意外なものを整理整頓してみると面白い世界が広がっている

公開日: [ 約2分で読めます ] シンプルライフ

seiri-seiton-1
Photos by JoshHarris

いろいろな要素が混ざり合った世界

この世の中にあるものは基本的にいくつもの要素が複雑に組み合わさっており、整理整頓された状態にあるものが珍しいほど混沌としています。

同じ商品が綺麗に並べられた大型スーパーなどは独特の雰囲気があります。

普段何気なく存在するものたちを人為的に整理整頓することで違った見え方のする画像を紹介していきます。

seiri-seiton-2
冒頭の松の枝をばらして並べた状態です。これは整理整頓というよりも分解ですね。

seiri-seiton-3
砂場で遊ぶ子供とまわりに散らばるオモチャという何気ない風景。

seiri-seiton-4
綺麗に種類ごとに並べられた状態ではちょっと不自然ですね。子供が散らかさずにおもちゃを並べて佇んでたらちょっと心配になります。

seiri-seiton-5
晴れた日にプールや広場でくつろぐ人たち、真上から見下ろすとちっぽけな存在です。

seiri-seiton-6
人も含めて並べてみるとまるでレゴブロックのようです。無機質な姿は本当に人形が置かれているかのように錯覚します。

seiri-seiton-7
駐車場は何も考えずに駐めるとこのようにバラバラになります。

seiri-seiton-8
色ごとにグループ分けするだけで新車の在庫かと勘違いしそうです。また寄せ集めるだけでこれだけスペースが空いていたことにも驚きです。

seiri-seiton-9
いろどり鮮やかなフルーツ盛り合わせ。

seiri-seiton-10
列を作るとどの果物がどれだけ含まれているか一目凝然です。売られている商品も分析してみるとうまいこと量が水増しされてそうで怖いです。

seiri-seiton-11
夜空にきらめく星々はそのまま眺めても綺麗です。

seiri-seiton-12
整理すると大小様々な大きさの星が入り交じっていることがわかります。星の大きさや距離や発光度合いで微妙に変化するのでしょう。

seiri-seiton-13
看板の文字は古くて劣化したら文字が取れて読みづらくなることがあります。

seiri-seiton-14
文字をばらしてしまうと何かの記号なのかアートと見間違うほど様変わりします。

seiri-seiton-15
クリスマスっぽいホリデーカラーのオブジェ。

seiri-seiton-16
ばらすとこれだけのものが含まれていました。赤と緑が入り交じってクリスマス感を出していることがわかります。

seiri-seiton-17
おいしそうなアルファベットパスタ。

seiri-seiton-18
律儀にアルファベット順に並べると食べるのがもったいない気がします。並べるだけでも地味に時間がかかる作業です。

整理整頓する意味

整理整頓すると何がどこにあるのかを認識しやすく、見た目にもスッキリするので良い面が多いですが、その分ごまかしが利かないありのままの姿をさらけ出します。

また物の絶対量が多いといくら整理整頓したつもりでもスッキリしないこともあります。

物量の調整と種類ごとの選別を含めて整理整頓と呼べるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事

エアストリームなどアルミ合金のキャンピングトレーラーはなぜ人を惹きつけるのか

via Cool Material メタリックな質感が好き 普段からキャンピングカーや可

記事を読む

自作キャンドルヒーターは安い材料で簡単に作れて燃費も良い

暖房器具は自作できる 寒い時期に室温を上げるための暖房器具はいろいろあります。 現代における

記事を読む

【映画】この世界の片隅に 戦時中の極貧生活やたくましく生きる人々の姿を描いた戦争アニメ

Photo by Makuake 漫画家こうの史代さんの原作『この世界の片隅に』が片渕須直

記事を読む

ドラクエII

尖った人はおもしろい、特化型人間がこれから社会をリードする

画像はドラゴンクエストIIです。私はドラクエのなかではIIが一番好きです。 いっけん今回の

記事を読む

出羽島プロジェクト お金のいらない島(国)でギフト経済は実現するのか?

Photo by とくしまグリーン・ツーリズム お金が支配する社会からの脱却 現代社会で

記事を読む

MUJI無印良品:Good enough Living つつましく、満ち足りたくらし シンプルな生活用品の数々

無印良品からシンプルライフやミニマリストを明確に意識したコンセプト動画が公開されました。 いか

記事を読む

物量を気にするよりも道具をアクティブな状態に保つことが大事

使わない道具はいざという時に使えない 道具が多すぎると手入れが行き届かず、いざ使いたい時に

記事を読む

ヘビーデューティーな物を長く使い込むことで愛着を持ったり経年変化を楽しむ

Photo by Bradley Gordon ヘビーデューティーとは"激しい労働や過酷な

記事を読む

kindle

Kindleで読めるシンプルライフ・ミニマリスト本33選

シンプルライフやミニマリストに興味があるけれど、本を買い漁って物が増えるのは本末転倒です。

記事を読む

消費社会に疲れた日本人は再び元の鞘に納まるか

Photo by Evan Blaser 質素な暮らしを捨て消費社会を選んだ 日本の高度

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑