Google アナリティクスのレポートから訪問者の傾向を分析してみる

公開日: [ 約5分で読めます ] その他

visitor-analysis

8ヶ月間の道程

昨年の9月17日に初投稿して以来まる8ヶ月が経過しました。2~3ヶ月もするとネタ切れを起こして記事を書くのが大変でしたが、そこから振り絞って書き続けることが大事だという記事を読んだおかげで乗り切れました。

これからブログを頑張ろうと思う人へ。まずは三ヶ月毎日書く。話はそれからだ。

今年に入っては更新ペースも落として無理のないよう心がけていますが、おかげさまで少しずつアクセスは増えています。

人気ブログランキングブログ村にサイト開設当初は参加していましたが、今はバナーを貼っていません。

どうなったかというと特にアクセス数が落ちることもなく少しずつ増えています。Twitterでこちらからフォローすることも減りましたし、他のサイトの企画に便乗することも控えています。

ソーシャルメディアで爆発的に拡散された記事もありませんし、おそらく2ケタもリツイートされた記事は今のところ無い気がします。

ただ黙々と記事を書き続けて検索エンジンに引っかかりながら少しずつ成長を続けています。

独自ドメインは検索エンジンに評価されるまでが大変ですが、ある程度認知されてくると様々な検索キーワードでアクセスが増えてきます。

評価については小難しいことは考えず、訪問者が納得する内容で真面目に運営されているサイトであるか気をつければよいでしょう。

Google Analyticsから訪問者データを調べる

当サイトではこれまで今月はいくら稼いだとか、アクセスがどのくらい集まったとかいう内容はあえて記事にしてきませんでした。

なぜそういった記事を書かなかったかというと私と同じようにブログなどを運営している人以外にはそれほど重要でない情報だと判断したからです。

しかし収益やアクセス数以外のもっと面白そうなデータが無いかというと実はあります。Google Analytics(グーグル アナリティクス)というアクセス解析でサイト訪問者の傾向が詳しくわかります。

当然ながらサイト開設当初からGoogle Analyticsのタグは埋め込まれているので、8ヶ月も経つとそれなりに情報が集積されてきました。

レポートされているデータをもとに訪問者がどういった傾向にあるのかという内容なら、それなりに面白そうだなと思い記事にすることに決めました。

サイト運営するうえで大切なのが訪問してくれるターゲットを明確にすることです。いわゆるペルソナという架空の人物を設定してそのペルソナに合ったサイトになるよう最適化していきます。

どういった年齢・性別・趣向の人たちに自分のサイトを見てもらいたいか。これを意識しているかしていないかでまったくサイトの質が変わってきます。

あなたの年齢

visitor-analysis-2
shave off mindについては具体的なペルソナは設定していません。これがマーケティングを主体とするサイトだと綿密に作成する必要がありますが、あくまで趣味のコンテンツなので適当です。

データを分析すると25~34歳が多く次いで35~44歳が多いという結果になりました。ペルソナは決めていませんでしたが同年代に向けて発信している感じが強いので、意図せずとも近い年齢層が多く訪問してくれているようです。

あなたの性別

visitor-analysis-3
およそ男性7割女性3割でした。シンプルライフ系は女性向きな傾向にあるので筆者が男性であるにも関わらず、女性の比率は多めではないでしょうか。

使用ブラウザ

visitor-analysis-4
かつて圧倒的なシェアを誇っていたIEも今や見る影もありません。SafariはつまりApple製品からのアクセスですね。iPhoneをはじめiPadMacBookユーザーもSafariを使っているので群を抜いて多いです。

モバイルデバイス

visitor-analysis-5
本当にみんなApple大好きですね(笑)モバイルからのアクセスのうち6割以上がApple製品ですから驚きです。まあ今のiPhoneのスマホシェアがおよそ6割弱なので比率的には合致しますが。

新規とリピーター

visitor-analysis-6
これはそれほど気にしていませんが、新規とリピーターそれぞれ半分くらいがバランスの良いサイトと聞いたことがあります。

サイトの内容にもよるので何とも言えませんが、まだまだリピーターが増える余地はあると思うので運営を続けていくと変化が現れてくるのかもしれません。

ペルソナ作成

解析データを元にあえてペルソナを作成すると、東京都在住のアラサー男性でiPhoneユーザーのサラリーマンということになります。

visitor-analysis-7

後づけで母数が多いものをただ羅列しただけなのでペルソナとしては弱いですが、訪問者のイメージが湧きやすくなるので無駄ではありません。

アラサーだとおそらくサラリーマンが多いと想像して設定しただけで、アクセス解析でそこまで筒抜けな情報までは得られません。

なぜ年齢や性別までわかるのか謎ですが、Googleアカウントやモバイル端末から抜き出しているのでしょうか。

まとめ

アクセス解析からデータを分析したことで色々なことがわかりました。

スマホで最も多く閲覧されていること。直帰率がやや高くサイト滞在時間も低下していること。アクセスは徐々に増加していることなど手に取るようにわかるのでアクセス解析は入れておきべきです。

シンプルライフ系よりもファッションやガジェット系の方が読まれている事実。

雑多なサイトならではの悩みですが、これからも基本的には書きたいことを書いていくだけなので特に変化はありません。

私がサイト開設した後に生まれ、私のサイトよりも早くに消えてしまったサイトも数多くあるでしょう。その違いは続けているか何らかの理由で止めてしまったかです。

一度書いた記事はサーバーに残っていればいつまでも見られますが、検索エンジンは情報の鮮度も評価するので将来的には埋もれてしまう可能性が高いです。

特に有益な情報を発信しているサイトこそ、年に一度でもよいのでメンテナンスをしてほしいと思います。

スポンサーリンク

関連記事

筋トレと体幹トレーニングを地味に続けたら8kgほど体重が落ちた

Photo by Feed My Starving Children (FMSC) ウエストを

記事を読む

昔懐かしいフィルムケースの使い道

フィルムカメラと共に姿を消す 机の引き出しを漁っていたら何だか懐かしいものを発見しまし

記事を読む

ひろゆき(西村博之)がお金の使い方やお金持ちになってわかった事などを語る

2ちゃんねるを開設し瞬く間に巨大なコミュニティを作り上げたひろゆき(西村博之)さんがお金について

記事を読む

Twitterの片思いフォローを整理してタイムラインの流れを緩やかにする

片思いのフォローを外す shave off mindも開設当初からTwitter(@sha

記事を読む

恐怖に翻弄される人生は自らの可能性を狭めている

恐怖心を煽るもの 現代社会は恐怖というものが常に付きまとい人間の行動の大半は恐怖心によって

記事を読む

かつて農耕民族だった日本人が群集心理から巣立つ時

Photo by born1945 人類は農業によって土地に留まり定住することが可能になっ

記事を読む

Amazon(アマゾン)が注文金額2,000円以下の配送料を有料化したことによる影響

Photo by Stephen Woods Amazon(アマゾン)の転換期 先日

記事を読む

お正月の行列と福袋について

Photo by Dick Thomas Johnson 初詣の行列 お正月の元旦は

記事を読む

【ASMR】日本の職人技が光る洗練された仕草を撮影した動画 GarraStyle

ASMRについて ASMRとはAutonomous Sensory Meridian Resp

記事を読む

お金は気づかれずに大切な成功・失敗体験の機会を奪っている

お金が流通した社会ではお金を支払うことで商品を購入したり、サービスを受けたりして大量の物を持ち運

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑