三井住友銀行の暗証カードをパスワードカードに変更して思ったこと

公開日: [ 約2分で読めます ] ガジェット

smbc-password

セキュリティは強化されたが弊害も

私は三井住友銀行に口座を持っており、ネットで振り込み手続きや残高照会もできるのでよく利用しています。ネットからログインするには今まで暗証カードという銀行のキャッシュカードと同じくらいの大きさで数字が羅列されたカードを使っていました。

それをセキュリティ強化として新たにパスワードカードというワンタイムのパスワードが生成される形式に変更しました。詐欺が横行しているため少しでも防犯対策になればと変えてみましたが、外出先でログインするにはパスワードカードも携帯しなければいけなくなってしまいました。

暗証カードの時は暗証カードを持ち歩かず紙切れに数字だけ写して、もしも外出先でログインするときはそれを見ればログインすることができました。他人が見てもただ数字が羅列された紙なので、それが三井住友銀行のパスワードだとはまず関連付けできません。

紙切れ自体も小さく折りたたんで見つからない場所に隠してあるのでセキュリティは保たれていたと思います。しかしパスワードカードは一目見て三井住友銀行だとわかってしまいます。

もちろんログインするには別に4ケタの暗証番号が必要ですが、知られてあまり気持ちの良いものではありません。外出先でログインすることなどまず無いだろうという人もいますが、私の場合はちょくちょくあるのでパスワードカードを持ち歩くしかありません。

パスワードに囲まれた生活

できる対策としては財布にキャッシュカードを入れているので、財布とは別の場所にパスワードカードを入れています。どちらか紛失してもまず口座へはログイン不可能ですから。

ワンタイムパスワードにより口座へアクセスしやすくなりましたが、その反面貴重品が増えてしまったことが欠点ですね。これから新規に口座を作ったら強制的にパスワードカードになるのでしょう。

りそな銀行だとスマホアプリからワンタイムパスワードが取得できる仕組みになっており、それだとパスワードカードを持ち歩く必要がないので便利です。私は今のところガラケーなのでりそな銀行の方は暗証カードを使い続けています。

スマホアプリは電池切れやそもそもアプリを開くためにまたパスワードが必要なんじゃないかと考えるとどっちもどっちな感じです。

ネット関連のパスワードまわりを全然整理できていないので、不用になったパスワードは消したり一度すべてを見直さないとダメだなとこの記事を書きながら思いました。

スポンサーリンク

関連記事

eneloop (エネループ) 充電池で身のまわりの道具をまとめる

SANYOからパナソニックへ すでにご存じかとは思いますがSANYO(三洋電機)が生み出し

記事を読む

HDD(ハードディスク)は消耗品だと意識して必ずバックアップを取るべし

念には念を入れる 私の持つデジタルデータのほぼすべてがこの中に記憶されています。基本的にパ

記事を読む

MiMiDAS (ミミダス) 綿棒で耳垢取りは危険? 最強の耳かきを探せ!

私の使っている耳かき あなたは普段どんな耳かきを使っていますか?私はこの金属製の耳かきを長年使

記事を読む

TIMEX(タイメックス) オリジナルベトナムキャンパー 忠実復刻は嬉しいが値段が高め

TIMEX(タイメックス)の名品と呼べるCamper(キャンパー)がベトナム戦争時にアメリカ軍に

記事を読む

Vornado(ボルネード) サーキュレーター 室内の空気を循環させ多目的な用途に使える

我が家では春先から活躍し始めるのがVornado(ボルネード)のサーキュレーターです。 私

記事を読む

アンティーク調なデザインのハサミは意外に実用的だった

いつごろ買ったかわからないほどいつの間にか手元にあったハサミです。実際に古いものではなくアンティ

記事を読む

スリングショット(パチンコ)の進化形 ポケットショット ペットボトルとゴム風船で自作も可能

via thepocketshot.com 狩猟の自由は誰にでもある スリングショッ

記事を読む

Hoechstmass(ヘキストマス) キーホルダー付コンパクトメジャー

持ち運びに適したメジャー 出先でなにかサイズを測りたいという場面で小さなメジャーがあると便

記事を読む

ビクトリノックス(Victorinox) ランブラーとクラシックALの違い

持ち歩くのに最適なサイズ 私はナイフマニアでもビクトリノックスマニアでもありませんが、ビク

記事を読む

wmo1

軽くて握りやすい光学式マウス Microsoft Wheel Mouse Optical 1.1A

2ボタン+ホイールマウスの完成系 数年前に購入してから使い続けている光学式マウスMicro

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑