パリの小さなアパートの一室をリノベーションしたシンプルライフ向け住居

公開日: [ 約2分で読めます ] シンプルライフ

生活道具をクローゼットの中に凝縮

パリのとある小さなアパートの古びた一室をリノベーションしたら、とても機能的で洗練された部屋に生まれ変わったようです。多機能クローゼットのある部屋はたまに見かけますが、寝床からシャワールームまでもがクローゼットを開けてみるまでわからない忍者屋敷のような構造になっています。

生活に関わるモノがほとんどクローゼットに隠されているので、扉を閉めた状態だと余計なモノが目に入らず大変スッキリしています。利用するときもその目的にあった扉を開くだけなので、今必要でない情報は遮断しておきたいシンプルライフに向いている住居だと思います。

tiny-apartment-in-paris-1
ラックおよび階段の機能も果たしています。寝床が上にあり寝るときは扉を閉められます。日本の夏には湿気と暑さでクーラー無しだととても快適には眠れそうにありませんがフランスの気候だとどうなんでしょう。あとは閉所恐怖症の人もこの部屋に住むことは無理でしょう。

tiny-apartment-in-paris-2
服の収納はクローゼット本来の使い方なので特に面白みはありません。

tiny-apartment-in-paris-3
テーブルとイスを引き出せば急な来客にも対応できます。

tiny-apartment-in-paris-4
バッグや日用品なんかを入れとけそうなスペースもあります。

tiny-apartment-in-paris-5
本棚と下は空気清浄機的な装置かな?

tiny-apartment-in-paris-6
窓際にはシンクもあるので水をゴクゴク飲めます。

tiny-apartment-in-paris-7
一番右の扉を開けるとそこにはシャワーとトイレ、それに洗面台まであります。

tiny-apartment-in-paris-8
リノベーション前はさびれたアパートの一室でしたが、劇的ビフォーアフターばりの変化で生まれ変わりました。住みやすいかどうかは実際に住んでみないとわかりませんが、わずか8m四方の狭いスペースをうまく利用して機能的な住居に仕上がっていると思います。

こうした分野は日本も得意そうな気がしますが、国内では今ひとつムーブメントが起こりませんね。住むにはそれなりにモノを減らさないといけないので、住む人たちの精神もリノベーションが必要なのかもしれません。

自動車で移動できる小さな家に住むカップル

スポンサーリンク

関連記事

cash-point

インターネット上のキャッシュポイントで稼ぐことの重要性

リアル経済の行く末 キャッシュポイントとは報酬や売り上げが発生する場所のことです。お金

記事を読む

penny

ミニクルーザーが生活圏のスマートな移動手段として普及してほしい

Photo by コンパクトに持ち運べる乗り物 自力で持ち運べる乗り物はせいぜい折りた

記事を読む

ganbutsusoushi

玩物喪志 (がんぶつそうし) 古代中国の言葉から人生の教訓を学ぶ

がんぶつ‐そうし〔グワンブツサウシ〕【玩物喪志】 《「書経」旅獒(りょごう)の「人を玩(もてあ

記事を読む

mark boyle

お金に縛られる生活を捨てた男 Mark Boyle(マーク・ボイル)

Photo by CNN.com 金銭でまわる社会生活に疑問を抱き、自由経済運動の一環とし

記事を読む

freemind

マインドマップで思考を可視化する、FreeMindをシンプルライフに活かす方法

マインドマップとは何か マインドマップはトニー・ブザン(Tony Buzan)が提唱した思考・

記事を読む

tiny-house-couple-living01

自動車で移動できる小さな家に住むカップル

家を建てたら住む場所は固定される。 そんな固定観念をくつがえすような面白い家に住む若いカップルを紹

記事を読む

kindle

Kindleで読めるシンプルライフ・ミニマリスト本33選

シンプルライフやミニマリストに興味があるけれど、本を買い漁って物が増えるのは本末転倒です。

記事を読む

ドラクエII

尖った人はおもしろい、特化型人間がこれから社会をリードする

画像はドラゴンクエストIIです。私はドラクエのなかではIIが一番好きです。 いっけん今回の

記事を読む

shabondama-sekken-1

シャボン玉石けん 浴用 無添加石けん選びは結局ありふれたものに落ち着いた

湯シャンはいまだに継続中で特に問題なく過ごせていますが、体も極力洗わないようにしています。

記事を読む

tebajima-project-1

出羽島プロジェクト お金のいらない島(国)でギフト経済は実現するのか?

Photo by とくしまグリーン・ツーリズム お金が支配する社会からの脱却 現代社会で

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑