横浜にある建築家・保坂猛の自宅 屋内でもなく屋外でもない家 LOVE HOUSE

yokohama-narrow-tiny-house-1
建築家の自宅というと何にも縛られずに自分が本当に住みたいと思う家を作ると思います。

そこには建築家のこだわりや仕事で培ってきた経験が詰まっており興味深いものです。

建築家の保坂猛(ほさか たけし)さんはわずか幅3m・奥行10mの敷地に建てられた木造2階建ての自宅に夫婦で暮らしています。

パッと見た印象は四角い白い箱のような極めてシンプルな外観でいかにもデザイナーズハウスという感じがします。

yokohama-narrow-tiny-house-2
玄関を開けるといきなり2階へと続く階段が現れ、わずかにスロープを描きながら登っていきます。

yokohama-narrow-tiny-house-3
階段を上っていくとこの家で一番特徴的な木が家の中に植わっています。

この建築の凄さはこれだけ限られたスペースなのに、あえて木を植えて屋根もなく雨や風が入る構造にしてあることです。

普通はいろいろ出来る限り敷地内にめい一杯詰め込みたくなりますが、余白を残すことで狭さを感じさせず安らぎを与えてくれる空間になっていると思います。

屋内でもなく屋外でもない』をコンセプトとした自宅であり作品なので、どこかこの空間だけ外部から遮断されゆっくりとした時間が流れているような気がします。

yokohama-narrow-tiny-house-4
キッチンやシャワーなど狭いなりにも必要な設備は整っており、生活のしやすさもしっかりと考慮されています。

yokohama-narrow-tiny-house-5
トイレのドアが便器につかえて完全には開きませんが、こういうものだと慣れてしまえば特に使いづらさは無いのかもしれません。

yokohama-narrow-tiny-house-6
通路も自分の肩幅と同じなので通るときもギリギリです(笑)

yokohama-narrow-tiny-house-7
寝室もこのスペースに夫婦で寝るので決して広いとは言えません。

yokohama-narrow-tiny-house-8
シンボルの木にはいつからかバッタが何匹も住み着き、毎年卵を産んで世代交代しながら共生しているようです。

yokohama-narrow-tiny-house-9
建築家でお金に不自由なわけでもない立場の人間がこうして極小住宅に住む理由とは何なのでしょうか?

他の作品を見てもシンプルだけれど細部まで計算されているはずなので、自宅においてもそれを貫き通している感じを受けました。

このような建築に遭遇すると狭いことは決してデメリットばかりではなく、アイデアが湧き出す源泉にもなるのだと実感しました。

Takeshi Hosaka Architects