見栄を張ることをやめると、余計な苦しみから解放され自然体で生活できる

公開日: [ 約3分で読めます ] シンプルライフ

vanity
誰しも他人からよく思われたいとか嫌われたくないと思うのは普通ですが、その意識があまりに強くなると無理に着飾ったり、身の丈に合わない買い物をして生活に支障が出てしまうことがあります。見栄を張ってしまう原因は何にあるのでしょうか?

人はなぜ見栄を張るのか

人からよく思われたい

人間関係を良好に保つために身の丈に合わない高額な買い物をして外見に気を使いすぎてしまうことがあります。それによって注目を浴びたり、実際に関係性が保てるのであれば必ずしも悪いことではありません。

優越感・社会的ステータス

優越感というのは相手の感情は関係なく自己満足な面があるので、自分の気持ちひとつで変えることができます。優越感にひたるということは無意識に自分よりも下の存在を作り出し、それで安心したり見下している可能性もあります。

自分に自信がない

自分に自信がない人ほど外見を着飾ったり、派手な振る舞いで常に気を張っています。隙があると相手に見透かされてしまうので気が抜けないのです。反抗期の子供などまだ精神的に未熟で、大人になりきれない年齢に誰しもが経験することです。

見栄を張りやすいもの

衣類

人目に付きやすくブランド物や高級品をつけて一番見せびらかしたくなる部分です。オシャレをすることも多少は見栄を張ることに含まれるのかもしれませんが、それによって散財したり生活が苦しくなるのは過剰な見栄が原因だと思います。安い衣類でもサイズデザインをきっちり選ぶだけでオシャレには困らないので、見栄だけファッションは卒業しましょう。

腕時計・貴金属・小物

小さく場所も取らないのでついつい余計に買ってしまい後悔することが多いです。手入れをすれば長く使えるので、目移りせずにひとつの物を長く使い込むのがおすすめです。

バッグ

女性はブランドバッグが大好きですが、ファッションとしてバッグも含めてコーディネートする人はどうしても数が多くなりがちです。奇抜なデザインのバッグは使いどころが狭まるので、奇抜なデザインは避けて何にでも合わせやすいオーソドックスなデザインのバッグを選ぶと数が減らせると思います。

住宅

住宅は購入額も大きいので下手に見栄を張ると住宅に縛られた人生を送ることになります。住宅ローンは計画的にきちんと返済できるのか、本当に住みやすい場所なのか悩み抜いたうえで決めてください。

自動車・バイク

趣味の一環でお金をかけたいなら自由ですが、実用的な車に必要以上のスペックを求めるのはお金の無駄です。やはり身の丈にあったものを選ぶべきで、無理して乗っていることは自然とまわりに伝わってしまうものです。

クレジットカード

年会費が高く感じるようであれば、解約してもっと負担にならないカードに変えましょう。仮に年会費が無料のカードでも早々困ることは無いので、見栄だけのために無理して持つ必要はありません。

弱点を知り補う

見栄を張ることをやめると自分の弱点が露わになります。見栄を張っていると弱点を深く分析することをせず隠れたまま改善されません。弱点をよく見たらそれは努力で克服できることかもしれないし、もっと自然に補う方法があるかもしれません。

ファッションは自分の弱点を知ったうえで、それを補いつつアピールしたい所を引き立てるというのが原則です。高級ブランド品が似合う人はそれだけ自分磨きを怠らないということです。

まとめ

私は趣味の道具に関してはお金をかけてよいと思っています。もし趣味をやめてしまっても趣味の道具というのは一定の価値があるので売りやすいです。趣味は突き詰めるとある程度しっかりとした道具が必要になるので、安物から買い替えるよりも初めからしっかり道具をそろえたほうが安上がりだからです。

シンプルライフはいかに見栄を捨て去り、自然体で日々暮らしていくかが成功するだと思います。世の中にはシンプルライフを受け入れられない視野の狭い人間もいます。お互い接触しなければよいのですが、一方的に誹謗中傷してくることもあります。それすらも自然体で受け流せるくらい強い信念を持った人間になれば余計な苦しみから解放されます。

スポンサーリンク

関連記事

自作キャンドルヒーターは安い材料で簡単に作れて燃費も良い

暖房器具は自作できる 寒い時期に室温を上げるための暖房器具はいろいろあります。 現代における

記事を読む

インターネット上のキャッシュポイントで稼ぐことの重要性

リアル経済の行く末 キャッシュポイントとは報酬や売り上げが発生する場所のことです。お金

記事を読む

玩物喪志 (がんぶつそうし) 古代中国の言葉から人生の教訓を学ぶ

がんぶつ‐そうし〔グワンブツサウシ〕【玩物喪志】 《「書経」旅獒(りょごう)の「人を玩(もてあ

記事を読む

mark boyle

お金に縛られる生活を捨てた男 Mark Boyle(マーク・ボイル)

Photo by CNN.com 金銭でまわる社会生活に疑問を抱き、自由経済運動の一環とし

記事を読む

物量を気にするよりも道具をアクティブな状態に保つことが大事

使わない道具はいざという時に使えない 道具が多すぎると手入れが行き届かず、いざ使いたい時に

記事を読む

無印良品 MUJI HUT 3人のデザイナーが新しい小屋を提案するプロジェクト

via Quartz 無印良品がタイニーハウス市場へ参入 いよいよ無印良品が小さな暮らし

記事を読む

ワードローブ構築に役立つ基本10アイテム【メンズ編】

Photo by CapitalBedrooms.co.uk 服はたくさん買うけど実際に着

記事を読む

とあるデザイナー兼企業家の持ち物やインテリアから人となりが見えてくる

他人の持ち物を見るのは楽しい 自分の持ち物をSNSなどにアップしてリアクションしてもらうのが好きだ

記事を読む

Burt’s Bees(バーツビーズ) 創立者が広大な土地で過ごす極上のシンプルライフ

Photo by Inc.com 創立者バート・シャビッツの人物像 Burt’s Bee

記事を読む

身軽になるために物を減らすことのデメリットは何か

当ブログでは散々モノを減らすことを推奨するような記事を書いてきましたが、今回は逆にモノを減ら

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑