家庭から出る生ゴミを省スペースで分解する装置 培養剤や電気が不要で一定量を処理する方法

家庭から日々出続ける生ゴミを大半の人は何も処理せず燃えるゴミとして処分しますが、水分を多く含んだ生ゴミは焼却炉で燃やす時により多くのエネルギーを消費します。

理想を言えば各家庭で処理するのが一番ですが、電気を使う生ごみ処理機は高価だったり、コンポストを置くような場所がない家庭も多いです。

しかし工夫すればベランダなどの狭い空間でも効率よく生ゴミを処理することができます。

しかも何か特別な道具や材料を用意しなくても、植木鉢やプランターに市販の培養土を入れただけの構成で実現できます。

ゴミ袋も有料で買ったものを使わなければいけない時代に、家庭ゴミの3分の1を占める生ゴミを減らせれば経済的にも助かります。

生ゴミを入れるたびに土を被せていくと生ゴミは処理できても土が増えていかないかと心配になりますが、不思議と熟成された土の体積は減り、何度も繰り返し使うことで土の量が安定します。

一人暮らしであれば植木鉢を縦積みすればかなり狭い空間でも十分な処理能力を確保できそうです。

もしこの方法を各家庭で実践すれば相当な量の生ゴミを削減できそうな気がします。

コンポストで堆肥化しても家庭菜園などをしていないと持て余すので、ただ生ゴミの処理だけを目的とする人でも導入しやすいでしょう。

もちろん熟成された土も栄養豊富なので野菜や草花を植えるとよく育つと思います。

開放型なのでコンポストに比べて水分が抜けやすい構造ですが、底の深い容器や管理が甘いとアメリカミズアブのような虫が湧く可能性があります。

基本的に生ゴミに湧くような虫は人体には無害なので、むしろ分解を促進させるサポート役と考えればそれほど不快ではありません。

例え無害でも一方的に嫌われ、もっと見た目が可愛ければ歓迎されていると思うと人間は身勝手な生き物だと思います。

どうしても虫が嫌なら防虫ネットを被せて対策することで虫のいない環境を作れます。

野菜や果物の皮や芯は人間が食べなくても貴重な有機物であり、ゴミ処理場で燃やしてしまうのは惜しいほど上質な資源です。

自然から距離をおいて生活するとそうした意識は薄れて、使えないもの=ゴミとして破棄するようになりました。

焼却施設の処理能力が上がったとはいえ、毎日大量の生ゴミを燃やすのはあまり合理的とは言えません。

どこにも運ばず燃やさず時間をかけ、最終的には水と二酸化炭素にまで分解されて自然に還すのが一番シンプルで最強ではないでしょうか。

古来より時間をかけて行われてきた分解の過程をすっ飛ばして、短期間で処理することを選んだ時点で歪みが生じてしまいました。

これからはもっと自然の分解力に目を向け、食材の最後を見届ける意味でちょっとだけ手を掛けるような習慣が生まれると家庭ゴミは確実に減るでしょう。

生ゴミを家庭で処理することで生命が土に還る過程を間近で観察でき、何も考えず捨てていた生ゴミを再利用できるのでお手軽かつ優秀な方法だと思います。

生ゴミを消す!