シズラー 飲み残した瓶ビールや瓶入り炭酸飲料を保存できる炭酸ストッパー兼栓抜き


via homewetbar.com

外食では当たり前のように注文する瓶ビールや瓶入り炭酸飲料も自宅では買って帰る時や捨てる時に重くて面倒なので缶ばかりという人が多いです。

しかし瓶でしか味わえない絶妙な口当たりや味の違いを求める根強いファンも存在ます。

瓶と缶では中身に違いはありませんが、飲み口の大きさや素材の違いで口に入る前に味が変化するようです。

最近では様々な海外ビールが輸入されそれらの多くは瓶に入っているので再び瓶ビールが脚光を浴びています。

瓶ビールといえば栓抜きが欠かせませんがシズラー(SIZZLER)という道具が昔から使われてきました。

日本利器工業という会社が半世紀以上も前から作り続けているロングセラー商品です。

現行品であるニューシズラーのパーケージは良い意味でレトロな味わいがあり歴史を感じるデザインです。

長い間販売されているので人によっては懐かしい印象を受けることもあるでしょう。

シズラーは栓抜きと炭酸が抜けるのを防ぐためのストッパーがセットになっており、折りたたむとかなりコンパクトになります。

栓抜きの先端にある突起は缶のプルタブなどをこじ開けるのに便利そうです。

ビールなら意外と飲み切れてしまうものですが、炭酸水だと飲み残してしまうことも多いです。

飲み残しの瓶にシズラーで蓋をしておけば、炭酸が抜けていくスピードをある程度遅らせることができます。

炭酸飲料は炭酸が抜けると途端に飲む気がしなくなるほど不味く感じるので、いかに最後まで美味しく飲めるかが重要です。

世間の瓶離れが進むことでこうした優れた道具まで存在が薄れていくのは悲しいことです。

ただし自宅で使うだけでなくそのコンパクトさを活かしてアウトドアへ持ち込めば非常に便利ですし、炭酸飲料を飲む機会が減っているわけではないのでまだまだ需要はあると思います。

瓶の飲み口部と王冠の寸法は規格化されており、ほぼ世界中の瓶に使えるといって良いので瓶がこの世から無くならない限りはずっと使えます。

いわゆるマルチツール的な製品に栓抜きが付いている場合がありますが、もし刃物が付いていると機内持ち込みできません。

シズラーであれば刃物に該当しないので機内持ち込みできるというメリットもあります。

炭酸飲料は一度に飲みきらなければならないという義務感に駆られることなく、ペットボトルなどと同じように蓋をしておけるという安心感を得られます。

たまたま立ち寄ったBARで見かけてから気になって探している人も少なからずいるはず。

裏を返せばそうしたプロユースにも耐えうる日本製を守り抜く姿勢がロングセラーに繋がっている理由でしょう。

一見地味だけど一度使ってみると無くてはならない道具になるのがシズラーの魅力です。