シャボン玉石けん 浴用 無添加石けん選びは結局ありふれたものに落ち着いた

公開日: [ 約2分で読めます ] エコロジー, シンプルライフ

shabondama-sekken-1
湯シャンはいまだに継続中で特に問題なく過ごせていますが、体も極力洗わないようにしています。

正確には毎日お湯で汗や皮脂汚れを洗い流しているので、お湯で洗っていることにはなります。

それでもさすがに股間や脇などの汚れやすい部分は石けんを使った方が清潔だと思います。

うちでは湯シャンにする前に無添加シャンプーを1年ほど使っていた期間があるのですが、それと同じくらいのタイミングで石けんも無添加の商品に切り替えました。

無添加石けんにもいろいろ種類があって何種類か試しましたが、結局始めの頃に使っていたシャボン玉石けんに落ち着きました。

理由としては価格が安くて手に入りやすく、長年に渡り消費者に愛され信頼が築かれているからです。

合成洗剤から無添加石けんに切り替えたことで赤字が続き、倒産寸前だった会社をそれでもこだわりを貫き見事に甦らせたカリスマ的な先代社長が2007年に亡くなり、今は先代の息子が若き後継者として会社を引っ張っています。

私は九州出身なので同じ九州の福岡に本社を構えるシャボン玉石けんに親しみを感じることも使い続けている大きな要因です。

shabondama-sekken-2
石ケン素地とだけ書かれた成分表示で余分なものが含まれていない石けんだと一目で分かります。

まるで食品工場のような場所で人の目や感覚によって丁寧に作られた石けんは、品質にムラがなくいつも安心して使える商品に仕上がっています。

私は肌が弱いほうで常に体のどこかしらにできものや肌荒れがある感じなので、刺激が少なく子供から大人まで安心して使える石けんというのは非常にありがたい存在です。

それどころか最近では肌の自浄能力にまかせて極力洗わない方法に変わりましたが、それでも荒れた肌を清潔にしたり夏場の過剰な汗と皮脂汚れを落とすには手放せません。

排水も微生物によって即座に水と二酸化炭素に分解され自然に帰ります。

着色料や香料が含まれていないので初めて使った時には何か物足りない感じがしましたが、逆に無添加石けんに慣れてしまうと普通の石けんは臭いや刺激が強いと感じるようになります。

また石けんの配合するバランスが良いのか、無添加石けんにありがちな泡立ちの悪さがなく普通の石けんと同じように使えます。

徹底した品質管理と環境に配慮したこだわりの石けん作りでV字回復した経緯があるだけに、先代の思いを受け継いで今後も無添加石けんの代表するブランドとして頑張って欲しいです。

シャンプー・石けん無しで四季を過ごして感じたことまとめ

シャンプー・石けんの使用を控えたら、鼻がよけいに敏感になった気がする


シャボン玉 浴用 100g*12個

スポンサーリンク

関連記事

Burt’s Bees(バーツビーズ) 創立者が広大な土地で過ごす極上のシンプルライフ

Photo by Inc.com 創立者バート・シャビッツの人物像 Burt’s Bee

記事を読む

テンダーの電気・ガス・水道料金ゼロの暮らしは時代を先取りする生き方なのか?

公共の電気・ガス・水道という生活に必要なライフラインに一切契約することなく暮らしている人がいます

記事を読む

ゴミ箱

使い捨てる物からの脱却

使い捨てる時代は終わった 使い捨て○○というとあなたは何を想像しますか?一昔前まではこうし

記事を読む

15年以上ほぼ毎日食べ飲み続けている朝食メニュー5つ

あなたは朝食を毎朝食べていますか?朝食は食べた方がよいとか逆に抜いた方がよいとかいろいろな説があ

記事を読む

レンガブロックを積み上げるだけの簡易ロケットストーブの作り方

ロケットストーブといえば燃焼効率の良くシンプルな構造なので、ペール缶などを加工して自作できること

記事を読む

Stardew Valley 牧場物語ライクな農場暮らしが楽しめるRPG

2016年2月27日にリリースされSteam売り上げ1位を記録するなど異例のヒット作とな

記事を読む

ドラクエII

尖った人はおもしろい、特化型人間がこれから社会をリードする

画像はドラゴンクエストIIです。私はドラクエのなかではIIが一番好きです。 いっけん今回の

記事を読む

映画『降りてゆく生き方』公開以来DVD化せず全国各地で異例のロングラン上映 3.11以降さらに関心高まる

Image by nippon-p.org 商業映画や資本主義に一石を投じた作品 映

記事を読む

物量を気にするよりも道具をアクティブな状態に保つことが大事

使わない道具はいざという時に使えない 道具が多すぎると手入れが行き届かず、いざ使いたい時に

記事を読む

【TED】生きるのはラクだ、なぜ私たちは困難な方を目指すのか?

Jon Jandai(ジョン・ジャンダイ)さんはタイ北東部で農業を営んでいる普通の男性です。

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑