys 日本にいつ掃除機が普及したのか調べてみる

記事を読む

coincheck(コインチェック)でんき 電気代をビットコインで支払ったり付与されるサービスで電気料金を見直す

2017年は仮想通貨元年といわれ、三菱東京UFJ銀行がMUFGコインという独自の仮想通貨を一般利

記事を読む

Vornado(ボルネード) サーキュレーター 室内の空気を循環させ多目的な用途に使える

我が家では春先から活躍し始めるのがVornado(ボルネード)のサーキュレーターです。 私

記事を読む

魚の養殖と水耕栽培をミックスしたアクアポニックス・グリーンハウス

アクアポニックスとは? 近隣にはビルも建ち並ぶ都市の一角に温室のような建物があります。それはた

記事を読む

アメリカ合衆国国立公園局 創設100周年 国家規模の自然保護はここから始まった

まだ自然保護という概念が希薄だった時代に、アメリカが国内の雄大な自然を永久に保護していくことを目

記事を読む

セヴァン・カリス=スズキ 1992年 リオデジャネイロ環境サミットにおける伝説のスピーチ

1992年にリオデジャネイロで開催された環境サミットの壇上で当時12歳だったセヴァン・カリス=ス

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑