戦時下の荒廃した都市で市民たちがサバイバルする This War of Mine

公開日: 最終更新日:2016/07/23 [ 約2分で読めます ] ゲーム, サバイバル

this-war-of-mine-1

実体験に基づいた戦時下の状況を再現

This War of Mineは戦争により爆弾や銃撃で荒廃した都市でいかにして生き延びるかというテーマに制作されたゲームです。ローンチトレイラーはほとんどが実写の映像で、実際にサラエボで紛争を体験した男性が淡々と当時の出来事を語るというのが特徴的です。

ゲームを作る上で兵士同士がドンパチするほうがゲームとして成立しやすいため、ほとんどの戦争を題材としたゲームでは闇に隠れていた部分にあえてスポットライトをあて戦争の悲惨さを表現しています。

市民は突然戦争に巻き込まれ、生活に必要なものを一方的に奪われてしまいます。兵士同士が戦って命を落とすだけではなく、多くの市民も無抵抗なまま戦争の犠牲となります。

this-war-of-mine-2

ゲーム画面はサイドビューで複数人の行動をコントロールしながら物資や食料を集めてサバイバルします。夜中に周辺の倉庫や民家を探索しにいき、他人と鉢合わせたら時には戦闘になることもあります。

今のところ日本語には対応していませんが、ストーリーを追うようなゲーム性ではないので、プレイ動画などを見れば一通りの操作方法は身につくでしょう。

いちじ雨後のタケノコのごとく登場したゾンビ系サバイバルが一段落し、リアル思考のちょっと視点を変えたサバイバルゲームも増えてきました。私は戦争をテーマとしたFPSなども好きですが、こうした独自の視点で煮詰めたマニアックなゲームも大好きです。

発売当初からSteamのカスタマーレビュー評価も非常に高く、戦争の背景からよく熟知したうえで作られたタイトルなので、制作スタッフの意気込みが感じられます。兵士として戦う日々に疲れたら、気分転換にプレイしてみてください。

スポンサーリンク

関連記事

better-late-than-dead-1

死体が転がる訳ありな無人島で地味にサバイバル生活する Better Late Than DEAD

Better Late Than DEADは2015年7月23日にSteamからアーリーアク

記事を読む

ドラクエII

尖った人はおもしろい、特化型人間がこれから社会をリードする

画像はドラゴンクエストIIです。私はドラクエのなかではIIが一番好きです。 いっけん今回の

記事を読む

solorball1

太陽の光で汚水を浄化し、飲み水に変える Solarball(ソーラーボール)

Photos by Monash University, via Physorg 太陽の光で浄

記事を読む

shemagh

シュマグ(アフガンストール)の巻き方 過酷な環境で役立つ万能な綿織物

シュマグ(アフガンストール)といえば一般的には中東あたりの人が頭や首に巻きつけているイメージです

記事を読む

エボラ出血熱

パンデミック目前 エボラ出血熱から身も守る方法

Photo by CDC Global パンデミック阻止へ瀬戸際の攻防 エボラ出血熱

記事を読む

no-mans-sky-1

なぜNo Man’s Skyは失敗したのか? 期待から失望へ高すぎたハードル

広大な宇宙の片隅に放り出され1800京個以上あるという自動生成された星々を巡る宇宙探索ゲームとし

記事を読む

straw-storage-9

ストローを加工して極小の防水ケースが簡単に作れる

用意するもの ストロー 普通のストローでも十分ですが、直径が太いほどより多くのモノを入れ

記事を読む

子猫

日常生活からサバイバルにも役立つ、身近な万能アイテム8つ

身近なモノからそろえる サバイバルグッズは種類も多く、買い始めるとキリがありませんが、身近

記事を読む

stranded-deep-1

過酷な自然と対峙する無人島サバイバルゲーム Stranded Deep

リアル指向サバイバルの追い風に乗れるか MinecraftやDayZのヒット以降サバイバル

記事を読む

pokemon-go-problem

ポケモンGOの問題点と今後の行く末

Photo by Piki768 ポケモンGOの日本語版がリリースされて5日が経過しました

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑