Christy Knife(クリスティーナイフ) ありそうでなかったスライド式ポケットナイフ

公開日: [ 約2分で読めます ] EDC (Every Day Carry)


via AllOutdoor.com

Christy Knife(クリスティーナイフ)はアメリカのオハイオ州フリーモントで創業したThe Christy Knife Companyが開発したスライド式のポケットナイフです。

アメリカで最も歴史のあるナイフメーカーですが、日本ではまったくと言ってよいほど情報がなく輸入もほとんどされていない状態です。

日本で認知度の低い理由としては日本が誇るカッターナイフメーカーとしてオルファエヌティーががっちりと地盤を固めているため、付け入る隙がないことも関係しているでしょう。

しかしクリスティーナイフはカッターナイフのように使い捨ての折る刃式ではなく、研ぐことで切れ味を回復させることができます。

フォールディングナイフのように刃を折りたたんで収納する製品は数多くありますが、こうしたスライド式はあまり存在しません。

アメリカで売れれているカッターナイフはゴツくて大振りなものが多いですが、オルファの細工カッターやエヌティーカッタープロシリーズなどはデザイン・切れ味ともに優れており国内で圧倒的なシェアを占めています。


オルファ(OLFA) 細工カッター 141B


NT カッタープロシリーズ AD-2P


クリスティーナイフはそれらの小型カッターナイフに比べてもさらにコンパクトで、EDCでおなじみアルトイズ缶にもスッポリと収まることで評価されています。

何よりデザインがシンプルで用途に合わせて片手で刃の長さを調節できるのもスライド式ならではの特徴です。

EDCで重要な携帯性と所有欲を満たしてくれるのが、実用品であるカッターナイフとの大きな違いです。

収納したときの美しさは折りたたみナイフやマルチツールと比較しても遜色ないデザインだと思います。

これだけ優れたプロダクトであるにも関わらず日本では入手困難であることが唯一の欠点ですが、公式サイトでPayPal決済にて購入できるので、もしかしたら日本へも発送してくれるかもしれません。

スポンサーリンク

関連記事

ビクトリノックス(Victorinox) ランブラーとクラシックALの違い

持ち歩くのに最適なサイズ 私はナイフマニアでもビクトリノックスマニアでもありませんが、ビク

記事を読む

藍染めの手ぬぐい 木綿のやさしい肌ざわりと吸水・速乾性に優れた日本の伝統工芸

私が普段からハンカチ代わりに持ち歩いているのが藍染めの手ぬぐいです。 手ぬぐいは柄も豊富な

記事を読む

フラッシュライト点灯

普段持ち歩いている小型のLEDフラッシュライト(懐中電灯)3つの利用法

日本でフラッシュライトを持ち歩く人が少ない理由 海外のEDC関連の写真や記事を見ると必ずといっ

記事を読む

肥後守(ひごのかみ) 青紙割込 かつて子供の相棒だった国産折りたたみナイフが風前の灯火

Photo by Folding Knife Online Store 今は海外の多種多様

記事を読む

応急手当に使うファーストエイドキットポーチを買った

理想のポーチを求めて EDCにおいて今までは応急手当以外のモノなど何でも入ったポーチを

記事を読む

CASIO A168WA-1 実用品として最高レベルのコスパと機能と耐久性が備わった腕時計

チープカシオ(チプカシ)の沼は深い 先日ついにこれぞチープカシオと呼べる腕時計を手に入れました

記事を読む

Begleri(ベグレリ)の作り方 パラコードとビー玉を使って作るギリシャ発祥のおもちゃ

Begleri(ベグレリ)とは? Begleri(ベグレリ)と聞いてもピンとこないのは

記事を読む

寒くなってきたので、今年もハクキンカイロに燃料を入れ使い始めた

寒い季節の主戦力となるか 今日は気温が昼になっても上がらず寒さを感じる日になりました。

記事を読む

大正製薬 アイリスCL-I ネオ 洗眼液・目薬を止めて人工涙液で目洗いして花粉症を和らげる

ぼちぼち花粉症が始まっておりスギ花粉は落ち着いてきましたが、ありとあらゆる花粉に負けるので6月中

記事を読む

Rite in the Rain(ライトインザレイン) 水に濡れても破けず書ける全天候型の防水ノートブック

近年デジタル化の流れで紙に鉛筆やペンで字を書く機会が減りました。 特に学生時代ならまだしも

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑