Wekey Pocket 極限まで薄く100グラムを切る軽さの折りたたみキーボード

公開日: [ 約2分で読めます ] EDC (Every Day Carry), ガジェット

wekey-pocket-1
普段ブログの記事をノートパソコンで書いていますが、スマホもあることだし極薄で折りたためるキーボードをいっしょに持ち運べば出先でもブログ更新が可能かなと思いました。

IndiegogoというクラウドファンディングでWekey Pocketというキーボードが資金調達を行っており、それがまさに極限まで薄い理想的なキーボードなのです。

Wekey Pocket: the Pocket-sized Wireless Keyboard

クラウドファンディングによってこうしたアイデアが次々と生み出され具現化しやすい時代になりました。

タブレッドのタッチキーボードでも文章は書けますが、やはり長文を書くにはキーボードに勝るものはありません。

これだけ薄いのにバッテリーが2ヶ月以上も持ち、実用的にも優れたキーボードだと思います。

wekey-pocket-2
薄さわずか6mmで100gを切るでもしっかりとキーボードの打ち込み感が味わえるのは素晴らしいですね。

折りたたまないキーボードだとどうしてもかさ張るので、そこまでして持ち歩く必要があるのかという気持ちになりますが、これだけコンパクトであれば邪魔にならずに済みます。

荷物を切り詰めたアウトドア環境においても持って行く気になるキーボードというのはかなり革新的な製品になりそうですが、さらに防水性もあるので野外でも安心して文章が書けそうです。

もちろんタブレットと組み合わせれば画面をタッチキーボードに占拠されることなく広々と使うことができます。

wekey-pocket-3
技術の発達でどんどん小型軽量化されていき、そのうちディスプレイもシート状に丸めて持ち運べる時代が来るかもしれません。

スマホくらいの大きさで高性能パソコンを持ち歩ければどこでも仕事や作業ができそうです。

文明が発達して暮らしは自由になるかと思いきや逆に作業時間が増えていることを考えれば、そろそろ人類は時間と場所の制約から解放されるべきではないでしょうか。

毎日オフィスに通勤して夜遅くまで黙々とデスクワークというのは健康的ではありません。

蛇足になりましたがどこでもオフィスという考え方が世の中に広まれば、もっと人間らしく働きやすい環境が整ってくるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事

GENTOS(ジェントス) EX-777XP ロングセラーの暖色LEDランタン

東日本大震災を機に非常時の照明を探していたところ、このLEDランタンに出会いました。LEDラ

記事を読む

鍵型マルチツール(キーツール) そっと鍵束に忍ばせてどこへでも持ち歩きたくなるアイテム

マルチツールを携帯するといざという場面で役に立つことがありますが、普段からいかにもマルチツー

記事を読む

ブレードレスで日本でも持ち歩きやすい LEATHERMAN (レザーマン) Style PS

私はいわゆるマルチツールと呼ばれているものが好きで何種類か持っていますが、LEATHERMAN

記事を読む

zebra2

ZEBRAボールペンとシャーペン(日本未発売モデル)のデザインにホレた

理想のボールペンとシャーペンを求めて 私は文房具にも興味がありデザインと実用性を兼ね備えたボー

記事を読む

CASIO(カシオ) WSD-F10 アウトドア向けのタフな高性能スマートウォッチ

CASIO(カシオ)の大本命となるスマートウォッチWSD-F10がついにお披露目されまし

記事を読む

【DIY・工作】連射できる輪ゴム鉄砲の作り方 夏休みの自由研究にもぴったり

私は割り箸鉄砲を子供のころに作った経験があり、身近な物だけで作れるので昔作ったという人は

記事を読む

ビクトリノックス(Victorinox) キャンパーBKとファーマーALの違い

実用的なサイズ ビクトリノックスのなかでも最もオーソドックスで実用的なサイズで、私はオフィサー

記事を読む

寒い季節の部屋着として地位を確立したミリタリーパーカー

あなたは部屋着にどんなものを着ていますか?流行を追いかけすぎてちょっと外へ着ていくには恥ずか

記事を読む

CASIO A168WA-1 実用品として最高レベルのコスパと機能と耐久性が備わった腕時計

チープカシオ(チプカシ)の沼は深い 先日ついにこれぞチープカシオと呼べる腕時計を手に入れました

記事を読む

Vornado(ボルネード) サーキュレーター 室内の空気を循環させ多目的な用途に使える

我が家では春先から活躍し始めるのがVornado(ボルネード)のサーキュレーターです。 私

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑