夏場に履く靴を選ぶのは意外に難しい ゲリラ豪雨など急な天候の変化に対応できるか?


Photo by barbara w

私が夏場に履くのはスニーカーがほとんどなのですが、近年よく起こるゲリラ豪雨など突然の大雨に出くわすと白いキャンバス地のスニーカーを履いていたら絶望的な状態になります。

夏にこそ履きたくなる白スニーカーですが、なるべく水には濡らしたくないし濡らさないように天気の良い日を狙って履きますが、それでも天気予報が外れたりうっかり水たまりを踏んでしまうこともあります。

冬場の靴選びはそもそも雨の日が少なく乾燥しているので、わりと自由にどんな靴でも履きやすいですが夏の靴選びは水濡れや蒸れ・臭いなど意外に神経を使っている気がします。

その日着る服を靴を基軸にして考えると靴に思わぬ制約が入ってしまうことがあります。

3シーズン履ける革靴も気温の関係で蒸れるため夏場にはあまり履きません。

ふと夏の悪天候でも気にせずガンガン履ける靴を持っていない事に気が付きました。

レディースの靴はもともとサンダルやパンプスなど通気性の高い靴が多く種類も豊富なので、それらを上手く履き分けることができますがメンズはそこまで靴のバリエーションがありません。

通気性のあるサンダルが夏に適していると思いますが、ビーチサンダルやスポーツサンダルでホールド感の低いタイプは歩き回るのに適していないものが多いです。

外履き向けでオシャレなレザーサンダルはある程度水に濡れることを想定して作られてはいますが、さすがに足元ズブ濡れ状態になると濡れた革が伸びて買ったばかりのサンダルが駄目になることもあるようです。

やはりアウトドア向けのサンダルやしっかり足をホールドしてくれる樹脂製のサンダルが使い勝手が良く、ひとつ持っていると突然の雨でも気にせず履いていけるので便利かなと思いました。

レザーサンダルなどに比べて原材料が安いので財布にも優しい商品が多いのも嬉しいところです。

欠点はどうしても素材がチープに見えてしまうので、なるべくしっかりとデザインされたサンダルを選びましょう。

ビルケンシュトック アリゾナ EVA

外履きしやすくほどよいデザインのサンダルを探していたところEVA樹脂のビルケンシュトックがある事を知りました。

ビルケンシュトックの代表的なモデルであるアリゾナのデザインそのままに水濡れに強い素材が使われているので夏にはぴったりです。

人間工学に基づいた歩きやすさとフィット性の高さが持ち味なので、すでにビルケンシュトックを履いている人は同じサイズ感で選べるのも良い点です。

さらに従来のアリゾナと比較して1/2の軽さなので、軽いサンダルが好みの人はこちらの方が履き心地が良いかもしれません。

ただの廉価版ではなくよりアクティブな場面にも対応した別素材のアリゾナという位置づけでしょう。

靴作りにおいて信頼性のあるビルケンシュトックで、なおかつドイツ製であるにも関わらず定価5000円以下というのはかなり優秀です。

EVA樹脂のビルケンシュトックはアリゾナ以外にもマドリードやギゼがあるので好みに合ったサンダルが選べます。

ビーチサンダルやバスサンダルだけに留めるにはもったいないほど幅広く活躍してくれそうなサンダルです。


ビルケンシュトック アリゾナ EVA BIRKENSTOCK ARIZONA