息を呑むほど美しい自然と映画に魅せられた青年が撮影した映像作品 Story of a Nomad

公開日: [ 約2分で読めます ] アウトドア

wolfram-arents-1

Story of a Nomad from Wolfram Arents on Vimeo.

ヨーロッパ三大港湾のひとつベルギー・アントワープ(アントウェルペン)在住のReinout(Wolfram) Arentsさんが制作した映像作品『Story of a Nomad』はドローンなど駆使して臨場感のある映像作品に仕上がっています。

Arentsさんはアウトドア映画製作者/写真家およびグラフィックのデザイナーとしてまだ駆け出しの状態ですが、もともとアウトドア好きというわけではなく、どちらかというと部屋に篭りがちで将来の夢も特にない青年でした。

そんなArentsさんの人生を180度変えてしまうような出来事が起こりました。

Into the Wild(イントゥ・ザ・ワイルド)』という裕福な家庭に育った主人公がすべてを投げ出してアラスカの大地を旅する実話を元にした青春物語ですが、たった1本の映画によって自然や写真や映像の魅力に目覚めてしまったのです。


イントゥ・ザ・ワイルド [DVD]

初めて人生の大きな目的が見つかってからの行動力は目覚ましく、映画を見てから即アラスカへ行くこと決めて親に説明し、2~3週間後にはアラスカ行きの航空券を買おうと決心するほどのスピード感です。

旅に必要なバックパックなどの道具やアラスカガイド、そしてGoProなどの撮影機材をそろえてアラスカへ旅立ちました。

wolfram-arents-2
Story of a Nomadもアラスカで撮影された映像化と思いましたが、ヨーロッパっぽい山並みだなと思いました。

映像の途中で出てくる地図の場所を解析したところ、どうやらドイツ南東部のオーストリア国境付近にあるケーニヒス湖とその周辺であることがわかりました。

アラスカに魅せられたとはいえ拠点はあくまでヨーロッパだということでしょう。

空中から見下ろした映像はドローンか何かを飛ばして撮影していると思われます。

最近ではドローンを使用した目新しい映像が個人でも低コストで撮影できる時代になり、アイデア次第でプロ顔負けの映像作品を作れるようになりました。

この業界は特別な資格は必要なく自称プロと名乗ってしまえば通用しなくもないので、プロとアマチュアの境界線があまりハッキリしませんね。

Arentsさんは現在ベルギーの映像系の大学で勉強しており、それと並行して個人での活動も行っていくのではないでしょうか。

2017年にはカナダやパタゴニアを旅する予定だそうで期待しています。

Wolfram Arents

wolfram-arents-3

スポンサーリンク

関連記事

サファリハットで真夏の強い日差しや紫外線から頭部や首まわりを保護する

頭部を保護する目的の帽子 私は普段あまりファッションとして帽子を被ることがなく冬場に防寒として

記事を読む

手ピカジェル 除菌・消毒する携帯用ハンドサニタイザーの意外な使い方

日本ではあまり馴染みのないハンドサニタイザーを携帯するという欧米の文化。 そもそも携帯でき

記事を読む

アウトドアブランドのロゴTシャツはデザインだけでなく機能面でも優れている

Photo by Outdoor Gangster 毎年のように耐え難い猛暑になる日本の夏

記事を読む

東京都西多摩郡の魅力 首都にある自然豊かな田舎の風景

Photo by Guilhem Vellut 東京都の西側に位置する西多摩郡は瑞穂町(み

記事を読む

Kingii(キンジー) ライフジャケット(救命胴衣)よりも使い勝手の良さそうなリストバンド型救命具

腕に付けるだけの簡単で利便性が高い救命具 Kingii(キンジー)は水難事故を防ぐポータブル浮

記事を読む

eBayで買った怪しげな中国直送ファイヤースターターの実力を検証する

以前Amazonで100円前後で売られているファイヤースターターの検証を行いましたが、今回はeB

記事を読む

手動の鉛筆削りで枝をガリガリ削って作った火口に着火させる

鉛筆削りといえば電動のものから手動でハンドルを回して削るもの、それから子供のころよく使った指先に

記事を読む

マヨネーズとスルメのベストコンビは非常食としても最高の組み合わせ

Photo by Girls Channel アウトドアで特に人里から離れて活動する登山や

記事を読む

アメリカの雄大な自然の中でのんびり釣りできるフィッシングシミュレーター Fishing Planet

基本無料でプレイできる釣りゲームFishing Planetが先月リリースされ、まずまず

記事を読む

パタゴニア Worn Wear 思い出のモノは使い続けることでストーリーが蓄積されていく

Worn Wearとは直訳すると使い古した服というような意味ですが、パタゴニアの経営理念として古

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑