第四次産業革命 インダストリー4.0 先進技術による人間と社会構造の常識を覆す大変革


人類は長い歴史の中で3度の産業革命を経験してきました。

第一次産業革命では石炭を燃料とした蒸気機関が発明され、人が手作業で行っていた作業が機械によって効率化され、蒸気船や鉄道の登場により交通革命にも結びつきました。

第二次産業革命では燃料が石炭から石油に置き換わり、電気で動く機械による大量生産が可能になり消費社会が一気に加速しました。

第三次産業革命では圧倒的な処理能力を有するコンピュータとインターネットによるIT革命も含めた先端技術により効率化や小型化が推し進められ、原子力エネルギーによって電力消費量が劇的に増えました。

そして現在は第三次産業革命から第四次産業革命への過渡期であり、現在の社会システムでは耐えきれない様々な弊害が目立ってきました。

ドイツ政府が新たな社会システムの基盤として製造業のデジタル化を推し進める戦略的プロジェクト『インダストリー4.0』を発表し、2020年代から本格的に第四次産業革命がドイツのみならず世界中で巻き起こることが期待されています。

いま人間が行っている作業や判断が機械やAI(人工知能)などに置き換わり、さらなる生産性の向上が図られます。

機械同士の連携はもちろん、機械と人がより連携してスムーズに作業が行える仕組み作りが着々と進んでいます。

これは遠い絵空事の話ではなく内閣府もこの産業変化に対応するべく、様々な観点から議論が交わされています。

第1節 第4次産業革命のインパクト – 内閣府


世界経済フォーラムが公開している『第4次産業革命 | 完全版』というドキュメンタリー映像がとてもクオリティが高く、つい最後まで見てしまうほど引き込まれます。

宇宙や深海などまだ人類が到達できない未知の領域が数多く存在しますが、人間自身の構造もきちんと解析されておらず、今後より人間の行動や脳の働きが解き明かされていくことは間違いありません。

テクノロジーによって最適化された人間は自然の原理を超越し得る可能性があります。

過去の産業革命はそれぞれ人間の生活に大きな変化をもたらしました。

第四次産業革命もきっとこれまでの常識が覆されるに違いありません。

世界に何が起こっているのでしょうか

すべてが変化しています

ヒトは自然の産物だという概念が変わるでしょう

ヒトの身体のハイテク化が進み

何が自然で何が人口のものなのか区別がつかなくなるでしょう

私たちの頭の中は宇宙で最も複雑な構造物です

自問してみてください

“私たちは超人になれるのか?”


第四次産業革命 ダボス会議が予測する未来