飲料水を持ち歩くための水筒3つと小さく潰せるペットボトル

公開日: 最終更新日:2014/11/27 [ 約4分で読めます ] EDC (Every Day Carry), ガジェット

水筒1
人は水を飲まなければ生きていけません。大人が1日のなかで食事以外に飲料水を1.5リットル以上は飲んだ方がよいとされています。もちろんお茶やジュースでも水分補給できますが、水をしっかりと補給することが基本です。

生命活動における水の重要性は喉がカラカラのときに飲む水の美味さに凝縮されています。体内が脱水気味だと粘膜の活動が鈍くなり、雑菌やウイルスが体内に侵入しやすい状態になり、病気にかかりやすくなります。

あまり身体を動かさなくても呼吸や汗で常に水分が失われているので、3日も水分を取らないと生きていけません。私はそんな生命維持に必要な水を普段からなるべく持ち歩くようにしています。

飲料水を水筒に入れ持ち運ぶ

どこでもミネラルウォーターが手に入り、蛇口をひねれば新鮮な水が飲める日本ですが、コスパや水の美味しさを考えるとやはり自宅から水筒へ入れて持ち歩くのが一番です。

私はポット型浄水器で濾過した水道水を水筒へ入れ持ち歩いています。普段からわざわざミネラルウォーターを買って飲むより経済的で、肌にあった地元の水が飲めるので満足しています。

それでは日ごろ使っている水筒について順番に紹介していきたいと思います。

CAMELBAK(キャメルバッグ) ポディウム ビッグチル ボトル 0.75L

一番使っているのがCAMELBAKのサイクリングボトル。飲み口が吸ったり本体を押さないかぎり漏れません。ロックをかけると押しても漏れません。

フタを外して飲む、飲んでフタをするという行動をショートカットできるので飲みたいときにすぐ飲める安心感があります。またある程度の保冷効果もあるので、水を冷たい状態でキープできます。夏場の暑い日でも十分な容量があるので、こまめな水分補給が可能です。


CAMELBAK(キャメルバック) ポディウム ビッグチル ボトル 0.75L クリムゾン

nalgene(ナルゲン) 広口1.0L Tritan

ご存じアウトドア好きから絶大な信頼を得ているナルゲンボトルです。軽量・丈夫・漏れない・臭わない・耐熱・耐冷・洗いやすいといかなる環境にも耐えられる実用性があります。

夏はキンキンに氷らせれば1日中冷たい水(結露はすごい)が飲め、冬は熱湯を入れて湯たんぽ代わりになります。広口で洗いやすいのでナルゲンボトルだけは、水以外のお茶やらスポーツドリンクなども入れます。

キャンプに持って行くなら米やパスタなんかを入れるのもよいと思います。しっかりと密閉するのでまず中身が漏れることがありません。また外からの臭いも移りにくいです。確実に中身を持ち運びたいときには、ナルゲンボトルは欠かせない道具となります。


nalgene(ナルゲン) 広口1.0L Tritan ブルー

Vapur Eclipse 700ml

デザインと独特の性能が気になり買ってしまいました。クルクルと畳めるので、3つのなかでは一番コンパクトに収納できます。

一見すると薄っぺらくてすぐに破けてしまいそうですが、海外のレビュー動画でガタイのよい兄ちゃんがおもいっきり踏んづけても大丈夫だったのでそれなりに頑丈なつくりになっています。

本体にはカラビナが付けられており、ぶら下げるのに便利なほか畳んだ本体を引っかけ固定する役目もあります。

水筒2

左側のクチャクチャに潰してあるのはい・ろ・は・すのペットボトルです。驚くほど薄いので簡単に手で潰せます。それを売りにしているので当たり前ですが、水を持ち運ぶにはこれ以上ないほど軽量である程度の強度を持っています。

さすがに繰り返し使うことを想定して作られていませんが、数回の使用であれば耐えてくれるのではないかと思います(※責任はとりません)Vapur Eclipseもかなりコンパクトですが、それ以上に小さくなりウルトラライトな装備で登山するなら選択肢に入ります。

ただしあくまでペットボトルなので、高所での使用は破裂する恐れがあるので注意しましょう。普通のペットボトルなら富士山でも大丈夫ですが、い・ろ・は・すでも耐えられるのかは不明なので念のため。


ヴェイパー アンチボトル Eclipse 700ml ナイトブルー


I LOHAS(い・ろ・は・す) 555ml×24本

まとめ

水筒について紹介してきましたが、私は温かい飲み物を持ち歩くことはほとんどありません。温かい飲み物の温度を保つために魔法瓶を使えば可能ですが、飲み終わってから重い金属の空瓶を持ち歩くのは嫌なので、軽量ボトルに水を入れて水分補給はそれで済ませます。

もし温かい飲み物が飲みたければカフェに寄ったり、自販機で買える飲み物で十分です。およそ1リットル弱のボトルを持ち歩くようにすれば、自分が今日どの程度水を飲んだか目安になります。こまめに真水を補給することで体調もよくなるので、水分が不足しがちな現代人は積極的に水を飲んでデトックスしましょう。

スポンサーリンク

関連記事

CASIO DATA BANK(カシオ データバンク) 電卓やカレンダーなど多機能な腕時計

ウェアラブルの先駆け 携帯電話やスマートフォンの登場によって腕時計の市場はかなり落ち込んでいま

記事を読む

ビクトリノックス(Victorinox) ランブラーとクラシックALの違い

持ち歩くのに最適なサイズ 私はナイフマニアでもビクトリノックスマニアでもありませんが、ビク

記事を読む

スリングショット(パチンコ)の進化形 ポケットショット ペットボトルとゴム風船で自作も可能

via thepocketshot.com 狩猟の自由は誰にでもある スリングショッ

記事を読む

soylent

完全栄養食Soylent(ソイレント)で食事の習慣から解放されるか

もし一つの決められた食品だけで1日の栄養を摂取できたなら。 人口増加による食糧危機が危ぶま

記事を読む

charge battery

充電バッテリーの落とし穴、良い製品を使い続けられないもどかしさ

Photo by Ashley Sturgis ロングユースを切り捨てた製品 私は昔から

記事を読む

ストローを加工して極小の防水ケースが簡単に作れる

用意するもの ストロー 普通のストローでも十分ですが、直径が太いほどより多くのモノを入れ

記事を読む

zebra2

ZEBRAボールペンとシャーペン(日本未発売モデル)のデザインにホレた

理想のボールペンとシャーペンを求めて 私は文房具にも興味がありデザインと実用性を兼ね備えたボー

記事を読む

中山式快癒器 4球式 電池や電源いらずで押圧できる背中・腰用マッサージ器

日焼けして少し黄色味がかっていますが、背中や腰に負担がかかる生活には無くてはならない物です。

記事を読む

東芝のラジオ

音質がよくて感度もそこそこな 東芝 AM/FMラジオ TY-KR3

私は東日本大震災が起こって以来、ポータブルラジオをいつもバッグの中に入れて持ち歩いています。ポー

記事を読む

無印良品の霧吹きスプレーで乾燥する季節を乗り切る

実用性を重視する 霧吹きスプレーは年中使っていますが、特にこれから乾燥する季節には欠かせな

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑