空き缶のプルタブで自作した釣り針でも魚を釣ることができる

公開日: [ 約2分で読めます ] アウトドア, サバイバル


釣りはもともと食料調達のために水中の魚介類を捕獲する手段として行われていましたが、時代を経て釣りその物を趣味で楽しむという発想が生まれました。

現代においても海外のエマージェンシーキットにはよく釣り針と釣り糸と錘が入れられており、サバイバル時の食料調達に優れた道具であるとは確かです。

鳥や獣はまず捕まえるのが難しくせいぜいカエルやヘビ、そして釣りならワンチャンある魚が最も現実的な獲物でしょうから。

釣り人でもない限りは日常であまり釣り針を目にする機会は少ないですが、市販の釣り針でなく身の回りの物を加工して釣り針を自作することができます。

ほどよい大きさで魚が食いついても変形しにくい素材でなおかつ入手が簡単なものに該当するのが空き缶のプルタブです。

アルミ缶でもスチール缶でもプルタブ部分はアルミで作られているので空き缶の種類は問いません。

プルタブを空き缶から外してペンチやニッパーでフック状に加工して先を削って尖らすと釣り針らしい姿になります。

見た目はそれらしくても実際に釣れなければ意味がありませんが、針先に餌のパンを付けて池に投げ入れたところ速攻で小魚が食いつきます。

スチールだと固すぎて加工が大変だしすぐに錆びそうですが、アルミだと家庭用ペンチでも切りやすく水にも強いので理想的な素材です。


釣りというとまず釣具一式をしっかりとそろえないと始められないイメージですが、釣り針と釣り糸と錘という最低限の道具さえあれば十分に釣りを楽しめます。

むしろ市販の道具に頼らず釣り針からすべて自作するというのは、よほど釣り好きの上級者でない限りは追求しない領域なのでシンプルなようで奥深いのです。

こだわりの面ではフライフィッシングの毛鉤やルアーフィッシングのハンドメイドルアーと比べても決して見劣りしません。

釣具の値段と釣りをする楽しさは必ずしも比例しないことだけは間違いないです。

竿から何からすべて自作して用意することが究極の釣り人への第一歩な気がしますが、釣具ごとに専門で作り続けている匠の技に酔いしれるのも悪くありません。

プルタブ釣り針の発端はどちらかというとサバイバル要素が強く、かといっていざ空き缶だけ拾ってもペンチやニッパーがないと加工に苦労すると思うのであまり現実的な手段ではありません。

普段からレザーマンなんかを持ち歩いてれば別ですが、日本でそこまで食料調達に困ることはまず無いでしょうし(笑)

自作した釣り針で魚が釣れると嬉しいでしょうし、サバイバル風味な野遊びの一環としては十分に面白いアイデアだと思います。


KNIPEX(クニペックス) 強力型ペンチ 200mm 0​2​0​1​​-2​0​0

スポンサーリンク

関連記事

パタゴニア キャプリーン2 手持ちの化繊ベースレイヤー最古参に君臨するタフな製品

年中着ている手持ちの化繊ベースレイヤー(下着)のなかで一番古いものは何かと調べたら、パタゴニア

記事を読む

パタゴニア Worn Wear 思い出のモノは使い続けることでストーリーが蓄積されていく

Worn Wearとは直訳すると使い古した服というような意味ですが、パタゴニアの経営理念として古

記事を読む

ドラクエII

尖った人はおもしろい、特化型人間がこれから社会をリードする

画像はドラゴンクエストIIです。私はドラクエのなかではIIが一番好きです。 いっけん今回の

記事を読む

軽量・コンパクト・パワー 3拍子そろった PRIMUS(プリムス) ウルトラバーナー P-153

私が唯一持っている携帯ガスバーナーです。 総合的に優れたガスバーナーで割と評価の高い製品です。

記事を読む

サファリハットで真夏の強い日差しや紫外線から頭部や首まわりを保護する

頭部を保護する目的の帽子 私は普段あまりファッションとして帽子を被ることがなく冬場に防寒として

記事を読む

CASIO(カシオ) WSD-F10 アウトドア向けのタフな高性能スマートウォッチ

CASIO(カシオ)の大本命となるスマートウォッチWSD-F10がついにお披露目されまし

記事を読む

1ドルと400ドルの実用ナイフでは性能にどれほど差があるのか?

世の中には多種多様なナイフが販売されていますが、パッと見ただけではそこまで性能の差があるのか素人

記事を読む

【映画】マッドマックス 怒りのデス・ロードで主人公が着けているパラコードブレスレットの作り方

via madmaxmovies.com 2015年に公開され世界中で大ヒットを記録したハ

記事を読む

UCO キャンドルランタン ブラス 酸化皮膜で黒ずんだ真鍮の味わい

真鍮の魅力 真鍮で作られた製品は時間の経過によって表面が酸化し見た目が黒ずんできます。この化学

記事を読む

ポリウレタン(PU樹脂)素材の呪縛から解放される方法

Photo by Jamie ポリウレタンは1950年代以降さまざまな工業製品に用いられ、

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑