高城剛 LIFE PACKING2.1 未来を生きるためのモノと知恵 3年半で何を取捨選択したか

公開日: [ 約2分で読めます ] EDC (Every Day Carry)

lifepacking2.1
Photo by Rev Stan

高城剛さんの著書のなかでも特に人気のあるのがLIFE PACKING 未来を生きるためのモノと知恵ですが、3年半ぶりにバージョンアップされて帰ってきました。

一個人の持ち物をこれだけ詳細に公開している本も珍しいですが、さらにミニマリストであるため生活に必要なすべての物が詰まっているのも興味深いです。

3年半の月日というのは長いようで短く、テクノロジーは日々進歩しており自分も歳を重ねることで持ち物も変化します。

前作と比較して持ち物の80%以上が刷新されているので、前作を読んだことのある人でも新鮮で読みごたえがあると思います。

家を持たず荷物を出来るだけコンパクトにして世界中を飛び回るのは社会への抵抗なのかもしれないと本人が口にしています。

二泊三日程度であれば手ぶらで海外へ行けてしまうほど身軽に動き回れることを身を持って証明しています。

高城剛さんの言う”どこでも働ける“はWi-Fi設備もなく交通網の乏しい地域であっても働けるという意味なのでノマドワーカーもビックリです。

たしかにWi-Fiの完備された都会のカフェを巡っているだけでノマドワーカーを自称する人もいるので、そういった限られた環境でしか働けないのは”どこでも働ける”とは違うかなと思います。

先のことなど予測できない動乱の世界で、最小限の荷物であってもあらゆるリスクに備え、心身ともに充実した人生を送れるというヒントが隠されています。

高城剛さんは長年に渡り自分の持ち物を常に取捨選択した結果として本が一冊書けるくらいまでになりましたが、彼が特別なわけではなく誰でも自分だけのライフパッキングを作り上げることは可能です。

おそらくライフパッキングに完成形というものはなく、日々入れ替わりながら生涯変化していくものなので、自分の持ち物を見つめ直すきっかけとして非常に刺激になる本です。


LIFE PACKING2.1―未来を生きるためのモノと知恵―

スポンサーリンク

関連記事

フラッシュライト点灯

普段持ち歩いている小型のLEDフラッシュライト(懐中電灯)3つの利用法

日本でフラッシュライトを持ち歩く人が少ない理由 海外のEDC関連の写真や記事を見ると必ずといっ

記事を読む

totes(トーツ) 折りたたみ傘 持ち手部分のベトベトを無水エタノールで除去する

折りたたみ傘の寿命 いつも持ち歩いているtotes(トーツ)の折りたたみ傘です。

記事を読む

ストローを加工して極小の防水ケースが簡単に作れる

用意するもの ストロー 普通のストローでも十分ですが、直径が太いほどより多くのモノを入れ

記事を読む

無意味なことに意味があるFidget Toys フィジェットキューブやハンドスピナーとは何か?

世の中にある道具は何か明確な目的を補助するために使われている事がほとんどですが、なかには一見する

記事を読む

シートレンズ (フレネルレンズ) のカード型ルーペは驚くほど薄くて携帯性バツグン

極薄なレンズの使い道 私は特別に目が悪いわけでもなく毎日PC画面を長時間のぞき、目を酷

記事を読む

【DIY】ペットボトルのキャップと飲み口をつなげて作る防水小物入れ

Photo by Lifehacker ペットボトルを捨てる前に ペットボトルをちょ

記事を読む

Maxpedition Micro Pocket Organizer EDCグッズをまとめて収納できる小型ポーチ

オーガナイザーポーチの用途 手ぶらでは心細いけれどカバンやバックパックは邪魔になる。そんな中途

記事を読む

zebra2

ZEBRAボールペンとシャーペン(日本未発売モデル)のデザインにホレた

理想のボールペンとシャーペンを求めて 私は文房具にも興味がありデザインと実用性を兼ね備えたボー

記事を読む

藍染めの手ぬぐい 木綿のやさしい肌ざわりと吸水・速乾性に優れた日本の伝統工芸

私が普段からハンカチ代わりに持ち歩いているのが藍染めの手ぬぐいです。 手ぬぐいは柄も豊富な

記事を読む

eBayで買った怪しげな中国直送ファイヤースターターの実力を検証する

以前Amazonで100円前後で売られているファイヤースターターの検証を行いましたが、今回はeB

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑