世界最大の淡水湖・スペリオル湖に浮かぶアーティストの隠れ家 ラビットアイランド

公開日: 最終更新日:2017/07/20 [ 約2分で読めます ] アウトドア, シンプルライフ

rabbit-island-1
Photo by rabbitisland.org

北アメリカにある五大湖のひとつスペリオル湖はカスピ海に継ぐ大きさで、さらに淡水湖としては世界最大の面積があります。

海洋に浮かぶ島は世界中にありますが、淡水湖に囲まれた島というのは数も少なくとても珍しい環境であると言えます。

そもそも湖の面積や淡水の量がそれなりに多くないと陸続きになってしまい孤島にはならないのですが、スペリオル湖の中心部にあるラビットアイランド(うさぎ島)は淡水湖に浮かぶ孤島として知られています。

うさぎ島といっても日本の広島県にある大久野島ではありません。

rabbit-island-2
ラビットアイランドをアーティストの居住地したいというプロジェクトが立ち上がり、クラウドファンディングのKickstarterで支援金を募りました。

2011年6月にローンチされ目標金額を達成し、キャビンやスタジオの建設費に当てられました。

建設に使用する木材や石はなるべく現地にあるものを利用して作ろうと計画されました。

芸術家が俗世間を離れて自然の静寂に包まれる境地は、正しく象牙の塔と呼ぶに相応しいです。

rabbit-island-3
海水に面する島では浅瀬や砂浜などがあって、そこから潮風に耐えられる丈夫な植物が生えているという感じですが、淡水湖の島では湖畔と同じような草木が生い茂る環境なのでちょっと不思議な光景です。

さすがに世界最大の淡水湖だけあって見渡す限りの水面が広がっており、わずかに岬の陸地が見える程度なので海と錯覚してしまいそうです。

岸辺に向けて打ち寄せる波もあり、ウェットスーツを着てサーフィンを楽しむ姿は海辺となんら変わりません。

海水よりも浮力が低い分だけ乗りこなすのは難しそうな気がしますがどうなんでしょう?

rabbit-island-4
釣りや網でかかる魚も淡水に生息するサーモンやトラウト類が多く見られます。

島の中に湧き水があるのかは不明ですが、いざとなれば飲料水も島の周りから汲んで浄化すれば飲めるでしょう。

まわりが海だと真水を確保するのにも一苦労ですから、この島でしか味わえない事がたくさんありそうです。

rabbit-island-5
長期滞在すると些細なことでも気になってきそうですが、1週間ほどなら楽しんで生活できそうだなと思いました。

特にアーティストは社会から離れて自然と接することで、新たなインスピレーションが生まれるのかもしれません。

何も語ることのない草木や石が教科書になり、季節や時間によって移り変わる水面や空は壮大なスケッチブックです。

Rabbit Island

スポンサーリンク

関連記事

ドイツ美女がスウェーデンの森の中でブッシュクラフトキャンプすると絵になる

機材の進化と動画投稿サイトの普及によってキャンプ動画がたくさん見られるようになりましたが、良くも

記事を読む

見栄を張ることをやめると、余計な苦しみから解放され自然体で生活できる

誰しも他人からよく思われたいとか嫌われたくないと思うのは普通ですが、その意識があまりに強くなると

記事を読む

ショッピングカート

ネットでポチる衝動買いを防ぐための効果的な方法

シンプルライフを実践していてもAmazonや楽天で思わず購入ボタンをポチりたくなる衝動にから

記事を読む

出羽島プロジェクト お金のいらない島(国)でギフト経済は実現するのか?

Photo by とくしまグリーン・ツーリズム お金が支配する社会からの脱却 現代社会で

記事を読む

1つ2役やトランスフォームする省スペース思考な家具たち

via Space-saving design ideas 家具の兼業や省スペース化を考え

記事を読む

マルチツールか専用ツールのどちらを持つべきか

Photo by Michael Pollak これまで何度かVictorinox(ビクト

記事を読む

レンガブロックを積み上げるだけの簡易ロケットストーブの作り方

ロケットストーブといえば燃焼効率の良くシンプルな構造なので、ペール缶などを加工して自作できること

記事を読む

登山や軽い山歩きへ行く時も地図やコンパスは必要か?

Photo by Kevin Gessner 三重県と滋賀県の県境にある御在所岳に一人で登

記事を読む

ゴミ箱

使い捨てる物からの脱却

使い捨てる時代は終わった 使い捨て○○というとあなたは何を想像しますか?一昔前まではこうし

記事を読む

アウトドアブランドのロゴTシャツはデザインだけでなく機能面でも優れている

Photo by Outdoor Gangster 毎年のように耐え難い猛暑になる日本の夏

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑