横浜にある建築家・保坂猛の自宅 屋内でもなく屋外でもない家 LOVE HOUSE

公開日: [ 約2分で読めます ] シンプルライフ

yokohama-narrow-tiny-house-1
建築家の自宅というと何にも縛られずに自分が本当に住みたいと思う家を作ると思います。

そこには建築家のこだわりや仕事で培ってきた経験が詰まっており興味深いものです。

建築家の保坂猛(ほさか たけし)さんはわずか幅3m・奥行10mの敷地に建てられた木造2階建ての自宅に夫婦で暮らしています。

パッと見た印象は四角い白い箱のような極めてシンプルな外観でいかにもデザイナーズハウスという感じがします。

yokohama-narrow-tiny-house-2
玄関を開けるといきなり2階へと続く階段が現れ、わずかにスロープを描きながら登っていきます。

yokohama-narrow-tiny-house-3
階段を上っていくとこの家で一番特徴的な木が家の中に植わっています。

この建築の凄さはこれだけ限られたスペースなのに、あえて木を植えて屋根もなく雨や風が入る構造にしてあることです。

普通はいろいろ出来る限り敷地内にめい一杯詰め込みたくなりますが、余白を残すことで狭さを感じさせず安らぎを与えてくれる空間になっていると思います。

屋内でもなく屋外でもない』をコンセプトとした自宅であり作品なので、どこかこの空間だけ外部から遮断されゆっくりとした時間が流れているような気がします。

yokohama-narrow-tiny-house-4
キッチンやシャワーなど狭いなりにも必要な設備は整っており、生活のしやすさもしっかりと考慮されています。

yokohama-narrow-tiny-house-5
トイレのドアが便器につかえて完全には開きませんが、こういうものだと慣れてしまえば特に使いづらさは無いのかもしれません。

yokohama-narrow-tiny-house-6
通路も自分の肩幅と同じなので通るときもギリギリです(笑)

yokohama-narrow-tiny-house-7
寝室もこのスペースに夫婦で寝るので決して広いとは言えません。

yokohama-narrow-tiny-house-8
シンボルの木にはいつからかバッタが何匹も住み着き、毎年卵を産んで世代交代しながら共生しているようです。

yokohama-narrow-tiny-house-9
建築家でお金に不自由なわけでもない立場の人間がこうして極小住宅に住む理由とは何なのでしょうか?

他の作品を見てもシンプルだけれど細部まで計算されているはずなので、自宅においてもそれを貫き通している感じを受けました。

このような建築に遭遇すると狭いことは決してデメリットばかりではなく、アイデアが湧き出す源泉にもなるのだと実感しました。

Takeshi Hosaka Architects

スポンサーリンク

関連記事

Occupy Wall Street

シンプルライフはマイノリティ(社会的少数派)なのか

Photo by David Shankbone 先進国で生まれた価値観 シンプルライフ

記事を読む

alan-watts

アラン・ワッツ 生誕100周年 タブーを解き明かし自分らしく生きるための哲学

Photo by @AlanWattsDaily Alan Watts(アラン・ワッツ)は

記事を読む

ショッピングカート

ネットでポチる衝動買いを防ぐための効果的な方法

シンプルライフを実践していてもAmazonや楽天で思わず購入ボタンをポチりたくなる衝動にから

記事を読む

tiny-apartment-in-paris-1

パリの小さなアパートの一室をリノベーションしたシンプルライフ向け住居

生活道具をクローゼットの中に凝縮 パリのとある小さなアパートの古びた一室をリノベーションしたら、と

記事を読む

tebajima-project-1

出羽島プロジェクト お金のいらない島(国)でギフト経済は実現するのか?

Photo by とくしまグリーン・ツーリズム お金が支配する社会からの脱却 現代社会で

記事を読む

shabondama-sekken-1

シャボン玉石けん 浴用 無添加石けん選びは結局ありふれたものに落ち着いた

湯シャンはいまだに継続中で特に問題なく過ごせていますが、体も極力洗わないようにしています。

記事を読む

525-dollars-house-4

525ドルで買えるマイホーム!? ポーランドの建築家がデザインしたコンパクトハウス

via Culture.pl ポーランドの建築家Aleksander Kawiński(ア

記事を読む

nannimonai-drama

整理整頓コメディー・わたしのウチには、なんにもない。 ゆるりまい原作コミックエッセイがドラマ化

Photo by なんにもないぶろぐ ゆるりまいさん原作の人気コミックエッセイ『わたしのウ

記事を読む

mens-wardrobe-10items

ワードローブ構築に役立つ基本10アイテム【メンズ編】

Photo by CapitalBedrooms.co.uk 服はたくさん買うけど実際に着

記事を読む

living-in-a-van-01

仕事を辞め8000ドルで買った中古キャンピングカーに乗り旅する男

via Yahoo! Homes 車内で過ごす一日 仕事を辞め旅に出た 車

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. 匿名 より:

    自分たちさえよければいい家。
    周囲との調和を完全に無視してる。

    • Coro より:

      日本では都市計画という観点が欠けているので、
      それぞれ好き勝手に家を建てられる状態ですね。
      それが良いのか悪いのかは微妙なところですが。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑