UCO キャンドルランタン ブラス 酸化皮膜で黒ずんだ真鍮の味わい

公開日: 最終更新日:2016/08/23 [ 約2分で読めます ] アウトドア, ガジェット

uco-candle-lantern-1

真鍮の魅力

真鍮で作られた製品は時間の経過によって表面が酸化し見た目が黒ずんできます。この化学反応によって銀などと同じく変化を楽しめる金属だといえます。

UCO キャンドルランタンは表面が塗装されているアルミ製のタイプもありますが、あえてブラス製を選んだのは酸化皮膜がついた姿が見たかったからです。

買ってから一度も磨かずにいたらこれだけ黒ずんだ姿になりました。実際はもうちょっと飴色に近い色でアンティークな雰囲気をかもし出しています。

磨いたら磨いたなりの味わいが出ると思いますが、あえて磨かずに飴色になる過程を楽しむのも悪くないです。

オスの収集欲をかき立てるノスタルジックなマッチ箱

uco-candle-lantern-2

灯火を眺めるには最適

灯火を眺めたい場合マッチの火はすぐに消えてしまいますし、アロマキャンドルなどに火をつけて楽しむのもよいですが、キャンドルランタンはまわりをホヤで守られているので安全です。さらに風の影響も受けにくいのでアウトドアでも火が安定します。

周りをほのかに照らすくらいの明るさですが、そもそも真夜中に煌々と照らす照明が必要なのかという原点に立ち返ると手元を照らせるくらいの明るさがあれば十分だなと考えさせられます。

ろうそくが燃える熱でキャンドルランタンの上に手をかざすと結構な熱が伝わってきます。誤って天板を指でさわってしまった時は火傷しそうになりました。

暖をとるためにキャンドルランタンを使う人はいないと思いますが、暗闇に明るさと温もりを感じさせてくれるキャンドルの火は何ともいえない幸福感を与えてくれます。

キャンドルの燃焼時間は約9時間で燃費はよいとは言えませんが、サブ照明として使えば蛍光灯やLEDライトやガスランタンとも違う自然な灯りで癒されるので今でも根強い人気があります。

もちろん野外でアウトドアにまで人工的な強い照明を持ち込む必要性を感じないのであれば、メイン照明として使えると思います。虫よけ効果のあるキャンドルもあるのでそれなりに実用的な使用もできます。

普段から強い照明に囲まれた生活をしている人は、わずかな灯火だけで生活してみるとちょっとした非日常を楽しめてよいかもしれません。

UCO(ユーコ) ストームプルーフマッチ 消す方法を逆に知りたい全天候型マッチ


ユーコ(UCO) キャンドルランタン ブラス

スポンサーリンク

関連記事

スリングショット(パチンコ)の進化形 ポケットショット ペットボトルとゴム風船で自作も可能

via thepocketshot.com 狩猟の自由は誰にでもある スリングショッ

記事を読む

Xperia(エクスペリア)でFMラジオを聴く スマホにアナログラジオ機能は必要か?

スマホでラジオを聴くにはradiko(ラジコ)などのインターネットラジオアプリを入れて聴くのが一

記事を読む

とあるデザイナー兼企業家の持ち物やインテリアから人となりが見えてくる

他人の持ち物を見るのは楽しい 自分の持ち物をSNSなどにアップしてリアクションしてもらうのが好きだ

記事を読む

Spork(スポーク) スプーンとフォークが一体型になった一人二役な万能カトラリー

Photo by Voiding Warranties Spork(スポーク)とはおもに先

記事を読む

ハクキンカイロ 2シーズン目を終えての使用感など

本格始動したつもりが微妙な使用頻度 2シーズン目のハクキンカイロですが、去年の11月から2度目の秋

記事を読む

アウトドア系YouTuber(ユーチューバー)の動画を見て感動したり知識を深める

Youtubeに動画投稿をして有名になった人をYouTuber(ユーチューバー)と称して人気にな

記事を読む

Bushcraft(ブッシュクラフト)とは何か? 現代人が忘れていた自然の中で生活していく知恵

普通に生活しているなかでBushcraft(ブッシュクラフト)という単語を耳にすることは少ないで

記事を読む

軽量・コンパクト・パワー 3拍子そろった PRIMUS(プリムス) ウルトラバーナー P-153

私が唯一持っている携帯ガスバーナーです。 総合的に優れたガスバーナーで割と評価の高い製品です。

記事を読む

無意味なことに意味があるFidget Toys フィジェットキューブやハンドスピナーとは何か?

世の中にある道具は何か明確な目的を補助するために使われている事がほとんどですが、なかには一見する

記事を読む

アンティーク調なデザインのハサミは意外に実用的だった

いつごろ買ったかわからないほどいつの間にか手元にあったハサミです。実際に古いものではなくアンティ

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑