ビクトリノックス(Victorinox) キャンパーBKとファーマーALの違い

公開日: [ 約3分で読めます ] EDC (Every Day Carry), ガジェット

victorinox-camper-farmer-1

実用的なサイズ

ビクトリノックスのなかでも最もオーソドックスで実用的なサイズで、私はオフィサーナイフのキャンパーとソルジャーのファーマーALを所持しています。

ビクトリノックスは赤というイメージですが、黒いキャンパーがあったのでこちらを選びました。ファーマーはソルジャーにノコギリが付いた感じで頑丈なアルミボディです。

銃刀法について刃体の長さが折りたたみ式ナイフの場合は8cm以下まで認められています。なおかつブレードロック機構がないので銃刀法の制限を受けません。

何度か別の記事でも述べましたが軽犯罪法には抵触する恐れがあります。まだ法整備が未熟なため、警官に難癖付けられたら回避する方法がありません。

ビクトリノックス(Victorinox) ランブラーとクラシックALの違い

victorinox-camper-farmer-2
機能としてはキャンパーの方が多いです。といってもワインオープナー(コルク栓抜き)と小ブレードあとは爪楊枝とピンセットくらいですが。

ファーマーは片面に全部のツールが収まってスッキリしたデザインが特徴です。マルチツールは多機能になればなるほどツールを探す手間が増えますが、片面だけ見ればすべての機能が確認できるので取り出しもスムーズです。

リーマー(穴あけ)がキャンパーが側面に開くのに対してファーマーは180度まで開くので握りやすいです。

キャンパーのリーマーはおまけ程度ですが、ファーマーのはガシガシ突き刺しても大丈夫なほどしっかりした作りです。

キャンパーのリーマーは突き刺すというよりもひねってほじくるのに向いていると思います。

ワインオープナーが必要ないという意見もあったのか、ワインオープナーの代わりにプラスドライバーを備えたキャンパーPDという製品もあります。


VICTORINOX(ビクトリノックス) キャンパー PD

大きな違い

victorinox-camper-farmer-3
ラージブレードは見るからにファーマーの方が分厚く強度がありそうです。野外で木を削ったりバトンして蒔き割りすることも可能です。

キャンパーはファーマーよりも薄い刃ですが、果物や野菜の皮をむいたり魚を下ろすのに適しています。

victorinox-camper-farmer-4
ファーマー唯一の欠点と呼べるのがキーリングの位置です。位置的にラージブレードを使うとき力強く握るとキーリングが小指の根元よりさらに下辺りに当たって痛いです。

キャンパーは微妙にキーリングの位置が斜めなので握っても当たらないよう工夫されています。当たったとしても面取りしてあるのでそれほど痛くは無いはずです。

ファーマーのキーリングは直角に突き出しているのに加えエッジが鋭いので手のひらの肉に食い込むと痛いのです。

ちょっと握る位置を前にすれば気にならなくなりますが、出来ればキャンパーのように斜めに配置して欲しかったです。

ソルジャーの方が歴史が古いのでファーマーも伝統的なスタイルを継承しているのでしょう。

キャンパーはファーマーほど強度は無いものの、より使いやすく改良されたマルチツールという印象です。

世界的に有名な登山家・冒険家である植村直己さんも生前にキャンパーを愛用していました。

数多くあるマルチツールの中でなぜキャンパーを選んだかと考察するのもまた面白いです。

Victorinox:ビクトリノックスな人々:野口 健

一見似たようなナイフでもそれぞれ細部の作り込みが違っているので、ついつい何本も揃えたくなる魅力を持っています。

最近は自宅で使うことが多いのでキャンパーの使用頻度の方が高いです。ファーマーが劣るというわけではなくキャンパーの方が手に取りやすい場所に置いてあるというだけです。

持ち運びにはさらに小型のミニシリーズもあるので、自分にあったマルチツールを選ぶのがよいと思います。


VICTORINOX(ビクトリノックス) キャンパーBK


VICTORINOX(ビクトリノックス) ファーマーAL

スポンサーリンク

関連記事

ロスコ 550LB パラコード (パラシュートコード) ロープワークを覚えておくと役立つかも

ロープを携帯する 日常的にロープを持ち歩いてる人が日本にどれだけいるか、おそらく驚くほど少ない

記事を読む

CASIO A168WA-1 実用品として最高レベルのコスパと機能と耐久性が備わった腕時計

チープカシオ(チプカシ)の沼は深い 先日ついにこれぞチープカシオと呼べる腕時計を手に入れました

記事を読む

CASIO(カシオ) WSD-F10 アウトドア向けのタフな高性能スマートウォッチ

CASIO(カシオ)の大本命となるスマートウォッチWSD-F10がついにお披露目されまし

記事を読む

Xperia Z5 Compact SO-02H 初スマホはまたしてもSONY(ソニー)端末を選んでしまった

ガラケーからスマホへ ついにというか意外にあっさりとXデーは訪れました。2016年にし

記事を読む

ポケットに入れる物をひとまとめに持ち歩ける CHUMS エコ キーコインケース

定期入れがボロボロになったのがきっかけ 長年Suicaなどを入れていた定期入れが使い込んで

記事を読む

Hoechstmass(ヘキストマス) キーホルダー付コンパクトメジャー

持ち運びに適したメジャー 出先でなにかサイズを測りたいという場面で小さなメジャーがあると便

記事を読む

三井住友銀行の暗証カードをパスワードカードに変更して思ったこと

セキュリティは強化されたが弊害も 私は三井住友銀行に口座を持っており、ネットで振り込み手続

記事を読む

Microsoft Basic Optical Mouse(ベーシック オプティカル マウス) お手頃価格のマウス

今まで使っていたMicrosoft Optical Mouse 200が突如チャタリングを起こす

記事を読む

海外のEDC (Every Day Carry) がたくさん見られるサイト

EDCの参考になるサイト EDC (Every Day Carry)に興味を持ったら出来る

記事を読む

バッグに入れて持ち運べるほど小型で軽量な電気自動車 WalkCar

日本発の小型電気自動車 一人乗りの小型電気自動車といえばセグウェイが有名ですが、そ

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑