音質がよくて感度もそこそこな 東芝 AM/FMラジオ TY-KR3

公開日: [ 約2分で読めます ] EDC (Every Day Carry), 防災

東芝のラジオ
私は東日本大震災が起こって以来、ポータブルラジオをいつもバッグの中に入れて持ち歩いています。ポータブルラジオというとソニーやパナソニックが有名で製品も多く販売していますが、私の持っているのは東芝製のラジオです。最近はシンセチューニングの製品が人気ですが、これは昔ながらの自分でダイヤルを動かして調整するアナログチューニングです。

アナログチューニングを選んだ理由は3つあげられます。

価格が安い

単純な構造なのでシンセチューニングの製品よりも低価格で販売されています。

電池持ちがよい

チューニングするのに電気を使わず、液晶画面なども付いていないので電池の持ちが非常によいです。

老若男女問わず使える

あくまで防災用なので誰でもすぐに使える製品が好ましいです。特に年配の人は昔から親しんできたアナログチューニングのほうが確実に操作できるので安心です。複数人が聴けるようスピーカーも必須だと思います。

普段使いにも適している

このラジオに関していえば単3乾電池2本で動き、このサイズにしては音質がよく、AM/FM両方に対応し、選局がしやすく、肩耳のモノラルイヤホンで聴けるという点が気に入り購入しました。

最初は防災用のつもりで携帯していましたが、音質がよく電波もそこそこ拾ってくれるので旅先や移動時間にちょこっと聴きたくなる魅力があります。いまやradiko.jpでインターネットからもラジオを聴くことができますが、あまりにクリアな音なのでちょっとノイズ混じりの音もアナログっぽくて個人的には好きです。

ポータブルラジオを持つ意味

震災直後ラジオはどこへ行っても売り切れていました。ネットショップでも軒並み定価以上の値段で業者が売りさばいていました。しかし時間が経つにつれて次第に供給量が戻り、いつものように1000円前後で安いラジオが売られています。震災は忘れたころにやってくると言いますが、また震災が起こったすぐはラジオの需要が増えるでしょう。

逆に携帯電話やスマホは通信が混雑してろくに使えませんでした。非常時にはモノの価値が逆転してしまうという現象が起こります。平常時の便利さだけ追求して非常時の備えをおろそかにしていると、思わぬ痛い目をみることになるので、要はバランスが大事だということですね。


東芝 AM/FMラジオTOSHIBA TY-KR3-S

スポンサーリンク

関連記事

安すぎるマグネシウムファイヤースターター 火打石の実力を検証する

隠れたヒット商品 Amazonでひそかに売れ続けているヒット商品があります。 それがマグ

記事を読む

BRITA(ブリタ) リクエリ ペットボトルのミネラルウォーターからポット型浄水器に変えるメリット

もうかれこれ10年かそれ以上BRITA(ブリタ) リクエリというポット型浄水器を使い続けてい

記事を読む

Wekey Pocket 極限まで薄く100グラムを切る軽さの折りたたみキーボード

普段ブログの記事をノートパソコンで書いていますが、スマホもあることだし極薄で折りたためるキーボー

記事を読む

海外旅行・バックパッカーの持ち物やEDCの参考になる!多くの外国人が持ち歩く物トップ10

Photo by Michael Pollak 海外のEDC(Everyday Carry

記事を読む

肥後守(ひごのかみ) 青紙割込 かつて子供の相棒だった国産折りたたみナイフが風前の灯火

Photo by Folding Knife Online Store 今は海外の多種多様

記事を読む

BiCライター フランス自国生産を守り抜く高品質な使い捨てライター

使い捨てライターと呼ぶには失礼な品質 私が持っている着火用具はライターをはじめマッチ・ファ

記事を読む

Rite in the Rain(ライトインザレイン) 水に濡れても破けず書ける全天候型の防水ノートブック

近年デジタル化の流れで紙に鉛筆やペンで字を書く機会が減りました。 特に学生時代ならまだしも

記事を読む

世界中のサイバー攻撃をリアルタイムで可視化するサイト Norse Attack Map

現代の戦争 Norse Attack Mapでは世界中で巻き起こっているサイバー攻撃をリアルタ

記事を読む

タクティカルペンは護身用や緊急脱出時にも使える機能的な文房具

タクティカルペンとは護身用具であるクボタンとボールペンを掛け合わせたような道具で、おもに護身用と

記事を読む

UCO(ユーコ) ストームプルーフマッチ 消す方法を逆に知りたい全天候型マッチ

着火道具といえばライターやチャッカマン、原始的なものだと火打ち石やそれを発展させたファイヤースタ

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑