ユニクロ セルビッジ スリムフィット ストレートジーンズ (ストレッチ) 5年後のエイジング (経年変化)

2015年製のユニクロ セルビッジ スリムフィット ストレートジーンズ (ストレッチ) を履き続けて丸5年が経ちました。

濃紺で糊付きだったリジッドが年月を経て何ともいえない色落ちデニムになりました。

このジーンズは本当に丈夫で5年履いても膝やお尻の生地が摩擦で破けることなく、ジーンズ本来のタフさを兼ね備えています。

ストレッチ素材としてポリウレタンが混紡されているはずですが、今のところ劣化した繊維が飛び出すようなこともなく加水分解は発生していないようです。

靴のソールが加水分解するとそれこそ機能的に履き続けることが不可能になりますが、服の場合は多少ストレッチ性が落ちても支障がないので、そこまで神経質になることもないでしょう。

これがスキニージーンズのようなタイトさを求めるジーンズだとストレッチ性が少しでも落ちると気になるでしょうが、若干余裕をもたせたシルエットなのでそれほど気になりません。

もちろんポリウレタンの混紡率がより高ければ、いろいろな不具合が発生することは考えられます。

ポリウレタンにはエーテル系とエステル系があり、エーテル系は加水分解を起こさない特徴があるのでエーテル系の混紡かと思いましたが、熱に弱く強度が低いのであまり衣服には使われていないようです。

保管については特に乾燥した場所に置いているわけでもなく、夏場は高温多湿になる部屋に放置しているので、ポリウレタンには極めて劣悪な環境だと思います。

今年はあまり変化が感じられませんでしたが、去年の写真と比較すると全体的に薄っすら色落ちが進んだ印象です。

近年は春や秋が一瞬で過ぎ去るので履くのに最適な気温の日がとても短いです。

晩秋から初冬にかけては保温対策としてタイツを着用した上から履くこともあります。

薄くて通気性がそこそこあるので冬場に履くのには適しません。

バックポケットは5年間のうちにかなりの摩擦に耐えてきたと思いますが、それでもステッチが擦り切れることなく残っているのは立派です。

当時2,990円 (税抜) だったころに購入しましたが、明らかにその価格帯では品質で群を抜いています。

現在は3,990円 (税抜) なのでユニクロでその額を支払うのは少し迷いますが、素材や作りが大きく変化していなければ今でも値段以上の品質ではないでしょうか。

最近はジーンズの生地が伸びたのか自分が痩せたのかわかりませんが、ベルトを締めないとゆるゆるでずり落ちてしまうので、今の自分にはもうワンサイズ小さめがベストかなと思います。