Egloo(イグルー) テラコッタのおしゃれなキャンドルヒーターで心と身体を温める

公開日: [ 約2分で読めます ] エコロジー, ガジェット, シンプルライフ


Photo by kickstarter.com

以前キャンドルヒーターが自作できるという記事を書きましたが、商品として販売されているキャンドルヒーターもわずかながら存在しているようです。

その中でも一番代表的なのがEgloo(イグルー)というテラコッタで作られたキャンドルヒーターです。

植木鉢で作るキャンドルヒーターと比べると明らかにデザイン性が高く、それでいてコンパクトなのでテーブルの上などに置きハンドウォーマーとして使うのにぴったりなサイズです。

どうやらクラウドファンディングのKickstarterで出資を募り商品化されたようで、最近はアイデアがニーズとマッチして支持されると短期間で商品化される環境が整ってきました。

やはり植木鉢キャンドルヒーターではどう頑張っても植木鉢のイメージを払拭できないので、テラコッタの特性や風合いを残しながらデザインされたものが欲しいというニーズは確実にあったでしょう。

キャンドル4本で20平方メートルの部屋の温度を1~3度ほど上げる程度なので本格的な暖房にはならないでしょうが、静かにゆっくりとまわりの空気を温める効果があります。

小さなキャンドルを燃やすため燃焼時間はせいぜい5時間程度なので暖房というよりは癒やし目的の方が強いでしょうか。

自作キャンドルヒーターは安い材料で簡単に作れて燃費も良い


日々アップグレードされており新型は50ユーロから出資すれば手に入るようです。

自作キャンドルヒーターと比べると恐ろしく高価ですが、ひとつひとつ土から練り上げたハンドメイドなので手間暇かかっているのでしょう。

キャンドルヒーターのためにいちから考え抜かれたデザインなので細かい部分まで使い勝手がよく考えられています。


また新たな試みとしてドーム状の部分を活かしたアーティスティックなデザインが制作されています。

夜空や妖精・花柄といったデザインになるとナチュラルとはガラッと印象が変わるのも面白いです。

イグルーはアロマキャンドルやアロマオイルとも相性が良いので幅広い使い方ができそうです。

自作キャンドルヒーターに関してもボルトとナットで固定する方法がありましたが、イグルーのように間にグリルを挟めばその上に植木鉢を置くだけでイグルーもどきが作れないかといろいろ考えが浮びます。

今後も新たなキャンドルヒーターが登場することに期待しましょう。

Egloo – Candle Powered Heater

スポンサーリンク

関連記事

横浜にある建築家・保坂猛の自宅 屋内でもなく屋外でもない家 LOVE HOUSE

建築家の自宅というと何にも縛られずに自分が本当に住みたいと思う家を作ると思います。 そこに

記事を読む

Kururin(クルリン) 転がすだけで面白いシンプルな木のおもちゃ・スキルトイとしても優秀

Kururin(クルリン)とは埼玉県飯能市で木のおもちゃの開発・販売をしている無垢工房(MUKU

記事を読む

オスの収集欲をかき立てるノスタルジックなマッチ箱

マッチの火は心を癒す 着火するための道具はライターやファイヤースターターなど何種類か持って

記事を読む

GENTOS(ジェントス) EX-777XP ロングセラーの暖色LEDランタン

東日本大震災を機に非常時の照明を探していたところ、このLEDランタンに出会いました。LEDラ

記事を読む

ドラクエII

尖った人はおもしろい、特化型人間がこれから社会をリードする

画像はドラゴンクエストIIです。私はドラクエのなかではIIが一番好きです。 いっけん今回の

記事を読む

【DIY・工作】連射できる輪ゴム鉄砲の作り方 夏休みの自由研究にもぴったり

私は割り箸鉄砲を子供のころに作った経験があり、身近な物だけで作れるので昔作ったという人は

記事を読む

マイクロプラスチックは人類最大の負の遺産になるか?

おそらく人類が誕生し滅ぶまでに生み出す最大の負の遺産はマイクロプラスチックになるのではないかと思

記事を読む

玩物喪志 (がんぶつそうし) 古代中国の言葉から人生の教訓を学ぶ

がんぶつ‐そうし〔グワンブツサウシ〕【玩物喪志】 《「書経」旅獒(りょごう)の「人を玩(もてあ

記事を読む

無印良品 MUJI HUT 3人のデザイナーが新しい小屋を提案するプロジェクト

via Quartz 無印良品がタイニーハウス市場へ参入 いよいよ無印良品が小さな暮らし

記事を読む

見栄を張ることをやめると、余計な苦しみから解放され自然体で生活できる

誰しも他人からよく思われたいとか嫌われたくないと思うのは普通ですが、その意識があまりに強くなると

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑