VARGO(バーゴ) ヘキサゴンウッドストーブをグリルとして代用する裏技が発見される

公開日: [ 約2分で読めます ] アウトドア


携帯ウッドストーブの定番として長年売れ続けているVARGO(バーゴ) ヘキサゴンウッドストーブですが、通常とは異なる使い方をしている動画を見つけました。

見た目はペラペラな金属の板なのにそれなりに値段が高いので、今ひとつ価値を見出だせない人もいるでしょう。

しかし薄くてコンパクトに折りたためるので、荷物を極限まで減らしたいハイカーやコンパクトに焚き火の魅力を味わいたいキャンパーなどに人気があります。


方法は極めて簡単で本体をひっくり返すだけで完成します。

そのままだと焚き火が直接地面と接するので直火と変わらないので、スノーピーク トレック900のフライパンを受け皿にするとちょうど良い感じに収まります。

そうすると裏面の吸気のために開いた穴が網代わりとなってグリルとして使えるようになります。

この独特の台形フォルムによって底の面積が広いので、ある程度大きい具材でも焼けそうな気がします。


火加減がほどよく落ち着いたところでウッドストーブからはみ出すほど大きな牛肉を乗せて焼き始めます。


片面焼きあがったところで今度はアルミホイルで包んだ小ぶりなジャガイモを2個グリルの下にある空間に入れて焼きジャガイモを作ろうとしています。

肉を焼きながらジャガイモまで同時に調理できるのがこの裏技の面白いところです。


自然の中で焼き上げたばかりの牛肉とジャガイモを食べるのは間違いなく美味しいでしょう。

フォールディングナイフで切り分けるのはアウトドアならではの光景です。


逆さにすることで燃焼効率は落ちてしまいそうですが、この程度の燃料であればしっかりと灰になるようです。

取っ手付きのフライパンが受け皿なので灰の後処理も簡単に行なえます。

あくまでグリルの代用なのでちゃんと肉を焼くには専用の焼き網を使ったほうが良いとは思いますが、VARGOには開発者も想定していなかった可能性が秘められていることがわかります。

チタンとステンレスの2種類があるので悩みますが、折りたたみ式だからこそ軽量を追求したり焼き色が綺麗なチタン、値段が若干安くチタンよりも強度のありそうなステンレスという風に区別できます。

携帯ウッドストーブは数あれど調理器具にもなってしまう製品はVARGOくらいではないでしょうか。


VARGO(バーゴ) チタニウム ヘキサゴンウッドストーブ 薪ストーブ コンロ 焚き火台 キャンプ用品

スポンサーリンク

関連記事

Foot Rubz(フットラブズ) アウトドアやスポーツ後のフットケア用に開発された足裏マッサージボール

足裏マッサージの決定版 Foot Rubz(フットラブズ)はアウトドアやスポーツなど足裏の筋肉

記事を読む

1ドルと400ドルの実用ナイフでは性能にどれほど差があるのか?

世の中には多種多様なナイフが販売されていますが、パッと見ただけではそこまで性能の差があるのか素人

記事を読む

丸太一本で焚き火台が作れるスウェーデントーチ Swedish Fire Torch(Canadian Candle)

丸太一本で作れて長時間安定した火力が得られるスウェーデントーチは日本ではあまり知られていませんが

記事を読む

UCO(ユーコ) ストームプルーフマッチ 消す方法を逆に知りたい全天候型マッチ

着火道具といえばライターやチャッカマン、原始的なものだと火打ち石やそれを発展させたファイヤースタ

記事を読む

息を呑むほど美しい自然と映画に魅せられた青年が撮影した映像作品 Story of a Nomad

Story of a Nomad from Wolfram Arents on Vimeo.

記事を読む

【ヒロシです】自虐系お笑い芸人ヒロシさん、本格的なキャンプをするYouTuberに変貌していた

Photo by youtube.com かつて『ヒロシです』ネタで一世を風靡したお笑い芸

記事を読む

Instagram(インスタグラム)で商品の経年変化やコンセプトを伝えるブランド

最近までガラケーだった事もありInstagram(インスタグラム)とはほとんど縁がありませんでし

記事を読む

シンプルライフやミニマリストなどのキーワードから今後成長する分野なのか予測する

キーワードから大きな流れを読み取る 記事を書き続けるにあたり日々しっかりと記事を書くことはもち

記事を読む

シュマグ(アフガンストール)の巻き方 過酷な環境で役立つ万能な綿織物

シュマグ(アフガンストール)といえば一般的には中東あたりの人が頭や首に巻きつけているイメージです

記事を読む

UCO キャンドルランタン ブラス 酸化皮膜で黒ずんだ真鍮の味わい

真鍮の魅力 真鍮で作られた製品は時間の経過によって表面が酸化し見た目が黒ずんできます。この化学

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑