レジ袋を有料化するなら量り売りできるお店も増えてほしい


Photo by Tee Cee

環境省がプラスチックゴミ削減に向け、レジ袋の有料化を小売店などに義務付ける方針を固めました。

今まで無料で配られるのが当たり前だったレジ袋もこれからは買うたびに数円ほどの出費になります。

スーパーへ定期的に買い出しに行く主婦はエコバッグを持参しますが、ちょっと立ち寄ったコンビニで買い物をする人などは少々不便な思いをするかもしれません。

便利なものが突然失われると最初は違和感がありますが、これも慣れてしまえばそう気にならないはずです。

レジ袋お付けしますか?問題

レジ袋有料化のデメリットとして小売店の接客対応が増えるという意見もあります。

いわゆる「レジ袋お付けしますか?」という一言が加わることで店員にも利用客にも面倒が増えるということです。

これはレジ袋も商品とみなしてレジ周辺にでも陳列しておけば解決すると思うのですが、いちいち確認を取ろうとするのが日本の過剰サービスを象徴しています。

同様に箸やスプーンなどもセルフサービスで置いておくスタイルではダメなのでしょうか?

量り売りで適量を知る

例えレジ袋を有料化したとしても商品は過剰に包装されているわけで、いずれ包装も減らしていくのが理想でしょう。

包装を減らす手段として最もシンプルなのが量り売りです。

各個人が持ち寄った容器に必要な分だけ入れて購入するので無駄がありません。

毎回容器を持参するのは面倒に感じますが、自宅のゴミ箱を圧迫する要因のひとつが消え、ゴミ捨ての回数も減るので悪いことばかりではありません。

食べきれずに賞味期限を過ぎてその後処分しているような食品は、その分お金を無駄にしているようなものです。

量り売りだとその辺を自分で調節できるので、自然と自分や家族にとっての適量がわかってきます。

何となく立ち寄ったお店で衝動的に買物するのではなく、これからの時代は必要なものを必要な分だけ買うというのが大切ではないでしょうか。

レジ袋有料化で笑うもの泣くもの

一方でレジ袋は石油の余剰成分を利用して少ないエネルギーで生産できるのでむしろエコであるという意見があります。

ゴミを捨てるためだけに新品の専用ゴミ袋を買わされ、即ゴミとして捨てられている事に気持ち悪さもあります。

レジ袋でゴミ捨てをしていた時代と比べてむしろ石油の消費量は増えているという事実。

しかもその専用ゴミ袋はスーパーやコンビニなどで販売されています。

ゼロ・ウェイスト(ゴミの出ない生活)でも無い限りは必ずプラスチックのゴミ袋を買うことを強制されます。

有料の専用ゴミ袋を有料のレジ袋へ入れて持ち帰ればさらにカオスですね。

プラスチックの代わりに紙袋などへ切り替える企業も現れていますが、それも石油なくしては作れず製造コストは上がり石油を多く消費します。

エコバッグも自作でもしない限りはまったくエコじゃないので名前ばかりの代物です。

表向きは環境活動でも実際は国家や企業の利益のために利用されていると思うと虚しさだけが残ります。

結局レジ袋有料化で苦しむのは一般消費者であり、特に都市部において人間の行動を変化させるほどのインパクトがあります。

レジ袋有料化には賛成ですが、やるなら商品の過剰包装やレジ袋以外のビニール袋の規制・消費者の意識改革なども徹底して行わないと意味がないと思います。


ゼロ・ウェイスト・ホーム ーごみを出さないシンプルな暮らし