Scrubba(スクラバ) Wash Bag 世界最小で軽量・コンパクトな携帯できる洗濯袋

公開日: [ 約2分で読めます ] アウトドア, エコロジー

scrubba-wash-bag-1
via Bless This Stuff
Scrubba(スクラバ) Wash Bagは旅行先で手軽に洗濯することができる洗濯袋です。汗や汚れを洗い落として旅行先で快適に過ごすための必需品になるかもしれません。

Scrubbaの使い方

scrubba-wash-bag-2
下着や靴下を同時に入れて洗えるくらいの容量があり、そこへ水を洗濯袋を20~30%ほど注いで口を閉じます。

scrubba-wash-bag-3
空気を抜くための穴が開いており、そこから中にある空気を抜くことで洗浄効果が高まります。

内部にある突起にこすりつけるように転がすことで汚れが洗濯物が落ち綺麗になります。

scrubba-wash-bag-4
シリコン製の突起はほどよい柔らかさがあるので、洗濯物を痛めることなく短時間で洗い上げることを実現しました。

scrubba-wash-bag-5
洗濯袋は畳めば手のひらに収まるほどコンパクトになり、荷物を出来るだけ少なくしたいバックパッカーやアウトドアで中長期の滞在をして洗濯もしたい人には打って付けの製品だと思います。

役立ちそうな環境

本格的な登山やトレッキングなどではそもそも水が貴重なので洗濯する余裕はないでしょう。また旅行先に洗面所などがあればわざわざ洗濯袋を使う必要がないかもしれません。

バックパッカーは長期滞在が多いので少量でも洗濯機並に汚れを落としたいなら役立ちますし、手を塗らさずに洗えるので寒い時期に手が冷えなくてよいです。

洗濯が可能なくらい水の確保ができる環境ならどこでも洗濯できそうです。洗濯するための水量も最小限に抑えられるので環境にも優しいです。

まとめ

欠点としては価格が少々高めで本当に必要でないとなかなか手が出ません。

半額ぐらいだと非常にコスパがよさそうですが、容量が同じくらいのドライサックでそのくらいの値段なので妥当なのでしょう。

それから非常に薄い袋なので何度もくり返し使った時の耐久性がどの程度あるのかも気になります。値段が値段なので数回使っただけで破れることは無いでしょうが心配ではあります。

過ごす環境にScrubbaがうまくマッチすれば値段以上に快適な旅が実現できると思います。万が一洗濯機が使えなくなった時の手段としても有効です。


Scrubba(スクラバ) Scrubba wash bag スクラバウォッシュバッグ 携帯用洗濯袋

スポンサーリンク

関連記事

第四次産業革命 インダストリー4.0 先進技術による人間と社会構造の常識を覆す大変革

人類は長い歴史の中で3度の産業革命を経験してきました。 第一次産業革命では石炭を燃料とした

記事を読む

eBayで買った怪しげな中国直送ファイヤースターターの実力を検証する

以前Amazonで100円前後で売られているファイヤースターターの検証を行いましたが、今回はeB

記事を読む

VARGO(バーゴ) ヘキサゴンウッドストーブをグリルとして代用する裏技が発見される

携帯ウッドストーブの定番として長年売れ続けているVARGO(バーゴ) ヘキサゴンウッドストーブで

記事を読む

パタゴニア キャプリーン2 手持ちの化繊ベースレイヤー最古参に君臨するタフな製品

年中着ている手持ちの化繊ベースレイヤー(下着)のなかで一番古いものは何かと調べたら、パタゴニア

記事を読む

ホームキャニング(自家製瓶詰め) おしゃれなガラス瓶で長期保存できる保存食を手作りする

Photo by marcs international 今でこそ冷蔵庫や高度な保存技術に

記事を読む

シャボン玉石けん 浴用 無添加石けん選びは結局ありふれたものに落ち着いた

湯シャンはいまだに継続中で特に問題なく過ごせていますが、体も極力洗わないようにしています。

記事を読む

1ドルと400ドルの実用ナイフでは性能にどれほど差があるのか?

世の中には多種多様なナイフが販売されていますが、パッと見ただけではそこまで性能の差があるのか素人

記事を読む

アウトドアブランドのロゴTシャツはデザインだけでなく機能面でも優れている

Photo by Outdoor Gangster 毎年のように耐え難い猛暑になる日本の夏

記事を読む

安すぎるマグネシウムファイヤースターター 火打石の実力を検証する

隠れたヒット商品 Amazonでひそかに売れ続けているヒット商品があります。 それがマグ

記事を読む

coincheck(コインチェック)でんき 電気代をビットコインで支払ったり付与されるサービスで電気料金を見直す

2017年は仮想通貨元年といわれ、三菱東京UFJ銀行がMUFGコインという独自の仮想通貨を一般利

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. 匿名 より:

    確かこれと同じ物つかってる人がいて、一ヶ月毎日洗濯していたら
    結構へばってきたって書いてあった。

    • Coro より:

      >匿名さん

      やはり耐久性はそれほど無さそうですか。
      あくまで臨時的な使用を想定して作られているのかもしれません。
      それにしても一ヶ月でへばるとは短いですね-。

  2. 匿名 より:

    2014年に購入して出張先での3ヶ月間、毎日のように使っていましたが全く問題ありませんでした。泡切れの悪い洗剤だとすすぎを何度もしなくてはならず、体力的には辛かったですが笑

    • Coro より:

      情報ありがとうございます。
      意外とタフな面もあるんですね。
      洗剤によって洗う回数も変わるので重要なポイントかもしれません。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑