世界最大の淡水湖・スペリオル湖に浮かぶアーティストの隠れ家 ラビットアイランド

公開日: [ 約2分で読めます ] アウトドア, シンプルライフ

rabbit-island-1
Photo by rabbitisland.org

北アメリカにある五大湖のひとつスペリオル湖はカスピ海に継ぐ大きさで、さらに淡水湖としては世界最大の面積があります。

海洋に浮かぶ島は世界中にありますが、淡水湖に囲まれた島というのは数も少なくとても珍しい環境であると言えます。

そもそも湖の面積や淡水の量がそれなりに多くないと陸続きになってしまい孤島にはならないのですが、スペリオル湖の中心部にあるラビットアイランド(うさぎ島)は淡水湖に浮かぶ孤島として知られています。

うさぎ島といっても日本の広島県にある大久野島ではありません。

rabbit-island-2
ラビットアイランドをアーティストの居住地したいというプロジェクトが立ち上がり、クラウドファンディングのKickstarterで支援金を募りました。

2011年6月にローンチされ目標金額を達成し、キャビンやスタジオの建設費に当てられました。

建設に使用する木材や石はなるべく現地にあるものを利用して作ろうと計画されました。

芸術家が俗世間を離れて自然の静寂に包まれる境地は、正しく象牙の塔と呼ぶに相応しいです。

rabbit-island-3
海水に面する島では浅瀬や砂浜などがあって、そこから潮風に耐えられる丈夫な植物が生えているという感じですが、淡水湖の島では湖畔と同じような草木が生い茂る環境なのでちょっと不思議な光景です。

さすがに世界最大の淡水湖だけあって見渡す限りの水面が広がっており、わずかに岬の陸地が見える程度なので海と錯覚してしまいそうです。

岸辺に向けて打ち寄せる波もあり、ウェットスーツを着てサーフィンを楽しむ姿は海辺となんら変わりません。

海水よりも浮力が低い分だけ乗りこなすのは難しそうな気がしますがどうなんでしょう?

rabbit-island-4
釣りや網でかかる魚も淡水に生息するサーモンやトラウト類が多く見られます。

島の中に湧き水があるのかは不明ですが、いざとなれば飲料水も島の周りから汲んで浄化すれば飲めるでしょう。

まわりが海だと真水を確保するのにも一苦労ですから、この島でしか味わえない事がたくさんありそうです。

rabbit-island-5
長期滞在すると些細なことでも気になってきそうですが、1週間ほどなら楽しんで生活できそうだなと思いました。

特にアーティストは社会から離れて自然と接することで、新たなインスピレーションが生まれるのかもしれません。

何も語ることのない草木や石が教科書になり、季節や時間によって移り変わる水面や空は壮大なスケッチブックです。

Rabbit Island


地球の歩き方 B01 アメリカ 2016-2017 【分冊】 3 五大湖と中西部 アメリカ分冊版

スポンサーリンク

関連記事

Burt’s Bees(バーツビーズ) 創立者が広大な土地で過ごす極上のシンプルライフ

Photo by Inc.com 創立者バート・シャビッツの人物像 Burt’s Bee

記事を読む

レンガブロックを積み上げるだけの簡易ロケットストーブの作り方

ロケットストーブといえば燃焼効率の良くシンプルな構造なので、ペール缶などを加工して自作できること

記事を読む

キャンプを題材にしたノスタルジックな絵画アートやイラスト10選

野外で生活道具を持ち込んでキャンプするという非日常的な行為は、自然と人間との距離が極めて近くアートの

記事を読む

Stardew Valley 牧場物語ライクな農場暮らしが楽しめるRPG

2016年2月27日にリリースされSteam売り上げ1位を記録するなど異例のヒット作とな

記事を読む

無印良品 MUJI HUT 3人のデザイナーが新しい小屋を提案するプロジェクト

via Quartz 無印良品がタイニーハウス市場へ参入 いよいよ無印良品が小さな暮らし

記事を読む

サファリハットで真夏の強い日差しや紫外線から頭部や首まわりを保護する

頭部を保護する目的の帽子 私は普段あまりファッションとして帽子を被ることがなく冬場に防寒として

記事を読む

都会の雑踏から脱出するための森林に佇むシェルター Vipp Shelter

via vipp.com デンマークのハウスウェアブランドであるVIPP(ヴィップ)が何と

記事を読む

丸太一本で焚き火台が作れるスウェーデントーチ Swedish Fire Torch(Canadian Candle)

丸太一本で作れて長時間安定した火力が得られるスウェーデントーチは日本ではあまり知られていませんが

記事を読む

365日のシンプルライフ

映画『365日のシンプルライフ』に学ぶ自己との向き合い方

自分にとって本当に必要なものは何か 映画『365日のシンプルライフ』は監督・脚本・主演を務

記事を読む

マヨネーズとスルメのベストコンビは非常食としても最高の組み合わせ

Photo by Girls Channel アウトドアで特に人里から離れて活動する登山や

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑