Warning: The magic method InvisibleReCaptcha\MchLib\Plugin\MchBasePublicPlugin::__wakeup() must have public visibility in /home/bokki/shaveoffmind.com/public_html/wp-content/plugins/invisible-recaptcha/includes/plugin/MchBasePublicPlugin.php on line 37
サバ缶ショック 魚種交替や温暖化の影響で記録的な不漁!イワシの缶詰を代用品にできるか? | shave off mind

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

サバ缶ショック 魚種交替や温暖化の影響で記録的な不漁!イワシの缶詰を代用品にできるか?

ここ数年で何度かのブームを経てすっかり定着したサバ缶ですが、魚種交替や温暖化の影響で記録的な不漁が続き、大手水産食品会社がサバ缶の出荷を一時停止したことで"サバ缶ショック"が起こりました。

安くて美味しく栄養価も高いので庶民の生活には欠かせない存在になりましたが、いつの間にか値上がりしたり姿を消してしまったスーパーも多いです。

サバ缶は天然のサバを加工して作られているので、漁獲量によって品質や生産量が大きく変動します。

サバは傷みやすい食材なので鮮度を保ったまま加工する缶詰と相性がよく、缶詰だからこそサバ本来の旨味を味わいことができます。

鮮魚が不漁によって買えなくなるのは仕方ないですが、サバ缶であれば前もって備蓄しておくことで市場の影響を受けることなく、いつでも美味しいサバを食べることができます。

どうやらサバよりも小さなイワシの群れがサバを追いやったそうで、一時は数を減らしていたイワシがサバの漁場にたくさんいるようです。

サバ缶の代用品としてイワシ缶が注目されていますが、イワシはサバよりも身が小さく缶詰に入っているボリュームが少ないので、サバ缶の感覚で買うと物足りなさを感じます。

またサバ缶と比べて缶詰の種類が少なく、イワシの蒲焼しか置いていないスーパーもあるので、サバの水煮のようなアレンジの利く缶詰は意外と手に入りにくいです。

魚種交替はごく自然に起きることなのでそこまで危機感はないですが、サンマのように何年も戻ってこない状態になると日本の食生活は変わらざるを得ません。

卵や青魚など安くて栄養価の高い食品が気軽に手に入らなくなると、徐々に日本人の食事の質が落ちていくことになります。

ただでさえ日本の漁業は長期的なビジョンが薄く、毎年捕れるだけ捕ってしまおうという意識が強いので、いつ身近な魚が消えても不思議ではありません。

やはり日本は海洋国家なので肉よりも魚の方が馴染みがあり、積極的に食べるべき食材なのでなるべく持続可能な漁業を推進してもらいたいです。

缶詰の備蓄は非常食としての役目だけでなく、常に変動する貴重な天然資源をあらかじめ確保しておくことにも繋がります。

サバよりもイワシが好きな人はイワシ缶の種類が増えた方が嬉しいでしょうし、栄養価もサバに劣らないほど高いので積極的にメニューに取り入れましょう。

もしイワシが不漁になったらイワシを無理に捕るのではなく、イワシ缶を食べて漁獲量を抑えるような仕組みになれば漁場へのインパクトは減るでしょう。

需要に関係なくむやみやたらに捕りすぎてしまうといずれ水産資源が枯渇してしまうので、缶詰は今後も大切な役目を果たすことになりそうです。

缶詰以外のサバはノルウェー産だったり輸入品が多いので、国内の漁業を支えるためにも水産加工業者には頑張ってほしいものです。