ルッコラの避難と空心菜の本格化とハーブの育ち具合

rucola-refuge-1

ルッコラ

ルッコラの水耕栽培ですが、まともに日光が当たらない場所で育てており、1週間ほど雨や曇り空が続きすっかりカビだらけになりました。

それでも本葉を出して何とか生きようと必死ですが、さらにキッチンペーパーがまったく水を吸わず固くパリパリになってしまいました。

このままだと確実に全面が水を吸わずに枯れてしまうのは確実なので、まだ生きているルッコラだけでも避難させることにしました。

rucola-refuge-2
ヨーグルトのカップに赤玉土を入れ水をたっぷり与えて避難完了しました。カビはある程度覚悟していましたが、まさかキッチンペーパーが水を吸わなくなるとは思いませんでした。

実験は失敗に終わりましたが、このようにやってみないとわからないことがあるので無駄ではなかったです。容器が小さくなったことで西窓へ移し日光を当てて再起を図ります。

ロケットサラダ(ルッコラ)の種まき ペットボトルとキッチンペーパーだけで野菜は育つのか

空心菜

rucola-refuge-3
空心菜は唯一うちのなかで順調といえます。西窓へ移動させ気温も上がりはじめてからグングン生長して巨大化しています。

高温に極めて強いとは聞いていましたが、予想通り西日を浴びまくってもいじけません。葉を一枚むしって生で食べてみましたが、柔らかくて癖もなく、たまにむしって食べるようになりました。

室内なので茎も固くなりにくいのかもしれません。室内でもこれだけ生長するので育てやすい野菜だと思います。

ペパーミント・オレガノ・レモンバーム

rucola-refuge-4
ハーブ系はかなり育ち具合に差が出ました。小さな芽を出していた鉢ですが、徐々に大きくなり触ってみるとほのかにミントの甘い香りがします。

おそらくペパーミントだと思われます。この時期は日光が入らない南窓でもちょっとずつ生長して枯れること無く一番順調だと思います。

rucola-refuge-5
こちらは残念ながら芽がほとんど枯れてしまい回復の見込みがないので、今回で栽培は終了とさせていただきます。

いっしょに種も蒔いたため区別が付きませんでしたが、おそらくオレガノではないかと思います。

rucola-refuge-6
最後の鉢は一番大きな葉を付けているのもありますが、ここ数日の猛暑でかなり枯れてしまった感じです。

葉の形状や消去法でいくとおそらくレモンバームではないかと思います。レモンバームも丈夫なはずですが、悪天候の後に一気に夏の暑さになったのでダメージがあるはずです。

ハーブとルッコラ(ロケット)の発芽

写真はありませんが小松菜も結局溶けるように枯れていったので室内で野菜を育てる難しさを痛感しています。

とにかく日光が当たらないのに室内は高温になり野菜を育てるには辛い時期です。南窓のミニトマトもある程度までは育ちましたが、そこから生長が止まってしまいました。

西窓に置いてあるミニトマトも1週間ほど晴れ間が無く、日照不足なのか下葉が変色してしまいました。太陽エネルギーというのは絶大だなと改めて感じます。

家庭菜園

Posted by Coro