世界最大の淡水湖・スペリオル湖に浮かぶアーティストの隠れ家 ラビットアイランド

公開日: [ 約2分で読めます ] アウトドア, シンプルライフ

rabbit-island-1
Photo by rabbitisland.org

北アメリカにある五大湖のひとつスペリオル湖はカスピ海に継ぐ大きさで、さらに淡水湖としては世界最大の面積があります。

海洋に浮かぶ島は世界中にありますが、淡水湖に囲まれた島というのは数も少なくとても珍しい環境であると言えます。

そもそも湖の面積や淡水の量がそれなりに多くないと陸続きになってしまい孤島にはならないのですが、スペリオル湖の中心部にあるラビットアイランド(うさぎ島)は淡水湖に浮かぶ孤島として知られています。

うさぎ島といっても日本の広島県にある大久野島ではありません。

rabbit-island-2
ラビットアイランドをアーティストの居住地したいというプロジェクトが立ち上がり、クラウドファンディングのKickstarterで支援金を募りました。

2011年6月にローンチされ目標金額を達成し、キャビンやスタジオの建設費に当てられました。

建設に使用する木材や石はなるべく現地にあるものを利用して作ろうと計画されました。

芸術家が俗世間を離れて自然の静寂に包まれる境地は、正しく象牙の塔と呼ぶに相応しいです。

rabbit-island-3
海水に面する島では浅瀬や砂浜などがあって、そこから潮風に耐えられる丈夫な植物が生えているという感じですが、淡水湖の島では湖畔と同じような草木が生い茂る環境なのでちょっと不思議な光景です。

さすがに世界最大の淡水湖だけあって見渡す限りの水面が広がっており、わずかに岬の陸地が見える程度なので海と錯覚してしまいそうです。

岸辺に向けて打ち寄せる波もあり、ウェットスーツを着てサーフィンを楽しむ姿は海辺となんら変わりません。

海水よりも浮力が低い分だけ乗りこなすのは難しそうな気がしますがどうなんでしょう?

rabbit-island-4
釣りや網でかかる魚も淡水に生息するサーモンやトラウト類が多く見られます。

島の中に湧き水があるのかは不明ですが、いざとなれば飲料水も島の周りから汲んで浄化すれば飲めるでしょう。

まわりが海だと真水を確保するのにも一苦労ですから、この島でしか味わえない事がたくさんありそうです。

rabbit-island-5
長期滞在すると些細なことでも気になってきそうですが、1週間ほどなら楽しんで生活できそうだなと思いました。

特にアーティストは社会から離れて自然と接することで、新たなインスピレーションが生まれるのかもしれません。

何も語ることのない草木や石が教科書になり、季節や時間によって移り変わる水面や空は壮大なスケッチブックです。

Rabbit Island


地球の歩き方 B01 アメリカ 2016-2017 【分冊】 3 五大湖と中西部 アメリカ分冊版

スポンサーリンク

関連記事

525ドルで買えるマイホーム!? ポーランドの建築家がデザインしたコンパクトハウス

via Culture.pl ポーランドの建築家Aleksander Kawiński(ア

記事を読む

アメリカの雄大な自然の中でのんびり釣りできるフィッシングシミュレーター Fishing Planet

基本無料でプレイできる釣りゲームFishing Planetが先月リリースされ、まずまず

記事を読む

freemind

マインドマップで思考を可視化する、FreeMindをシンプルライフに活かす方法

マインドマップとは何か マインドマップはトニー・ブザン(Tony Buzan)が提唱した思考・

記事を読む

UCO(ユーコ) ストームプルーフマッチ 消す方法を逆に知りたい全天候型マッチ

着火道具といえばライターやチャッカマン、原始的なものだと火打ち石やそれを発展させたファイヤースタ

記事を読む

ヘビーデューティーな物を長く使い込むことで愛着を持ったり経年変化を楽しむ

Photo by Bradley Gordon ヘビーデューティーとは"激しい労働や過酷な

記事を読む

身軽になるために物を減らすことのデメリットは何か

当ブログでは散々モノを減らすことを推奨するような記事を書いてきましたが、今回は逆にモノを減ら

記事を読む

仕事を辞め8000ドルで買った中古キャンピングカーに乗り旅する男

via Yahoo! Homes 車内で過ごす一日 仕事を辞め旅に出た 車

記事を読む

シュマグ(アフガンストール)の巻き方 過酷な環境で役立つ万能な綿織物

シュマグ(アフガンストール)といえば一般的には中東あたりの人が頭や首に巻きつけているイメージです

記事を読む

ストレッチフィルム(梱包用ラップ)で作るドームハウスとカヤック(カヌー)

ストレッチフィルムというおもに梱包に使うラップのような素材を使用してDIYする人を発見しました。

記事を読む

ポリウレタン(PU樹脂)素材の呪縛から解放される方法

Photo by Jamie ポリウレタンは1950年代以降さまざまな工業製品に用いられ、

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑