金属探知機や磁石釣りで宝探し!トレジャーハンター系YouTuber 宝探しちゃんねるATENALES


Photo by Ultimate Metal Detectors

金属探知機といえば地中に埋められた地雷を探知するために使われていたり、空港などでセキュリティゲートをくぐる時に意識する程度のものです。

ただし金属探知機は数千円程度から入手することができ、使用するのに免許や特別なスキルも必要なく誰でも使えます。

金属探知機を使えない水中にはマグネットフィッシング (磁石釣り)という方法で強力磁石を使い魚釣りのように金属ゴミを釣り上げます。

そこに目を付けいち早く動画投稿を始めて多くの視聴者を獲得したのが『宝探しちゃんねるATENALES』です。

かなりニッチなジャンルかと思いきや最も再生されている動画は300万回再生を優に超えています。

なぜこれほど再生回数が伸びるのか分析すると、宝探しという不確定要素を持った内容が受けているのだと思います。

毎回場所を変えながら何が出てくるかわからないワクワク感を視聴者に与えればそれは立派なコンテンツになります。

他人に迷惑をかけたり奇抜な行動で再生数を稼ぐYouTuberが後を絶ちませんが、最近はYouTubeの利用規約を厳しくなり、自然淘汰されるなか実に健全なチャンネルとして順調に伸びています。

さらに宝探しも視点を変えればその多くは金属ゴミを拾っていることになるので、環境美化にも貢献するという一石二鳥な企画です。

景観を乱すのはもちろん海岸や河川など水辺に落ちている金属ゴミは裸足で歩いて怪我をすることが多いため放置しておくと危険です。

金属ゴミに限らずガラス片や漂流物は絶えず流れ着くので、景観維持の観点からビーチコーミングシーボーンアートのような趣味は厄介がられずむしろ推奨されるほどです。

貨幣や貴金属を拾えばそれはゴミではなく勝手に自分のものにすれば犯罪になりますが、拾い物はきちんと交番へ届けているようなので倫理的な問題もありません。

動画上ではそう言いながらも裏でくすねることは可能ですが、動画投稿することで広告収入を得られるのでそこは信頼してよいと思います。

新規YouTuberは安易に人気のあるジャンルや万人受けする企画を選びがちですが、まだ開拓されていないジャンルを攻めてそれに特化してとことんやってみると予想外に伸びることがあります。

ロケーション撮影で周囲の目も気になり少しハードルが高いですが、だからこそ新規参入が少なく安定して独自のスタイルを築けます。

大物YouTuberでも単発でゴミ拾い企画の動画をアップしていることはありますが、ゴミ拾いだけに特化したチャンネルがあっても面白そうです。

これだけYouTubeが普及してもまだ開拓されていないジャンルがいくらでも残っているので、これはというジャンルを見つけたらぜひチャレンジしてみましょう。

宝探しちゃんねるATENALES