10年経過したClarks(クラークス) デザートブーツの経年変化

約10年ほど前に購入してからちょくちょく履き続けているClarks(クラークス) デザートブーツですが、手入れをしながらまだまだ現役で活躍しています。

このブログを開設した当初にもクラークスについての記事を書きましたが、その後も寒い季節を中心に履いて出かける機会が多かったです。

値段的にカジュアル寄りでスニーカーのように履きつぶす印象もありますが、大切に履けば10年経過しても特に問題なく履けます。

ここ1~2年はブラッシングのみで靴クリームなども付けていないので、そろそろ革に栄養を与えたほうが良いかもしれません。

経年変化で色も以前より赤みが増している印象でシワもしっかりと刻まれています。

これでも梅雨の時期にうっかり放置して表面に薄っすらとカビが生えたこともありました。

柔らかいとされるクレープソールも踏み固められて強度が増すのか思ったほど磨り減っていません。

さすがに10年も履くと足に完全にフィットしているので、履いている時の違和感もなく歩きやすいです。

クラークスのデザートブーツといえばスエード素材の方が有名なので、スエードでも10年いけるのか気になるところです。

保湿クリームを刷り込んでも消えることのない深いシワが入りましたが、シワ=悪という考え方ではなく経年変化として受け入れると自分だけの靴として愛着がわきます。

クレープソールは天然ゴムなので湿度の高い場所に放置するとカビが生えやすいですが、しっかりと拭き取れば元通りになるのでそれほど気にしません。

靴の内側も履き込むことで艶のある飴色に変化してきました。

足首から包み込んでくれて風を通さないのでスニーカーと比べると温かく感じます。

ただし道が雪解けで凍っていたりすると容赦なく滑るので注意が必要です。

一昨年くらいにゴムだからと安心してアイスバーンを跨ごうとしたらツルンと転けて怖い思いをしました。

ちまたには10年どころか20年以上も履いている方もいて品質の高さが証明されています。

もちろん長年履いても飽きのこないデザインや履き心地だからこそ多くの方に愛されているのでしょう。

こうした事実を知ってしまうと少なくともあと10年は現役で活躍させてやりたいという愛情が芽生えます。

やはり流行り廃りのない定番の革靴をそこそこ手入れして長く履き続けるという行為は素晴らしい事だと思います。

何なら全身10年以上の服を身にまとっている人の姿は味わい深さが違うと思います。

ただの見すぼらしい人になる可能性もあるので責任は取れませんが(笑)

ファッションに関わりが深い人ほど着ているものが統一されていたり、若い頃から着ている服を大切に着続けていたりと真理を突いている気がします。

クラークスのデザートブーツはきっと10年後も普通に販売されているでしょうし、デザインも変わることなく存在しているはずです。


クラークス デザートブーツ ブラウンヴィンテージレザー