シリコンラップは耐熱性が高く何度も使えて食品用ラップフィルムよりゴミを減らせる


Photo by mwasimelahi.com

食品用ラップフィルム (サランラップやクレラップ) は1960年代ごろから冷蔵庫や電子レンジの普及と共に使われ始めたようです。

食品の鮮度を保ったりホコリや汚れが付着するのを防ぐため、さっと包んで使い終わったら捨てられる手軽さが特徴です。

しかし近年はプラスチックごみを減らそうという意識が高まり、プラスチックストローを廃止したりレジ袋が有料になるなど目に見えて変化が起きています。

家庭ごみで目につくプラスチックごみと言えば使い捨てされたラップを無視できません。

食べきれない食品をラップで包んで冷蔵庫に保存、炊きたての御飯をラップで包んで冷凍庫に保存、昨日の晩御飯の残りをラップで包んで電子レンジで加熱。

毎月1本消費したとしてそれが各家庭から集まれば相当な量になります。

食品用ラップフィルムの代わりに使い捨てないラップとして候補に上がるのがシリコンラップです。

ミツバチの巣を原料とする蜜蝋ラップも非常に環境に優しいですが、欠点として熱に弱く電子レンジでの使用はもちろんNGです。

電子レンジすら使わないよりナチュラルな生活なら問題ありませんが、電子レンジの便利さを知る現代人にはなかなか手放せない家電です。

シリコンラップは電子レンジで加熱する程度ではびくともしない耐熱性があり、水にも強いので洗って繰り返し使えます。

また半透明なので中身の状態を確認しやすく、吸着力に優れているのでしっかりと食品を密封することができます。

最近はシリコンラップの種類が増えてきており、オーソドックスな蓋型や従来のラップに近い使い方のできる平型など用途に合わせて選べるようになりました。

食品用ラップフィルムで最も主流なのがポリ塩化ビニリデン (PVDC) という原料を使ったものですが、保存性と粘着性が高い代わりに燃やすと有害物質が発生したり、ラップをしなやかにするための添加物が混ざっています。

それを電子レンジで高温で熱すると食品に溶け出す可能性があるので注意が必要です。

水は100度以上にはなりませんが油分を多く含んだ食品はラップの耐熱温度である140度を超えてくるので、食品に影響を与えないためにはなるべくラップの使用を避けたほうが良いです。

シリコンは200度以上でも安定した耐熱性能を発揮するので、電子レンジに入れたり鍋の落し蓋としても安心して使えます。

ただし臭い移りはするので臭いが残りそうなものにはそれ専用のシリコンラップを用意した方が良さそうです。

欠点としては薄くてふにゃふにゃなで洗いにくいうえにホコリが付きやすく保管場所を考えないと扱いにくいです。

結局食卓での使い勝手を考えると昭和に使われていたような蠅帳 (はいちょう) フードカバーへ行き着くのが面白いです。

食品用ラップフィルムが冷蔵庫や電子レンジの利便性を大幅に引き上げたことは間違いなく、ここ数十年ほど私たちの生活を支えてきましたが、さらに環境へ影響を意識する時代になってシリコンラップのような新たな道具に注目が集まっています。