音質がよくて感度もそこそこな 東芝 AM/FMラジオ TY-KR3

公開日: [ 約2分で読めます ] EDC (Every Day Carry), 防災

東芝のラジオ
私は東日本大震災が起こって以来、ポータブルラジオをいつもバッグの中に入れて持ち歩いています。ポータブルラジオというとソニーやパナソニックが有名で製品も多く販売していますが、私の持っているのは東芝製のラジオです。最近はシンセチューニングの製品が人気ですが、これは昔ながらの自分でダイヤルを動かして調整するアナログチューニングです。

アナログチューニングを選んだ理由は3つあげられます。

価格が安い

単純な構造なのでシンセチューニングの製品よりも低価格で販売されています。

電池持ちがよい

チューニングするのに電気を使わず、液晶画面なども付いていないので電池の持ちが非常によいです。

老若男女問わず使える

あくまで防災用なので誰でもすぐに使える製品が好ましいです。特に年配の人は昔から親しんできたアナログチューニングのほうが確実に操作できるので安心です。複数人が聴けるようスピーカーも必須だと思います。

普段使いにも適している

このラジオに関していえば単3乾電池2本で動き、このサイズにしては音質がよく、AM/FM両方に対応し、選局がしやすく、肩耳のモノラルイヤホンで聴けるという点が気に入り購入しました。

最初は防災用のつもりで携帯していましたが、音質がよく電波もそこそこ拾ってくれるので旅先や移動時間にちょこっと聴きたくなる魅力があります。いまやradiko.jpでインターネットからもラジオを聴くことができますが、あまりにクリアな音なのでちょっとノイズ混じりの音もアナログっぽくて個人的には好きです。

ポータブルラジオを持つ意味

震災直後ラジオはどこへ行っても売り切れていました。ネットショップでも軒並み定価以上の値段で業者が売りさばいていました。しかし時間が経つにつれて次第に供給量が戻り、いつものように1000円前後で安いラジオが売られています。震災は忘れたころにやってくると言いますが、また震災が起こったすぐはラジオの需要が増えるでしょう。

逆に携帯電話やスマホは通信が混雑してろくに使えませんでした。非常時にはモノの価値が逆転してしまうという現象が起こります。平常時の便利さだけ追求して非常時の備えをおろそかにしていると、思わぬ痛い目をみることになるので、要はバランスが大事だということですね。


東芝 AM/FMラジオTOSHIBA TY-KR3-S

スポンサーリンク

関連記事

無意味なことに意味があるFidget Toys フィジェットキューブやハンドスピナーとは何か?

世の中にある道具は何か明確な目的を補助するために使われている事がほとんどですが、なかには一見する

記事を読む

目的別に分かれた防災・サバイバル用品一覧でバランスよく備えるものを選ぶ

Photo by twintiger007 日々何となく平和に過ごせている事に感謝しつつも

記事を読む

UCO(ユーコ) ストームプルーフマッチ 消す方法を逆に知りたい全天候型マッチ

着火道具といえばライターやチャッカマン、原始的なものだと火打ち石やそれを発展させたファイヤースタ

記事を読む

マヨネーズとスルメのベストコンビは非常食としても最高の組み合わせ

Photo by Girls Channel アウトドアで特に人里から離れて活動する登山や

記事を読む

軽量・コンパクト・パワー 3拍子そろった PRIMUS(プリムス) ウルトラバーナー P-153

私が唯一持っている携帯ガスバーナーです。 総合的に優れたガスバーナーで割と評価の高い製品です。

記事を読む

Spork(スポーク) スプーンとフォークが一体型になった一人二役な万能カトラリー

Photo by Voiding Warranties Spork(スポーク)とはおもに先

記事を読む

藍染めの手ぬぐい 木綿のやさしい肌ざわりと吸水・速乾性に優れた日本の伝統工芸

私が普段からハンカチ代わりに持ち歩いているのが藍染めの手ぬぐいです。 手ぬぐいは柄も豊富な

記事を読む

【映画】マッドマックス 怒りのデス・ロードで主人公が着けているパラコードブレスレットの作り方

via madmaxmovies.com 2015年に公開され世界中で大ヒットを記録したハ

記事を読む

巨大地震が起きたら何よりも優先して確保すべきもの

Photo by RIBI Image Library 2016年は4月に熊本地震があり1

記事を読む

日本のけん玉がKendamaになり海外のストリートを中心に人気スキルトイとして定着する

Photo by aliexpress.com 誰でも一度はけん玉で遊んだ経験があるかと思

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑