ストローを加工して極小の防水ケースが簡単に作れる

公開日: [ 約2分で読めます ] EDC (Every Day Carry), サバイバル, 防災

straw-storage-1

用意するもの

ストロー

普通のストローでも十分ですが、直径が太いほどより多くのモノを入れることができます。

ハサミ

ストローを切れる普通のハサミでよいです。

プライヤー

ストローを固定するために使います。

ライター

ストローに熱を加えて柔らかくするために使います。

1. ストローを切る

ハサミを使ってストローを適当な長さに切ります。
straw-storage-2

2. ライターであぶる

プライヤーでストローの端を押しつぶすように持ち、ライターで数秒間あぶりながらストローを溶かします。
straw-storage-3

3. プライヤーを押し当て封をする

ストローが冷めないうちにプライヤーをあぶっていた場所にずらして冷え固まるのを待ちます。
straw-storage-4

4. 中身を入れる

封をしていない方から中に入れたいものを入れていきます。写真ではワセリンを染みこませたコットンボールを詰め込んでいます。
straw-storage-5

5.完成

同じようにストローを熱して密封すれば完成です。完全にストローの口は塞がっているので防水性のあるケースになりました。
straw-storage-6

使うときは口を切ってコットンボールに着火すれば、長く燃焼させることができます。焚き火を起こすときの着火剤として便利です。
straw-storage-7

アイデア次第でいろいろなものを入れておくことができます。
straw-storage-8

きっちりと密封されていれば液体でも漏れる心配はありません。オリーブオイルを入れると簡易水平器になり、キャンプなどに持って行けばテント設営時に平らな場所かチェックするのに役立ちそうです。
straw-storage-9

粉末状のものは切ったストローをフタ代わりにして何度も使えそうです。道具がそろっていれば再度密封してもよいかもしれません。
straw-storage-10

濡れると困るものをコンパクトに防水できるのでマッチの保存にも適しています。
straw-storage-11

サバイバルで使う釣り糸・釣り針・オモリがこんなにコンパクトに収納できます。
straw-storage-12

拳銃の弾まで入れるのが海外らしくて面白いですね。
straw-storage-13

サバイバル、旅行、防災など少量だけ持ち運びたいものを入れるのに便利です。使い切った後は現地で処分すれば帰りの荷物も減ります。

もし家にずっと保管したまま眠っているストローがあれば、ちょっと加工するだけで活躍してくれるはずです。

straw-storage-14


水野産業 透明ストレートストロー7パイ 500本

スポンサーリンク

関連記事

FOX40 マイクロ 災害時に本当に使えるホイッスル(救助笛)は何か?

災害時に自分の居場所を知らせるためにホイッスル(救助笛)があるとより生存確率が高まります。

記事を読む

北朝鮮から弾道ミサイルが発射され着弾するまでの数分間に何が出来るか?

Photo by Stefan Krasowski 最近急激にきな臭くなってきた朝鮮半島情

記事を読む

安すぎるマグネシウムファイヤースターター 火打石の実力を検証する

隠れたヒット商品 Amazonでひそかに売れ続けているヒット商品があります。 それがマグ

記事を読む

ポケットに入れる物をひとまとめに持ち歩ける CHUMS エコ キーコインケース

定期入れがボロボロになったのがきっかけ 長年Suicaなどを入れていた定期入れが使い込んで

記事を読む

EDC (Every Day Carry)とは何か

Photo by Mike Petrucci 日常的に肌身離さず持ち歩くもの 簡単に表現する

記事を読む

何もない場所に自然の素材だけで瓦屋根の小屋を造り出す技術

突然見知らぬ森の中に放り出された人間がサバイバルするためにまず確保しなければならないのは雨風

記事を読む

zebra2

ZEBRAボールペンとシャーペン(日本未発売モデル)のデザインにホレた

理想のボールペンとシャーペンを求めて 私は文房具にも興味がありデザインと実用性を兼ね備えたボー

記事を読む

寒くなってきたので、今年もハクキンカイロに燃料を入れ使い始めた

寒い季節の主戦力となるか 今日は気温が昼になっても上がらず寒さを感じる日になりました。

記事を読む

ブレードレスで日本でも持ち歩きやすい LEATHERMAN (レザーマン) Style PS

私はいわゆるマルチツールと呼ばれているものが好きで何種類か持っていますが、LEATHERMAN

記事を読む

レンガブロックを積み上げるだけの簡易ロケットストーブの作り方

ロケットストーブといえば燃焼効率の良くシンプルな構造なので、ペール缶などを加工して自作できること

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. ワトスン より:

    初めまして。

    この方法いいですね。
    塩、コショウとか、炒め物する時の油とか入れとくと便利そう。

    ソロのデイキャンばかりなので、普通に売っている入れ物はデカいんですよね。
    それもあって、インスタントものばかりで料理はしてませんでしたが、
    この方法なら調味料も色々持って行けて料理したくなりそう?

    • Coro より:

      そうですね。ちょっとした調味料ならそれほど大きな容器は必要ないですし。
      しっかり密封できるので漏れの心配もないのでよいアイデアだと思います。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑