サーマル(ワッフル)シャツ ミリタリー由来の保温インナーで寒い季節を乗り切ろう!

公開日: 最終更新日:2016/11/29 [ 約5分で読めます ] ファッション, ミリタリー

thermal-shirts-1
Photo by sawakuson

ヒートテックの真相

近年はユニクロのヒートテックをはじめ発熱インナーが圧倒的に普及していますが、旧来のサーマル(ワッフル)シャツを見直そうということで記事にしました。

ヒートテックは体から蒸発した水分を吸収して発熱する構造ですが、水分が蒸発する時に熱を逃がす気化熱とは逆の凝縮熱という原理が起こっているだけで綿だろうがウールだろうがこの現象は起こります。

ヒートテックは特殊な加工により最初の数分で一気に発熱しますが、すぐに吸湿の限度を迎えて温度は下がっていくようです。

もちろん一度脱いで乾燥させればまた同様に温かくなりますが、下着は基本的に1日中着たままなのであまり意味がありません。

エクストラウォーム(極暖)シリーズは起毛処理によってエアポケット(空気の層)を作って保温性がアップしているので、通常のヒートテックよりは温かそうです。

何か特殊な繊維によって発熱するわけではなく、極めて単純な原理をさも目新しく誇張して宣伝しているだけです。

もちろん防臭・抗菌それからポリウレタン混紡によるストレッチ性の高さなど年々改良され良くなっていますが、天然素材の綿やウールと比較してどうなのか気になるところです。

主原料がアクリルなのも気になります。ただでさえ毛玉になりやすいアクリスがさらに他の素材と混紡されて摩擦しやすいインナー素材として使われる・・・

ヒートテック 毛玉』などで検索すると洗濯したら大量の毛玉が出たような書き込みが見受けられました。

特に女性が下着の上から起毛している極暖を着ると毛玉の発生が酷いようで素材からして納得ではあります。

毎年ヒートテックを買い足す人もいるので、あくまで消耗品と考えれば耐久性には目をつぶるでしょう。

thermal-shirts-2
Photo by tonihobby

サーマル(ワッフル)シャツとは?

ワッフルのように表面が凸凹する編み方で、おそらくミリタリーが起源のアイテムですが、この立体的な生地が体温で温まった空気を溜め込むので保温力があります。

綿も吸湿力があるのでヒートテックのように水蒸気を吸い取って水に変わる際に熱を発します。

これも結局は乾燥する時の気化熱と合わせればプラスマイナスゼロなので、大切なのはいかに体の周りにデッドエア(動かない空気)を溜め込むかという1点に尽きます。

真冬に高性能なダウンジャケットを着れば中身はTシャツ一枚でも快適なのは、ダウンジャケット単体で外気の影響を受けない分のデッドエアを確保できているからでしょう。

単体では非力でも重ね着することでデッドエアを確保するのが一般的な防寒対策です。

風によって影響を受けてしまうフリースなどの防寒着はウィンドブレイカー等で防風すると格段に暖かくなります。

デッドエアこそが最大の断熱材なので、このデッドエアを体の表面近くに留まらせるサーマルは寒い季節には重宝します。

thermal-shirts-3
Photo by happygolucky_kobe

素材は綿100%か混紡か?

サーマルはヘンリーネックや普通のクルーネックがあります。

素材については最近売られているものは綿とポリエステルが混紡された生地が多く存在します。

それに対して上の画像に写っている米軍放出品は肉厚な綿100%生地が使われています。

なかには混紡のサーマルもあるかもしれませんが、もし混紡の方が優れていればそちらに置き換わるはずです。

それでもなお綿100%であると言うことは、ワッフル編み自体がわりと肌に接する面積が少ないため汗のベトつきが少なく、通気性もよいので蒸れにくい事が考えられます。

綿100%のサーマルシャツを探すと意外に見つからなかったりします。

以前はユニクロでもワッフルクルーネックTという商品が販売されていましたがなぜか販売終了してしまいました。

去年あたりに売られていたヘンリーネックTシャツも同様に見かけなくなりました。

綿100%のイメージの強いヘインズのサーマルでさえ綿65%ポリエステル35%の混紡です。

混紡だから悪いわけではありませんが、より肌に優しく源流に近いのは綿100%ではないでしょうか。

(インデラミルズ)INDERA MILLS 100%コットン サーマル長袖Tシャツ

(ユナイテッドアスレ)UnitedAthle 5.6オンス ワッフル 長袖Tシャツ

米軍放出品 コールドウェザーアンダーシャツ サーマルシャツ

(ダルク)DALUC 9.1oz Heavy Waffle Long Sleeve

昔ながらのシンプルで無駄な装飾のない綿100%サーマルはこの辺りでしょうか。

私はユナイテッドアスレのヘンリーネックを持っていますが、5.6オンスと生地が薄い分だけ着れる期間も長いので悪いことではありません。

ヘインズがなぜ綿100%サーマルを作らないのか理由がわかりませんが、あったら確実に候補に入るでしょうね。

あとチャンピオンのロゴが入ってもよいならチャンピオンの綿100%サーマルもありでしょう。

個人的にはミリタリーショップWIPが販売している米軍タイプのサーマルをタウンユースに改良したサーマルが良さそうですね。

明らかに違う素材で作られたレプリカなら不安ですが、綿は綿でしかないので着丈や袖丈が街着向きなこちらは着こなしやすそうです。


新品 米軍タイプ COLD WEATHER THERMAL クルーネック アンダーシャツ 7色 通称サーマルシャツと 呼ばれるアイテムを タウンユース仕様に復刻【WIP03】

スポンサーリンク

関連記事

GATSBY(ギャツビー) すきカミソリ 男のすね毛処理は自然に減らして薄くする時代

短パンとすね毛の関係 最近は日本でも暑い季節は短パンを着てもよい風潮になりつつあります。 高

記事を読む

ほとんど衣替えしないアホに降りかかった虫食いの恐怖

油断大敵 私の衣類は年中ほとんど衣替えすることなくハンガーに掛けっぱなしの状態なのですが、つい

記事を読む

6年目のClarks (クラークス) デザートブーツを2年ぶりに手入れ

購入してから6年ほどたったClarks (クラークス) をひさしぶりに手入れしようと思い立っ

記事を読む

Uniqlo U(ユニクロ ユー) ルメール 迷走?有り無し?モコモコ装備で厳冬に備えよ!

via uniqlo.com Uniqlo U(ユニクロ ユー)は2016年秋から登場した

記事を読む

SUPERGA(スペルガ)にそっくりなイタリア海軍のミリタリースニーカー

ミリタリースペルガ 一見なんの変哲もないネイビーのスニーカーですが、あるブランドのスニーカーと

記事を読む

TIMEX(タイメックス) オリジナルベトナムキャンパー 忠実復刻は嬉しいが値段が高め

TIMEX(タイメックス)の名品と呼べるCamper(キャンパー)がベトナム戦争時にアメリカ軍に

記事を読む

M-65 フィールドジャケット ライナー着脱可能で体温調節に優れたミリタリー系アウター

古着でよさげなM-65 フィールドジャケットを見つけたので衝動買い。古着は欲しいと思ったら次に見

記事を読む

乾燥した冬場の衣類素材を見なおして静電気の帯電を抑える

静電気バチバチの恐怖 冬場になるとやってくる接触時の静電気によるバチバチの恐怖。ドアノブや

記事を読む

サプール(サップ)たちが貧しくてもブランドスーツで着飾る理由

Photo by Enric Bach この記事は2014年12月4日にNHKで放送された

記事を読む

ニューバランス M420J レトロスニーカーブームに困惑気味

数年で変貌を遂げたスニーカー ニューバランスについてはそれほど詳しいわけではありませんが、今は

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑