FORE WINDS アウトドアヒーター 廃盤だった名品イワタニ ジュニアヒーターがアップデートされて復活!

アウトドア向けの携帯に適したカセットガスヒーターとして、かつてイワタニ ジュニアヒーターという製品が販売されていました。

岩谷産業は家庭用ガス専用商社であり、カセットボンベやカセットコンロなど圧倒的なシェアを誇ります。

カセットガスストーブとしては同社のマイ暖が有名ですが、片手で持ち運べるとはいえそれなりに大きいので、バックパックの中に入れて持ち運ぶには適しません。

いつの間にかジュニアヒーターが廃盤となり、安価な中華製の類似品が出回るものの火器なので安全性を考えるとおすすめできません。

OD缶であればコールマンの遠赤ヒーターアタッチメントのような製品もありますが、カセットボンベを使用する小型ヒーターの決定版がありませんでした。

しかしイワタニのアウトドアブランドであるFORE WINDSから新たにアウトドアヒーターが販売されたことでこの問題が解決されました。

さすがイワタニだけあって製品の評判もよくサイズの割に温める力が強いので、マイ暖よりも優れているのではないかというレビューもありました。

それもそのはず、マイ暖のガス消費量が約76g/時なのに対してアウトドアヒーターは約92g/時なので非常にパワフルな暖房です。

それぞれ火力調節があるので火力を抑えることで連続燃焼時間を伸ばすことができます。


Photo by FORE WINDS

カセットガスヒーターの特徴としては着火してからすぐに温かくなるので、じわじわと温まる薪ストーブの補助として使う人も多いです。

それほど寒い場所でなればアウトドアヒーターだけでも十分に暖をとることが可能です。

FORE WINDSではジュニアコンパクトバーナーを軽量化させたマイクロキャンプストーブも販売しており、近年かなりアウトドアに力を入れていることがわかります。

石油ストーブだと臭いや灯油の持ち運びに気を使ったり、それなりに重量があるので二輪や徒歩キャンプには持って行きにくいですが、アウトドアヒーターであればカセットボンベを現地調達するという選択肢もあるので使い勝手がよいです。

灯油はガソリンスタンで少量買えるかと言えば断られることも多く店舗によるので燃料調達のハードルに差があります。

防災用としてはカセットコンロと燃料を共有することができ、部屋を暖めるには非力ですがそばに居れば体が温まるので簡易暖房として実用レベルだと思います。

カセットガスヒーターのなかではかなりコンパクトですが、それでもリフレクターが意外と大きく折りたたんでもそれほど小さくならないので、もう一回り小さくなれば言うことありません。

「キャンプ道具」コレは絶対買うべき!イワタニの名作ポータブルヒーターがアップデートされて帰ってきた!FORE WINDS OUTDOOR HEATER ソロキャンプ ULキャンプ キャンプギア