ZEBRAボールペンとシャーペン(日本未発売モデル)のデザインにホレた

公開日: 最終更新日:2014/09/26 [ 約3分で読めます ] EDC (Every Day Carry), ガジェット

zebra1

理想のボールペンとシャーペンを求めて

私は文房具にも興味がありデザインと実用性を兼ね備えたボールペンやシャーペンを求めて探してはいるのですが、あまり納得のいくものに出会えずにいました。

ところが数年前くらいにZEBRA F-701を見つけ、デザインがドストライクだったため、日本で売っていないか調べてみましたが、どうやら日本では未発売らしく、しかたないのでebayで逆輸入したのでした。

ZEBRAは日本の文具メーカーなのに、なぜこのような素晴らしい製品を日本で販売しないのか不思議でなりません。
日本で販売するにはコストがかかりすぎるのか、はたまたデザインが今求められているものとはズレているのか・・・

ペンに求める基準とは

とにかく丈夫

やはり素材がプラスチックものは耐久性にかけます。
金属を使った手荒く扱っても丈夫な作りのものを好みます。

ラバーグリップでない

ラバーグリップは劣化するので長く使っていきたい場合は却下です。
中学生のころドクターグリップが流行っていて、自分も買って使っていましたが、ある日グリップを握ったらベタベタになっていて、使いものにならず捨ててしまいました。
それからというものラバーグリップのものは極力さけています。
私は何時間もペンを握り続けることはまずないので、なおさらソフトなグリップ感は必要ありません。

直線的なデザイン

ボディが曲線状になったデザインをよく見かけますが、どちらかというと直線的なカチッとしたデザインが好きなので選ぶ基準になります。

インクの品質

シャーペンは芯の太さが合っていれば、どこのメーカーの芯も使えるかと思いますが、ボールペンは基本的に同じメーカーのリフィル(替え芯)を使わなければなりません。
どんなにデザインがよくてもインクがしょぼかったら、宝の持ち腐れです。
そういう意味ではZEBRAは日本のメーカーで品質も安定しており、日本未発売の製品でも国内のリフィルに問題なく交換出来ます。
リフィルの入手が困難ではとても実用的とはいえないので、そういう意味でも満足のいく製品です。

zebra2
芯を出した状態で手前から

ZEBRA F-301 Compact Ball Point

ZEBRA Expandz Ball Point

ZEBRA F-701 Ball Point Retractable

ZEBRA M-701 Mechanical Pencil

ZEBRA国内販売品でおすすめのボールペン

これらのちょっとレトロなデザインで実用的なボールペンは今のところ日本では入手困難です。
たまに文房具専門店などで輸入しているところもあるようですが珍しいです。
ebayですと送料もペン1本輸入するには高いので、よっぽど欲しい人でないと買いませんよね。
そこでZEBRA国内販売品で納得のいくボールペンがないか調べました。

ZEBRA F-301 A-BK

ありましたよ、それも激安で(笑)
私の持っているF-301はCompactといてボディを分割して小さく収納するタイプですが、こちらはノック式のスタンダードなやつです。

ゼブラ 油性ボールペン 0.7mm F-301 A-BK 黒

一流メーカーの金属製ボールペンがこの値段で買えるのは凄いですね。
昔は日本でもZEBRA F-301が販売されていたようで、それがF-301Aとして復刻発売されたようです。
一見どこにでもありそうなデザインだけど、探すと意外にどこにもないという、そして飽きのこないデザイン。

車なんかでもそうですが、最近のデザインはどれも似通っており、曲線や丸っこい形状であふれていて今ひとつなんですよね。
なのでせめて自分の手元くらいはカチッとしたデザインを置きたいという、ささやかな抵抗でした。

スポンサーリンク

関連記事

ブレードレスで日本でも持ち歩きやすい LEATHERMAN (レザーマン) Style PS

私はいわゆるマルチツールと呼ばれているものが好きで何種類か持っていますが、LEATHERMAN

記事を読む

ジャグリング

上達しながら楽しく遊べるアナログな小道具まとめ

Photo by Paul L Dineen アナログな遊びの良さ 子供時代には自分でお

記事を読む

クリップを曲げたやつでルーターをリセットする日々

押しにくいボタンを押すために クリップ1本のためにわざわざ記事を書く人はなかなかいない

記事を読む

オスの収集欲をかき立てるノスタルジックなマッチ箱

マッチの火は心を癒す 着火するための道具はライターやファイヤースターターなど何種類か持って

記事を読む

ビクトリノックス(Victorinox) ランブラーとクラシックALの違い

持ち歩くのに最適なサイズ 私はナイフマニアでもビクトリノックスマニアでもありませんが、ビク

記事を読む

鍵型マルチツール(キーツール) そっと鍵束に忍ばせてどこへでも持ち歩きたくなるアイテム

マルチツールを携帯するといざという場面で役に立つことがありますが、普段からいかにもマルチツー

記事を読む

外付けHDDが容量オーバー寸前でファイル消去しても空き容量が増えずフォーマット決行

Photo by Paul Sableman ついに来るべく時が来たという感じで、300G

記事を読む

とあるデザイナー兼企業家の持ち物やインテリアから人となりが見えてくる

他人の持ち物を見るのは楽しい 自分の持ち物をSNSなどにアップしてリアクションしてもらうのが好きだ

記事を読む

【DIY】ペットボトルのキャップと飲み口をつなげて作る防水小物入れ

Photo by Lifehacker ペットボトルを捨てる前に ペットボトルをちょ

記事を読む

CASIO DATA BANK(カシオ データバンク) 電卓やカレンダーなど多機能な腕時計

ウェアラブルの先駆け 携帯電話やスマートフォンの登場によって腕時計の市場はかなり落ち込んでいま

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑