極寒の地でひたすらサバイバルするゲーム The Long Dark

公開日: 最終更新日:2016/07/23 [ 約2分で読めます ] ゲーム, サバイバル

the-long-dark-1
The Long Darkは極寒の地で寒さや飢えや乾きに耐えしのぐ、リアル指向のサバイバル系ゲームとして期待されています。サバイバル系ゲームとしてはDayZRustなどが有名ですが、The Long Darkにはゾンビや他のプレイヤーは登場しません。その代わり見知らぬサバイバリストの亡骸が転がっていたり、野生動物がうろついています。純粋に孤独なサバイバルを楽しみたいならThe Long Darkはかなりおすすめです。

the-long-dark-2

目的はただひとつ生き残ること

現状で唯一選べるサンドボックスモードは他のサバイバル系のゲーム同様、何かをクリアして進行させたりする要素は今のところ無く、雪山に独り放り出されて小屋や亡骸を漁りながら、生きていくために必要な物資をかき集めて終わりのないサバイバル生活をするのが目的です。

the-long-dark-3

シビアなゲームバランス

体温、空腹度、ノドの渇き、病気の有無などが細かく設定されており、例えば水を手に入れるために雪を火で熱して水に変えるのですが、そのまま飲むと赤痢にかかり治療が必要になります。

飲み水を得るだけでも雪から水をつくり煮沸するという手間がかかります。浄水剤もあるので煮沸する行程を飛ばす手立てもあります。生肉はそのままの状態ではみるみる腐敗して最後には食べられなくなります。

そして最大の敵は猛烈な寒さでサバイバルをより困難なものにしています。吹雪の中を出歩くのは自殺行為に等しいでしょう。慣れるまでは2~3日生き延びるだけでもやっとだと思います。

the-long-dark-4

まだまだ開発段階

Steamの特徴としておもに独立系開発会社のゲームタイトルにおいて、まだ開発の段階から有料販売してその売り上げでさらに開発を進めるというアーリーアクセス形式が多いです。The Long Darkもまだアルファ版なので実際にプレイヤーに遊ばせながらブラッシュアップしていく段階です。

荒削りながら目的がシンプルなので現在でも十分遊べるクオリティだと思います。今後ストーリーモードが仕上がってくれば、また違った楽しみ方ができることに期待しています。サバイバル系で最大のヒット作となったMinecraftもそうですが、ゲームシステムに自由度がありプレイヤーが試行錯誤しながら十人十色の遊び方ができるゲームは本当に楽しいですね。

the-long-dark-5

The Long Dark公式サイト

スポンサーリンク

関連記事

ポケモンGOの問題点と今後の行く末

Photo by Piki768 ポケモンGOの日本語版がリリースされて5日が経過しました

記事を読む

ロバ

シンプリスト・ミニマリスト・サバイバリストを動物に例えると特性が明確になる

シンプリストを動物に例えるとロバ ロバは小柄だが、力強く小回りも利き頭もよい。サラブレッドより

記事を読む

ストローを加工して極小の防水ケースが簡単に作れる

用意するもの ストロー 普通のストローでも十分ですが、直径が太いほどより多くのモノを入れ

記事を読む

アメリカの雄大な自然の中でのんびり釣りできるフィッシングシミュレーター Fishing Planet

基本無料でプレイできる釣りゲームFishing Planetが先月リリースされ、まずまず

記事を読む

過酷な自然と対峙する無人島サバイバルゲーム Stranded Deep

リアル指向サバイバルの追い風に乗れるか MinecraftやDayZのヒット以降サバイバル

記事を読む

子猫

日常生活からサバイバルにも役立つ、身近な万能アイテム8つ

身近なモノからそろえる サバイバルグッズは種類も多く、買い始めるとキリがありませんが、身近

記事を読む

死体が転がる訳ありな無人島で地味にサバイバル生活する Better Late Than DEAD

Better Late Than DEADは2015年7月23日にSteamからアーリーアク

記事を読む

空き缶のプルタブで自作した釣り針でも魚を釣ることができる

釣りはもともと食料調達のために水中の魚介類を捕獲する手段として行われていましたが、時代を経て釣り

記事を読む

何もない場所に自然の素材だけで瓦屋根の小屋を造り出す技術

突然見知らぬ森の中に放り出された人間がサバイバルするためにまず確保しなければならないのは雨風

記事を読む

究極に自立した人間は物を持たずに豊富な知識と洗練された技術で困難を乗り越える

物を極力持たないことで日常生活をよりシンプルに過ごそうとする人たちがいます。 ここ数年で一

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑