世界のミニマリスト Steve Jobs (スティーブ・ジョブズ)

公開日: [ 約2分で読めます ] ミニマリスト

steve-jobs-2
Photo by WIRED

ブランディングで世界を変えた男

日本でも有名なスティーブ・ジョブズは亡くなってからより神格化され一時期もてはやされることも多かったです。彼の功績についてわざわざこの記事で事細かに書くようなことはしません。

ただひとつ言えるのは彼が洗練された製品を作り上げ、さらにApple代表として自らの圧倒的なブランディングにより自社製品を世界中で大ヒットさせた人物だということです。

Apple製品の使いやすさやシンプルなデザインの根源はジョブズが持つ禅の精神が宿っていたからでしょう。彼の禅に基づく独自のフィルターを通した製品だけしか世に送り出しませんでした。

フィルターに引っかかるものは容赦なく指摘し、納得のいく製品になるまで何度も作り直させました。鬼のようなストイックさで削ぎ落とすところが無くなるまで徹底して製品と向き合うことで他社との差別化を図りました。正確には他社などほとんど眼中にはなかったのです。

steve-jobs-1
Photo by MakeSpace

必要なものは全てそろっている綺麗なランプと素晴らしい音楽プレイヤーそれにコーヒー幸せになるためにこれ以上なにがいるかな
by Steve Jobs

禅の持つシンプルさの追求

ジョブズはもともと禅に関心があり、禅センターにも度々訪れていました。ある日禅僧に悟りが開けたと証拠にICチップを見せました。しかし禅僧はそれはたしかにすばらしいものだが、悟りの証拠にならないと答えました。

これをきっかけに親交を深めた禅僧の乙川弘文さん(アメリカで活動した曹洞宗の僧侶)が悟りを開くには禅の精神であるシンプルであることが大事だという教えをジョブズに説いたそうです。

この真剣に禅と向き合うことこそ、ジョブズが生涯に渡って追い求めたシンプルさとその先にある悟りに通ずる要因だと思います。もっとバリバリの西洋文化によって生み出された製品だと思っていたのでちょっと意外です。

若い頃の写真を見ても余計なモノは持たず、禅に関心があるからといって部屋に和風なものがあるかといえばそうでもなく、純粋に禅に対して心だけで向き合っていたことがわかります。

Apple製品には東洋美術的な余白を活かしたり、引き算して作り出す美しさが備わっていると思います。癌によって命は絶たれてしまいましたが、その魂は少しでも悟りの境地へ近づけたでしょうか。


禅と林檎 スティーブ・ジョブズという生き方

スポンサーリンク

関連記事

Punkt. MP 01 ジャスパー・モリソンが手掛ける究極のミニマリスト携帯電話

Photo by Punkt. 総務省が公表している2014年(平成26年)のICTの利用

記事を読む

ミニマリストの将来と今後の展望

私がこのブログを立ち上げたのが2014年9月で、ミニマリストという言葉を知ったのもおそらく201

記事を読む

片付け

シンプルライフやミニマリストになるため、優先して整理すべきもの

本・雑誌・コミック とにかく場所を取るしデジタル化しやすいので、特に読書好きであれば本から

記事を読む

kindle

Kindleで読めるシンプルライフ・ミニマリスト本33選

シンプルライフやミニマリストに興味があるけれど、本を買い漁って物が増えるのは本末転倒です。

記事を読む

宇治壱番宿 にがうり(Uji Hotel) 京都の風情と現代デザインが融合したミニマリストゲストハウス

via visualcraze 宇治壱番宿 にがうりは京都宇治に2016年5月1日にオープ

記事を読む

世界のミニマリスト Jane Siberry (ジェーン・シベリー)

Photo by Mr Andy J C 光と影 カナダのトロント生まれの歌手で当時

記事を読む

世界のミニマリスト Mahatma Gandhi (マハトマ・ガンディー)

Photo by { pranav } 世界から暴力を無くすことに人生を捧げた マハトマ

記事を読む

シンプルライフやミニマリストなどのキーワードから今後成長する分野なのか予測する

キーワードから大きな流れを読み取る 記事を書き続けるにあたり日々しっかりと記事を書くことはもち

記事を読む

日本のミニマリスト 紀里谷和明 (きりや かずあき)

Photo by Kazuaki Kiriya きっかけはiTunes 紀里谷和明さんは

記事を読む

お金を握りしめる赤ちゃん

お金の使い道を見極めることで、豊かな時間を過ごせるという話

お金が充分貯まったら、何に使えば良いのでしょうか? そのお金を最大限に有効活用したり、幸福感

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑