坂本龍一の戦場のメリークリスマス(戦メリ)をカバー・アレンジしたアーティストまとめ

公開日: [ 約6分で読めます ] 音楽

senmeri-1
坂本龍一の代表作である戦メリこと戦場のメリークリスマス(Merry Christmas, Mr. Lawrence)は、あまりこの手の音楽を聴かない人でも耳にした事があるほど有名な曲です。

大島渚が監督を務めた同一タイトルの映画の主題歌であり、見事1983年の英国アカデミー賞の作曲賞に輝き坂本龍一の名を世界へ知らしめる切っ掛けとなりました。

当時はまだYMOでもバリバリ現役で活動していた時期なので、幅広い分野で才能を発揮していたことがわかります。

2016年に坂本龍一と映画で共演したデヴィッド・ボウイが亡くなり、彼もまた20世紀で最も影響力のあるアーティストに選ばれるなど世界的なアーティストでした。

戦メリは今聴いても古臭さは無く不朽の名曲と言えるでしょう。故に多くのアーティストに影響を与えカバーされる事も多い曲です。

戦メリをカバーしたアーティスト一覧

ざっと調べて見つけたアーティストなので、おそらく世界中では数え切れないほどカバーやアレンジがされていることでしょう。そしてこれからも新しくカバーするアーティストが現れるはずです。

ロットングラフティー

senmeri-2
© CDJournal

京都府出身のロックバンド。悪巧みというオリジナル曲に戦メリを融合させ話題となりました。

[PV]悪巧み~Merry Christmas Mr Lawre – ロットングラフティー

FACT

senmeri-3
© TOWER RECORDS

ハードコア・メタル・パンクなどジャンルに囚われず多彩な音色を奏でる日本のロックバンド。2015年に解散してしまいましたが国内外で人気を博しました。

FACT – Merry Christmas Mr.Lawrence

Utada(宇多田ヒカル)

senmeri-4
© JETwit.com

皆さんご存じ日本を代表する歌姫ヒッキーのUtada名義で作られたアルバムに収録されている曲です。坂本龍一と同じくニューヨークを拠点に活動するアーティストとして出会いは必然でした。

Utada – Merry Christmas Mr. Lawrence – FYI [FULL] Lyrics included

村治佳織

senmeri-5
© e-motion.jp

美人ギタリストとして有名ですがギターの腕前も一流で、この曲をカバーしたことで教授との共演を果たしました。

Kaori Muraji – 村治佳織 – Merry Christmas,Mr Lawrence

押尾コータロー

senmeri-6
© t.pia.jp

日本を代表するギタリストの一人。アコースティックギターを弾くというより叩くような演奏は圧巻です。

Kotaro Oshio – Merry Christmas Mr. Lawlence (PV)

Aira Mitsuki

senmeri-20
© fanart.tv

女性テクノポップ歌手。フランス語のウィスパーボイスに女性コーラスの声のようなテルミンの伸びやかな音色が合わさって独特の世界観に仕上がっています。

Aira Mitsuki / 戦場のメリークリスマス

つじあやの

senmeri-21
© laughy.jp

シンガーソングライターでありウクレレ奏者でもあります。オリジナルの歌詞を優しい歌声で歌い上げています。

つじあやの 戦場のメリークリスマス

Dardust

senmeri-7
© Dardust Official

調べたところイタリアで活動するアーティストらしいです。ピアノからのアナログ楽器と電子音を交えた演奏は聴き応えあります。

Dardust – “Merry Christmas Mr. Lawrence” (Ryuichi Sakamoto)

吉田兄弟

senmeri-8
© accueillir-daisen.info

戦メリはどこかオリエンタルな雰囲気も感じさせる曲なので、三味線の和風な音色とも相性抜群ですね。

吉田兄弟 – 戦場のメリークリスマス (Merry christmas, mr lawrence)

Eriq Johnson

senmeri-9
© M-Sol Records
ドイツで活動するハウスDJのようです。原曲でもシンセサイザーが使われているので違和感なく聴けます。

Deeper Sublime & Eriq Johnson – Merry Christmas Mr. Lawrence

Rin’

senmeri-10
© otowota.com

女性邦楽器演奏家3名によるバンド。これぞ日本伝統の美しさという印象で戦メリは邦楽器とよく合います。

Rin’ – Merry Christmas Mr. Lawrence

AI

senmeri-11
© moyarin.com

Youtubeのコメント欄で戦メリに歌詞を付ける付けない論争が巻き起こっていますが、やってみなければ分からない面もあるので難しいですね。良し悪しは別としてアーティストとしてチャレンジしたことは評価してあげたい。

AI – Merry Christmas Mr. Lawrence

Maksim

senmeri-12
© Dnevni List

クロアチア出身のイケメンピアニスト。端正なルックスだけでなく彼が奏でる音楽も幻想的で繊細な表現がイメージ通りです。

Maksim~Merry Christmas Mr Lawrence

Baby Boo

senmeri-13
© Knot Factory

男性5人組のヴォーカルグループ。アカペラのボイスパーカッションで戦メリに挑戦するのはこの人たちぐらいではないでしょうか。息のあった絶妙なボイパは痺れますね。

Baby Boo Merry Christmas Mr Lawrence

tico moon

senmeri-14
© ticomoon.com

ハープとギターのデュオユニット。こちらはアナログなMVの出来も素晴らしいのでぜひ視聴してみてください。

tico moon “Merry Christmas, Mr.Lawrence “

Watergate

senmeri-15
戦メリをトランスにしてひと捻り加えたらこうなりました。どこか外国人が思い描くオリエンタルな日本という感じでMVも凝っています。微妙にメロディが異なるのは権利がらみでしょうか。

Watergate-Heart of Asia

Riccardo Eberspacher

senmeri-16
© r-eberspacher.com

ローマを拠点に活動する作曲家。さまざまな楽器を組み合わせたオーケストラ的なアレンジは王道です。

Merry Christmas Mr.Lawrence Riccardo Eberspacher

Dagmar Krug

senmeri-17
© REBEAT Artist Camp

ドイツ出身の女性ピアニスト。シンプルなピアノソロはやはり聴きながら落ち着きます。

Merry Christmas Mr. Lawrence

Sylvian & Sakamoto

senmeri-18
© HolySchpomone

戦メリを語る上で避けては通れないのが、デヴィッド・シルヴィアンとタッグを組んだ『Forbidden Colours(禁じられた色彩)』です。もはやカバーではなく共作ですがこれは外せません。もう一つの戦メリと言って過言はないでしょう。歌詞の有無などどうでもよくなるほどの傑作です。

Sylvian & Sakamoto – Forbidden Colours

本人の演奏

senmeri-19
最後に坂本龍一本人の演奏で締めたいと思います。同じ曲でも年齢を重ねるにつれて円熟されていきます。戦メリはこれからも多くの人の耳に届くでしょう。

Ryuichi Sakamoto – Merry Christmas Mr.Lawrence 2015/10/31


戦場のメリークリスマス-30th Anniversary Edition-

スポンサーリンク

関連記事

【ASMR】菜食王子が音と映像で伝えるマクロビオティックなレシピ動画 Peaceful Cuisine

日本で有名なYouTuberといえば日本語で動画コンテンツをアップして人気になることがほとんどで

記事を読む

ネットでLIVE DJが楽しめる 作業用BGMにも最適なBOILER ROOM (ボイラールーム)

ネットでLIVE DJを楽しむ 普段ブログのネタ探しや投稿中の作業用BGMとしてBOI

記事を読む

Perfume(パフューム)の絶対に聴いておくべきカッコイイ曲17選

Photo by Dick Thomas Johnson もともとは広島で幼なじみ3人で結

記事を読む

2016年の個人的に気に入ったアルバム10選

Photo by George Kelly 2015年版は年明けに書きましたが音楽雑誌など

記事を読む

暖炉の前でスコッチ・ウイスキーを片手に無言のメッセージを伝えるおじさんの動画

落ち着いた部屋にある暖炉の前でソファに腰掛けるおじさん。 ここまでは展開として

記事を読む

【ASMR】日本の職人技が光る洗練された仕草を撮影した動画 GarraStyle

ASMRについて ASMRとはAutonomous Sensory Meridian Resp

記事を読む

2015年の個人的に気に入ったアルバム10選

Photo by flattop341 2015年が終わり聴いていた音楽のなかで気に入った

記事を読む

1/fゆらぎ 規則性の中に不規則な要素を見つけると人は落ち着く

ヒグラシの鳴き声 今年も夕暮れになるとヒグラシが鳴き始めるようになりました。 私

記事を読む

Creative(クリエイティブ) EP-630 格安でも中低音がしっかりと鳴るカナル型イヤホン

※写真はEP-650 ほどよいイヤホンを探す 私は音楽を聴く時もPCを触っているときもほ

記事を読む

JVCケンウッド HA-FX33X-S 重低音に特化したタフなダイナミック密閉型カナルイヤホン

EP-630の後継者探し 2015年5月から使い続けてきたEP-630が2016年の大晦日に呆

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑