ユースキンAは、かかとの乾燥・ひび割れケアに最適な保湿クリーム

公開日: [ 約2分で読めます ] EDC (Every Day Carry), ガジェット

yuskin-a-1

身近にある最上クラスの保湿クリーム

湿度が下がり空気が乾燥してきて、かかとがカサカサになるシーズンの到来です。母親も似たような症状が現れるのでおそらく遺伝的なものもあるでしょう。

石けんを使わなくてもお構いなしに足の裏は乾燥しやがります。数年前に特に足の裏のケアもせずほっといたらかかとがパックリとひび割れてしまいました。

固くなる柔らかい皮膚までひびが到達していたので、かなり痛みがありました。その時からひび割れる前になるべく保湿クリームなどを塗ってケアしています。

初めの頃は皮膚を薄くする効果のある尿素配合のクリームを使っていました。しかし私の場合はそれほど効果が感じられませんでした。調べてみると尿素によってよけいに乾燥してしまうこともあるそうです。

保湿クリームとしてよいものはないかネットで調べていたら、やたらと評判が良さげだったのがユースキンAでした。そこらの薬局で売っている昔ながらのハンドクリームですが保湿力には定評があるようです。

高価であればよいわけでもなく、消耗品なので価格も安い方がよいのは当たり前です。ハンドクリームだと思っていましたが、かかとケア用の靴下といっしょに販売されていたり、尿素が入っていないので顔パックにユースキンAを使って保湿するという応用法もあるようです。

通称ユースキンパックというらしいです。顔面どころか全身に使えるのでもはやハンドクリームではありませんね。私は男でしかもセルフスキンバリアでコーティングされているので顔パックまではしませんが(笑)

洗顔なんて水で軽く洗い流す程度で健康な肌を保てる

yuskin-a-2

かかと水虫の可能性も

色は黄色味がありカスタードクリームのような感じで思わず舐めたくなります。塗ってすぐは独特のスッとする薬品っぽい香りがします。私はこの香りはわりと好きですが苦手な人もいるでしょう。苦手な人には顔パックなんて拷問ですね。

塗ってもすぐにサラッとしてベタつかず、これがワセリンなどとは違いますね。保湿してもなおカサカサが治らない場合はかかと水虫(角質増殖型白癬)の可能性があります。

これは私にも疑いがあるのですが、普通の水虫と違ってかゆみがないので乾燥したカサカサと見分けがつきにくいそうです。毎年かかとのカサカサで悩まれてるのであれば、一度皮膚科に行ってみた方がよいかもしれません。

自分でチューブタイプを買ったのですが、自宅の薬箱にジャータイプのユースキンAがすでに入ってました。それくらい一般的な保湿クリームなので、やはり長年売れ続けているものにはそれなりの理由があるということですね。


ユースキンA 120g

スポンサーリンク

関連記事

無印良品の霧吹きスプレーで乾燥する季節を乗り切る

実用性を重視する 霧吹きスプレーは年中使っていますが、特にこれから乾燥する季節には欠かせな

記事を読む

Vornado(ボルネード) サーキュレーター 室内の空気を循環させ多目的な用途に使える

我が家では春先から活躍し始めるのがVornado(ボルネード)のサーキュレーターです。 私

記事を読む

ポケットに入れる物をひとまとめに持ち歩ける CHUMS エコ キーコインケース

定期入れがボロボロになったのがきっかけ 長年Suicaなどを入れていた定期入れが使い込んで

記事を読む

寒くなってきたので、今年もハクキンカイロに燃料を入れ使い始めた

寒い季節の主戦力となるか 今日は気温が昼になっても上がらず寒さを感じる日になりました。

記事を読む

JVCケンウッド HA-FX33X-S 重低音に特化したタフなダイナミック密閉型カナルイヤホン

EP-630の後継者探し 2015年5月から使い続けてきたEP-630が2016年の大晦日に呆

記事を読む

Foot Rubz(フットラブズ) アウトドアやスポーツ後のフットケア用に開発された足裏マッサージボール

足裏マッサージの決定版 Foot Rubz(フットラブズ)はアウトドアやスポーツなど足裏の筋肉

記事を読む

BiCライター フランス自国生産を守り抜く高品質な使い捨てライター

使い捨てライターと呼ぶには失礼な品質 私が持っている着火用具はライターをはじめマッチ・ファ

記事を読む

ビクトリノックス(Victorinox) キャンパーBKとファーマーALの違い

実用的なサイズ ビクトリノックスのなかでも最もオーソドックスで実用的なサイズで、私はオフィサー

記事を読む

Punkt. MP 01 ジャスパー・モリソンが手掛ける究極のミニマリスト携帯電話

Photo by Punkt. 総務省が公表している2014年(平成26年)のICTの利用

記事を読む

高城剛 LIFE PACKING2.1 未来を生きるためのモノと知恵 3年半で何を取捨選択したか

Photo by Rev Stan 高城剛さんの著書のなかでも特に人気のあるのがLIFE

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑