バッグに入れて持ち運べるほど小型で軽量な電気自動車 WalkCar

公開日: [ 約2分で読めます ] ガジェット, ミニマリズム

walkcar-1

日本発の小型電気自動車

一人乗りの小型電気自動車といえばセグウェイが有名ですが、それよりも圧倒的に小型で軽量の乗り物を日本の企業が生み出しました。

WalkCarを開発したのはcocoa motors.株式会社 (ココアモーターズ)という2013年に設立されたばかりの企業で、代表の佐藤国亮(さとう くにあき)さんが大学院を卒業してソフトバンクで働いた後に立ち上げました。

walkcar-2
重さはわずか2~3kgでノートパソコンのように薄くてバッグにも難なく入れて持ち運べるサイズです。

類似品はいくつか存在しますが、ここまで薄くてコンパクトな乗り物は世界最小ではないでしょうか。

walkcar-3
上に乗ると感圧式でおよそ10kmの速度で移動します。セグウェイはしっかりとした持ち手がありますが、WalkCarはまさに板の上に乗ってるだけの状態になります。

walkcar-4
ブレーキがついていないので不安になりますが、降りると自動で停止するのでこれがブレーキの役目を果たします。スケボーのように前方へ転がっていく心配もありません。

walkcar-5
これだけ小型なのにかなり馬力があるようで台車に重い荷物を乗せた状態でも軽々と坂道を登ることが出来ます。見た目とは裏腹にかなり実用的な電気自動車です。

walkcar-6

楽をすれば失うものもある

運動不足になりがちな現代社会で貴重な歩行時間をさらにWalkCarによって奪われるのはどうかと思いますが、介護などの分野で車イスを押したり、足の悪い人が立つだけで負担をかけずに遠くまで散歩できたりといろいろな可能性を見出せます。

移動速度としてはセグウェイの20kmには及びませんが、立ったまま人がランニングするくらいの速度が出て上り坂や多少の段差もOKなWalkCarは今後普及する可能性を秘めています。

価格も未定ながら800ドルと予想され、本当にノートパソコンを買うような感覚で電気自動車が手に入る時代になりそうです。

セグウェイが中古でも50万前後することを考えると、WalkCarはより手の届きやすい乗り物として地位を確立していければよいですね。

ただ運動不足の人は歩いたり自転車漕いだりミニクルーザーに乗ったりと足腰を使った方が健康的な気がします。

ミニクルーザーが生活圏のスマートな移動手段として普及してほしい

WalkCarは2015年の10月から予約販売開始なので、もし売れまくるようなことがあれば秋から乗ってる人を見かけるかもしれません。

WalkCar|COCOA MOTORS.Inc.

スポンサーリンク

関連記事

ハクキンカイロ 2シーズン目を終えての使用感など

本格始動したつもりが微妙な使用頻度 2シーズン目のハクキンカイロですが、去年の11月から2度目の秋

記事を読む

エアストリームなどアルミ合金のキャンピングトレーラーはなぜ人を惹きつけるのか

via Cool Material メタリックな質感が好き 普段からキャンピングカーや可

記事を読む

CASIO A168WA-1 実用品として最高レベルのコスパと機能と耐久性が備わった腕時計

チープカシオ(チプカシ)の沼は深い 先日ついにこれぞチープカシオと呼べる腕時計を手に入れました

記事を読む

3Dプリンターで作られたモダンなデザインのチェスセット

Photos by "Elemental" Chess Set 3Dプリンターの可能性

記事を読む

JVCケンウッド HA-FX33X-S 重低音に特化したタフなダイナミック密閉型カナルイヤホン

EP-630の後継者探し 2015年5月から使い続けてきたEP-630が2016年の大晦日に呆

記事を読む

Vornado(ボルネード) サーキュレーター 室内の空気を循環させ多目的な用途に使える

我が家では春先から活躍し始めるのがVornado(ボルネード)のサーキュレーターです。 私

記事を読む

100%再生可能なダンボールで作られたスタンディングデスク Refold

Refold – So much more than just a desk &n

記事を読む

科学の力で動く!?おしゃれなサイエンス・インテリアの世界

普通のインテリアに物足りなさを感じていたら、ひと味違った科学の力を利用したインテリアグッズはいか

記事を読む

サラリーマンが規則正しく行動するミニマルな風刺動画

大衆のなかで孤立する ドイツで活動するミニマルテクノユニットBrandt Brauer F

記事を読む

ニュージーランドの新しい国旗デザイン案の中でも注目を集めている Red Peak

via A New Zealand Flag 一筋縄ではいかない国旗選考 ニュージーランドの

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑